ロルフ式構造統合法 「ストラクチュラル・インテグレーション」

BORIRIN HOUSE

セッションについてのQ&A

セッションを必要とする対象者

どんな人たちが必要としているの?

この「重力場」に住んでいる「全ての人」が必要としています。
赤ちゃんからお年寄りまで。年齢、性別の制限はありません。

来所される目的もクライアント様それぞれに違うので一概にはいえませんが、強いて言うならば、
・姿勢、プロポーションの改善
・慢性的な痛み、疲労感、倦怠感の軽減
・今の状況に満足できず、状況を改善したい
・より活力を持って生活したい
・より自然に、しなやかに生活したい
・人生の可能性を高めたい

 

また、ご自身でスポーツや芸術等の趣味をお持ちの方にとっては
・新しいご自身の所作や動きを手に入れる
・パフォーマンスの向上
・メンタル面での新しい視点と気づき

 

これらの目的を持って来所されることが多いようです。そして、これらはセッションが進む過程や終了後にそれぞれの目的、成果を手にしています。

このワークを受けられた方は上記のような様々な恩恵を得る可能性があります。姿勢なども変化し、見た目にも驚くような変化があることが多いのも事実です。

 

しかし、からだが「変化すること」、「痛みから解放されること」などは、セッションを通して「重力と調和した身体」を手に入れると同時に、いらないものを手放し、縛られていたものから解放された結果、クライアント様ご自身が持っている「可能性」が表れてくるだけのもの。

 

このような変化はあくまで副産物であり、「そこ」には重きを置いてはおりません。そこから始まる「人生の可能性」について探究して行けたら幸いです。

 

是非、ご自身のからだとこころStructural Integration(ストラクチュラル・インテグレーション)をご体感下さい。

 

全10回をどのようなペースで受けるか

セッションはどんな間隔で受ければいいの?

「1週間から2週間程度」の間隔が一般的です。

このワークを受けることにより、クライアント様の身体は変化の時を迎えます。この変化は時に大きなインパクトを持ち合わせていることも。

 

そのような場合、変化に身体を馴染ませる(変化を受け入れる)時間が必要になる為、次のセッションまでの期間は「1週間から2週間程度」を目安としております。

変化のタイミングや大きさ、スピード、馴染むまでの時間などは個人差があり、あくまでも一般的な考えとご理解ください。実際には、クライアント様の変化の状態を観察し、インタビューでご本人の感覚をお聞きした上で、ご都合と調整しながら設定させて頂きます。

 

全10回のセッションを終えるまで、週に1回のペースなら「約3ヶ月」。2週に1回なら「約6ヶ月」となります。さて、皆さんはこの「10回」のセッションをどんなペースで歩んで行きますか。

 

10回全部受けるのが前提?

単発のセッションも良いけれど、10回受けると完結し、高い効果が望めます。

クライアントの皆様の身体は生活環境や習慣の蓄積で自分が気づけない、想像以上の制限があります。

それは何十年と生きてきた中でご自身の身体が選択したものですから、そのパターンを手放すことは、実はとても大変なことなのです。(1回のセッションでも変化は望めますが、それはやがて元に戻る可能性が高いものです。)
その習慣やパターンを手放すにはこの10回の過程と馴染むまでの時間が必要になります。
(この変革において、ベーシック10シリーズがいかに素晴らしくプログラムされていることが理解できます。)

そうはいっても、最初から10回前提なんて...とお考えの方もいらっしゃるでしょう。そして、当然ながらプラクティショナーとの相性もあるでしょう。クライアントの皆様の貴重な時間とお金をかけて頂くわけですから、納得の選択をした上でこのセッションを受けて頂けたら幸いです。

 

そんな方には、まず、トライアルのセッション(次項参照)を受けて頂き、その後、どうするかを検討されてはいかがでしょうか。

 

疑問、質問は随時受付ております。遠慮なくお申し出ください。(強引な勧誘や強制はありません。受ける権利、断る権利はクライアントの皆様が握っていますので、ご安心を。)

 

セッションの所要時間、費用

1回のセッションにかかる時間と費用は?

概ね、90分〜120分です。(入室から退室まで)
1回のセッションにつき、12,000円(税込)となります。(毎回、現金にてお支払下さい。)

初回は施術前にアンケートにお答えいただき、インタビューを行いますので、120分を目安にお越しください。
なお、「トライアルセッション(約60分:3,000円(税込))」として、概要説明と実際のワークを体験して頂ける機会もありますので、ご検討の方は是非、ご利用下さい。

 

セッションでの服装について

どんな服装でセッションを受けるの?

セパレートタイプの水着、フィットネスウエアなどが望ましいのですが、
クライアントの皆様が安心してセッションを受けられる服装に配慮します。

セッションではクライアント様の身体の状況を目視により把握するとともに、直接、皮膚の上から働きかけ、筋膜の状態を確認しながら状況に合わせてアプローチします。

 

そのため、女性はセパレートの水着やフィットネスウエア(背中や腰、大腿部を広く覆わないもの)、男性はブリーフ、もしくはボクサータイプのトランク、水着等が望ましい服装になります。

 

しかし、このような服装に抵抗のある方は、ご自身が安心してセッションを受けられる服装をご相談下さい。(お着替えはセッションルームにて可能です)なお、各回の変化を確認する為、セッション前後の写真撮影を行います。

 

ストラクチュラル・インテグレーション禁忌症

セッションの禁忌症はありますか?

あります。以下の項目をご参照ください。

 以下の症状をお持ちの方はセッションをお受けできない場合もありますので、あらかじめご了承ください

 

・皮膚病、感染症(水虫、ヘルペス等)の方
・発熱、飲酒時、二日酔の状態の方
・悪性腫瘍等の治療中の方
・血管にかかる疾病(動脈瘤、静脈瘤、血栓症等)のある方
・結合組織の疾病(皮膚硬化症等)
・精神疾患等にて通院されている方(医師の許可があれば可)
・妊娠3ヶ月以内の妊婦の方
・骨粗鬆症の方 等

 

※その他、気になる症状等お持ちの場合、かかりつけの医師にご相談の上、事前にご連絡ください。
  詳細についてはカウンセリングの際、お知らせいたします。

 

 

 

≪ 前のページへ 次のページへ ≫



ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP SIについて アイダ・P・ロルフ博士 ベーシック10シリーズ セッションQ&A ご予約・アクセス プラクティショナー紹介