BORIRIN のすべての投稿

「Structural Integretion BORIRIN HOUSE」 http://boririnhouse.com/ アメリカ生まれのBODYWORK「ストレクチュラル・インテグレーション」で笑顔とともに自分らしく輝ける「からだ」一緒に探しませんか。

話すことはプレゼント

健全な「からだとこころ」自分らしく輝ける「笑顔」から「正しい幸せ」へ

ストラクチュラル・インテグレーション」プラクティショナーの「ボリリン」です。

このところの暖かかな気候で街路樹も元気に成育。新緑が美しい時期になりましたね。

なんと関東では夏日が続いているとのこと。名古屋はそこまでではありませんが、過ごしやすい気候でセッションルームも心地よい環境となっています。 

そんな中、縁あって先日はこちらの講演会に参加しました。 

今日はこちらで感じたことを記してみたいと思います。

 

炎の講演家「鴨頭嘉人」さん

マクドナルドに25年奉職し、その道を極めた鴨さん。

その後、ご自身の可能性をとことん追求し、今では「炎の講演家」として全国を飛び回り、スピーチから広がる多くの方々の人生の可能性を引き出していらっしゃいます!

プロフィールはこちら

ボリリンとの出会いの経緯はこちら 

大学生の時以来、26年ぶりの再会でしたが、当時を上回るエネルギーで今回の講演会でも最初からエンジン全開!とにかく熱いエネルギーに溢れた方でした。 

「人前で話す極意」の出版前記念講演会は笑顔の絶えない約3時間の講演でしたが、鴨さんが伝えて下さった多くの言葉からなるほど!と思ったものをピックアップ。感じたことをまとめてみました。 

【日常生活とスピーチは同じ】

・「日常をどのように生きているか」がスピーチに表れる。

・「その人の人生が表れた時」や「思考、経験、自らの意見」から共感が生まれる。

・「感情」が動いて物事を理解、納得して「行動」が変化する。 

伝わるスピーチには「技術」を必要としますが、発信者の「あり方」がなくては言葉に力がありません。

どんな場面でも人としての「あり方」が問われますが、特に価値を届ける側の「信頼」を得るためにはとても重要なポイントですね。

そして、「感情が動くことで行動が変わること」とても理解ができますね。私自身がまさに当てはまります。笑 

【思いだけでは伝わらない】

・「言葉」として伝えて初めて伝わる。

・相手が「求めるもの」であればより伝わる。

・例外は「マイナスの想念」これは自然と伝わる。 

日頃、やりがちな部分です。「そう思っているはずだ。」という思い込みを自分の枠として作り、それを信じて「言葉」で表現しないこの部分を指摘されることがありますね。

自分の枠を拡げ、円滑な関係を保つ為にも、きちんと「言葉」として伝えること。大切ですね。

(あっ、これはプライベートのお話です!お仕事では皆さんにきちんとボリリンの「言葉」としてお伝えしておりますので、ご心配なく!)  

【相手を承認する】

・笑顔は承認の第一歩

・否定がないから本音がいえる。否定が本音を抑制する。

・家庭はママが幸せだったら全てOK 

相手が笑顔だったら一緒に接する私たちも笑顔になって行きますよね。それは相手が「承認」してくれている表れなのでしょう。

そんな環境で迎えられたら認められた安心感から、よりその人の本音を感じることも出来るかもしれませんね。 

「笑顔で相手を認めること」

そんな「あり方」は人生の豊かさに繋がる気がします。

そして、ボリリンも皆さんとお話しの中から色々なことを学び、発見をするのがとても好きです。

お互いの会話はまさに「話すことはプレゼント」ですね!

BORIRIN HOUSEもそんな環境で皆さんをお迎えします! 

他にも多くのヒントを受け取りましたが、今日はこのあたりで。

 

 

笑顔が輝く瞬間

BORIRIN HOUSE」開設から1年8ヶ月。ありがたいことに、近頃は既存のクライアント様からお友達やお知り合いをご紹介頂くことが多くなりました。

普段、なかなか耳にすることのない「ストラクチュラル・インテグレーション」ですが、自然な形で伝わり、こうして繋がりを頂くことがとても嬉しく思います。皆様に心から感謝致します! 

そんな中、今日は先日、体験セッションにお越し頂いたクライアント様の見せて下さった表情が印象的だったので、こちらでご紹介したいと思います。

 

ご来所中のクライアント様のご紹介から体験セッションにお越し頂いた、男性クライアント様。 

生憎の雨の中、初めての場所への移動や渋滞で時間に追われての来所、そして初対面の前の緊張も手伝い、玄関モニターからは不安そうな表情を浮かべていらっしゃいました。

お互いの自己紹介からこのワークの概要説明へ。 

初対面のご挨拶からBORIRIN の「ハッピー・スマイルトーク」で緊張は解け、暫し歓談。

その後のからだに関するインタビューからは、立ち仕事で長時間身体を酷使するため、疲労が重なると腰や脚に痛みや違和感があるとのことで、身体のケアから「楽な身体」を求めているとのことでした。

ご説明では重力にサポートされた身体が持つ大きな「可能性」を見ていることに納得頂き、体験セッションへ。

当初の緊張が解けた中での体験セッションでしたが、「表情」そして「身体へのタッチの反応」は今の身体の状況を語っていたように感じます。 

体験セッションでの筋膜へのアプローチから可塑性を取り戻した身体はキレイな中心軸が見え始め、セッション前と印象が大きく変化しておりましたが、特に印象に残ったのは

セッション後に腰掛けたイスに座る姿勢の素晴らしく美しいこと!

立位においてもキレイな中心軸が際立っていましたが、座位の安定感にご本人も気づかれて更にビックリ! 

「メチャ楽な姿勢で座ってます!整った感じがまた驚きです!」とその状態に気づかれた時の表情のキラキラした輝きはとても印象的なものでした。表情からも「これだ!」が伝わった瞬間でもありました。

 もちろん、短時間の体験セッションの効果は限定的なものですが、

「あくまでこれは体験ですからね。本編のセッションではこれからもっともっと楽な身体に気づかれて行きますよ!」

とお伝えし、クライアント様も納得してお帰りになりました。

 こうした「笑顔が輝く瞬間」がこの仕事の醍醐味でもありますね。

セッション毎にこうした「気づき」の場面に数多く立ち会っていますが、その度にクライアント様の気づきから私自身の気づきに繋がっています。

 体験セッションは60分程度ですが、私が提供する「ストラクチュラル・インテグレーション」を体感することでクライアント様の中で「何か」が伝わっていると確信するボリリンです。

余談ですが、

ちなみにボリリンの強みは間違いなく「笑顔」です!

ボリリンの笑顔からクライアント様も自然に笑顔になれますよ。笑

夜桜を愛でながら

4月に入り、春らしい晴天が続く名古屋ですが、ソメイヨシノもいよいよ見頃になっています。

昨夜は知人のお誘いでキレイな桜を愛でながらの「夜桜見物」。

桜の名所「鶴舞公園」での夜桜は初めての経験ですが、主催者の皆様のお陰様でとても良い場所を確保下っていました。(早くからの場所確保ありがとうございます!)

この「お花見」は平安時代の貴族の嗜みから始まった文化(庶民は江戸時代から)とのこと。時代は変わっても、多くの人が魅了されるものですね。

 

今回は季節のイベントですが、私はこうした集まりで隣り合わせた方との出会いをとても大切にしています。

気取らないお互いの会話から「その人」が見えてもきます。とてもワクワクする時間です。(セッション前後の会話からも同じ感覚を得ています。)

その人の言葉に「耳を傾け、受け取ること」

私自身の大きな学びにも繋がります。(ついつい会話が盛り上がり、会話が長めのボリリンは注意が必要ですね。)

このような集いの場所ではいつも自然の流れに身を委ねている私ですが、必要な方々との出会いや会話となることに恵まれるボリリンです!

(もしかしたら、それも仕組まれていることなのかも知れませんね。笑)

残念ながら、お話し出来たのは隣り合わせた方々に限られますが、その会話から皆さんとの「繋がり」を強く感じる時間でもありました。

それぞれの方とは色々なお話しで盛り上がりましたが、キレイな夜桜の下、とても幸せで前向きなお話しだったことが印象的な宴となりました。

屋外での夜桜の宴はハプニングが付き物ですが、主催者の皆さんのご配慮は素晴らしく、細やかな気配りを感じさせるものでした。

こうした他者を思う気持ちがその場の雰囲気や流れを作って下さいますね。

ご参加の皆さん!楽しい時間をありがとうございました。

 

セッションルームも春の心地よい陽射しがたっぷりと降り注いでいます。

新たな季節。重力のサポートを受け取りながら、笑顔とともに自分らしく輝ける「からだ」一緒に探しませんか。

2016年の大晦日に思うこと

今日は12月31日(土)です。

まもなく日が暮れ、いよいよ大晦日恒例のテレビ番組なども始まりますね。皆さんはどんな大晦日をお過ごしですか。

気づけば2016年も今日で終わり。前回の更新が今年の年初とは。汗

フェイスブックには割と投稿していたのですが、こちらのブログは放置状態でした。苦笑

「ボリリンのひとりごと」を久々に綴ってみたいと思います。

今年も色々なご縁を頂戴した一年でした。

出会いはどんな形で現れるか予想もつきませんが、多くの出会いがありました。今までお会いすることのない世界の方々も数多くあり、未知の領域に足を踏み入れることに。笑

それでも出会いから拡がる世界に大いに魅了された一年でもありました。

二年半前に新たな世界に踏み出す決意を表明して以来、自分の取り巻く世界が変化するのを実感しています。

その流れは毎年加速!

特に今年一年は日々の暮らしとより連動するものだったことから、より変化を実感する日々でした。

そして、その出会いから多くの学びがありました。

皆さんとの出会いを経験しながら日々成長させて頂いていることを深く実感する今日この頃です

ボリリンは本当にご縁に恵まれていますね。

年初に投稿したご挨拶では同じように一年を振り返っておりましたが、こうして無事に一年を振り返れることに幸せを感じます。

素敵な出会いに満ち溢れたこの一年を糧に、間もなくやってくる2017年が更なる飛躍の年となるよう、努力を続ける所存です。

皆様にとって新年が健康で幸せに満ちた素晴らしい時間でありますように。

来年も「BORIRIN HOUSE」並びに「ボリリン」をよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

開設から半年

日当たりの良いセッションルームも太陽が隠れていると少し肌寒く感じます。

おかげさまで今日、セッションルーム開設から半年が経過しました。

多くの皆さんからお祝いの声を頂戴してのスタートは盛夏でしたが、今は雪も積もる寒さ厳しい季節。季節の移ろいと共に時の流れを感じる今日この頃です。

ここで半年を振り返りつつ、今、感じていることを綴ってみました。お時間のある方はお付き合い下さい。

○地道な営業活動⁈

スタートしたものの、広告の頼りはHPくらい。

待っていても何も始まりません!

この間22年のサラリーマン経験を活かし⁉︎直接お顔を拝見してご挨拶させて頂くという地道な営業活動も展開!

色々なところに出没し、多くの皆さんにお会いする機会に恵まれました。

いわゆる「足」で稼ぐ活動ですね。(前職は技術職でしたが営業さんですか⁉︎と良く言われました。)

それでもそんな私の姿から「何か」を感じた方々が「BORIRIN HOUSE」に足を運んで下さっています。

本当に嬉しいことですね。ご縁に感謝しております。

SNSが発達しているこのご時世で珍しいスタイルかも知れませんね。笑

このような地道な営業活動を展開しつつ、これからはブログなどを活用してボリリンらしい「何か」を発信して行けたらと思います。

◯恵まれた出会い

そんなこんなで相変わらず色々な所に出没していた私ですが、

外に出ると色々な場所や景色があり、そこには色々な出会いが待っていました。

今までも素晴らしい出会いの連続でしたが、そのご縁は更に発展!より深い絆で結ばれ、より良い流れが続いています。

そして、この半年間でも旧知のご縁が戻った方、新たにご縁を頂いた方、人生のメンターとの出会いetc。

出会う方々のタイミングは本当に絶妙で、全ての出会いが必然と感じるものでした。

そこでの出会いは今向かっている「人生の方向」が正しいものと確信出来るものと理解しております。

実は雨上がりの今日、ふらっと出かけた外出先で驚くような出会いがあり、実感を込めて興奮気味にこのブログを綴っています。

(そうなるよ!と言われていたことを実感しております!)

◯セッションを重ねて

セッションを重ねる毎に「重力」との調和を果たし、

新しい「可能性」を手にするクライアント様の姿を目の当たりにする素晴らしい体験をしています。

この仕事を選んで良かったと、心からの底から感じる瞬間でもあります。

クライアントの皆様にとって、

セッションの時間は長い人生のほんの一瞬の時間ですが、その時間はその方の人生に寄り添っている感があります。

このワークは人を励ますものと学んだ通りのものとなっています。

セッションを通してご自身が手に入れた「重力」のサポート得て、クライアント様は人生の様々な場面にチャレンジされる訳ですが、

その荒波をご自身で乗り越える為の「可能性」を提供しているとも言えるかも知れません。

話すと長いボリリンのセッションは少々長めの時間が必要なようですが、

クライアントの皆さんにとって「選んで良かった」と実感して頂けるよう、これからも研鑽を重ねて参ります。

◯5年は黙って励みなさい

創始者アイダ・ロルフ博士曰く、このワークを理解するため、5年は「黙って励みなさい」と伝えていたそうです。

そこまで励めば博士がこのワークで伝えたかったものが少しは見えて来るのかも知れません。

5年後には50歳になる私ですが、そこで見えてるものがどんな景色なのか本当に楽しみです。

セッションでは色々な気づきの連続ですが、このワークの謎も深まるばかり。

まだまだ発見のそのレベルも駆け出しですが、一生かけてこの道の探求に励む所存です。

◯感謝を込めて

改めてボリリンは本当に出会いに恵まれています。そして、この出会いが私を成長させてくれていると実感しております。

これからも「種蒔き」の時期は続きますが、その芽が少しずつでも育っていることを信じて、ボリリンは日々励んで行きたいと思います。

さあ、次の半年間でどんな出会いがありますでしょうか⁈

これからの出会いが益々楽しみです。

日帰り人間ドッグ

今日も1月と思えないほど暖かで穏やかな一日でしたね。

私はフリーになって初めての日帰り人間ドッグの日。

会社員の頃は年に一度の検査が義務付けられ行っていましたが、45歳にもなれば色々なリスクを認識する必要があるため、自費負担による検査を受診しました

検査結果は後日送付されますが、リアルに感じたのは胃カメラの映像!

かれこれ10年、胃カメラを体験している私でしたが、からだの内部と症状の感覚をリアルに感じる貴重な体験となりました。

からだの構造を学ぶ中で、口腔から内臓の繋がりを考えることも多くなりましが、自分のからだを映像を通して内臓組織の状態をリアルに観察。

胃カメラのチューブがからだの中を通過する感覚は今でも鮮明に蘇ります。

年末年始の暴飲暴食?もあり、胃のあたりがなんとなくシクシク痛んでおりましたが、一部分がうす赤くなっておりました。

医師からは、ストレスある?との問いかけがありましたが、今、振り返ると知らずのうちにストレスを貯め込んでいたのかもしれません。

こうして自分のからだの内を映像として目の当りにすると、命を繋ぐ働きをしてくれる自分のからだに感謝の気持ちが浮かびます。

今日の体験はからだの一部分の出来事でしかありませんが、人間のからだは生きるためにからだ全体が連携し合っていることを尊く感じます。

日々頑張っている自分のからだを労わる第一歩として、からだに気づくことから始めてみたいと思います。

 

寄せられた言葉から思うこと

三が日も足早に過ぎ去り、今日から仕事始めの方々も多いことと思いますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

折しも、この年末年始にはクライアント様からご感想のメールや近況報告のご連絡を頂く機会がありました。

セッションを終えられた方、継続中の方とそれぞれから頂戴したメッセージでしたが、興味深いことは身体の変化もさることながら、ご自身の心の変化や身の回りの環境にとても大きな変化があったという報告でした。

その報告から、皆さんの人生にとってとても大きなものに感じます。

私がアプローチするのはあくまでクライアント様のからだです。

癒着した筋膜を解放しつつ、あるべき位置に身体構造が整うように教育し、重力がサポートしてくれるからだに導くことが私の役割です。

しかしながら、SIのセッションを通して、重力と調和したクライアント様のからだは様々な可能性を手に入れることになります。

その可能性は千差万別ですが、結果的にこのような環境の変化やご自身の心身の変化として現れることは稀ではありません。

かくいう私自身もその経験者です!(それでこんなになってます。笑)

これはクライアント様ご自身が持っていた可能性だと思っています。

セッションを通して、それぞれの方が今まで持っていたもの手放し、新たな提案を受け入れたからこそ発現したものだと感じています。

そして、私たちプラクテショナーはセッションを通して、クライアント様の人生の一部分に寄り添っていることを自覚する機会となりました。

そのためには、私自身がよりセンターを感じ、よりグラウンディングする必要性を強く感じます。

より一層、このワークを学び、励むことを誓います。メッセージありがとうございました。

クライアント様の皆様の今後の発展が楽しみですね。

箱根駅伝を観戦して

新年の風物詩「箱根駅伝」。青山学院大学の完全制覇で幕を閉じましたが、まさに圧巻の勝利でしたね。

各区の選手が実力を余すことなく発揮し、襷を繋ぐチームの勢い、流れを感じる完全勝利でした。母校の東洋大学は往路、復路ともに2位。素晴らしい成績ですが、今年の青山学院大学が強すぎましたね。

私が在学していた頃は、本選に出場できない年もありましたから、こうしてTVの前で母校に声援を送れることに感謝しています。監督、選手、関係者の方々のご苦労に大きな拍手を送ります。

さて、TV観戦で気づいたことですが、素晴らしいタイムを記録する高いレベルの走りを見せた選手に共通することが、体にぶれない軸を持ち、身体によりスペースがあるように映りました。

(もちろんこのレベルの選手は皆さん精鋭ぞろいです!私は走りの素人ですし、評論家のようなことは言えませんが、選手の動きを見て、純粋に感じたことを書いています。)

これは駅伝に限らず、スポーツ、芸術などで素晴らしいパフォーマンスを発揮する選手やパフォーマーから同じことを感じることが多くなりました。

普段、SIのセッションを通して、クライアントの方々の動きの変化を見ていてもそれを感じることがあります。

こうして、重力場に生きている私たちはこの「体の軸、スペース」を獲得することで、その後の重力との関係性が変化します。

そんな身体はより効率的で自由な動きを手に入れることとなり、生活の質が変化してゆくように感じます。そしてそれは、いかなるレベルでも起きる変化だと感じています。

そんなからだの可能性を獲得できるストラクチュラル・インテグレーション(SI)で新しいからだで人生を見つめ直すのもよいかもしれませんね。

そんな身体のスペースのイメージを持って、穏やかな天気の中、その気になって走ってきます。笑

皆さん、よいお正月をお過ごしくださいませ。

社交ダンス発表会


img012


もう一カ月も前になりますが、私が通っている社交ダンスの教室 DANCE STUDIO Dzの5周年発表会に参加しました。

5年前にパートナーと始めた社交ダンスですが、週に一度の頻度で続けている趣味でもあります。

HPにも書いておりますが、このスタジオで学ぶ社交ダンスは

私が提供しているストラクチュラル・インテグレーション(SI)で目指す「重力との調和」をダンスの動きでより深い理解に導いてくれるものです。

SIを探求する中で、動きの質を高めるには大いに参考となるもので、毎回のレッスンから多くの気づきを受け取っています。

今回はスタジオ開設5周年となる節目の発表会。

参加する皆さんの集中度も高く、それぞれのペアで素晴らしい成果を発表する舞台となりました。

そこからはそれぞれのペアで作る世界観や個々の生き様が見えてくる程のエネルギーを感じる場でもありました。

かくいう私は...

「一事が万事」という言葉が全てを物語る発表となり、多くの反省点を受け取る場となりました。

これでもか!という程、今の自分が現れており、自分の生き様を垣間見る(見せられる)発表会となりました。

こんな私を受け入れてくれる?パートナーには感謝の念で一杯ですが、反省するところは反省し、次なる目標に向けて励んで行きたいと思います。

さて、次の演目は何にチャレンジしましょうか?

ラテンダンサーのボリリンにご期待ください。笑