カテゴリー別アーカイブ: 学びの時間

「人前で話す極意」を読んで

健全な「からだとこころ」 自分らしく輝ける「笑顔」から「正しい幸せ」へ

ストラクチュラル・インテグレーションプラクティショナーのボリリンです。

お勤めの方はGW後のお仕事が終わり、待望の週末を迎える開放的な時間かもしれませんね。一週間お疲れ様でした。

お仕事でもプライベートでもコミュニケーションをとるために人と話をする機会は多いかと思いますが、「自分の思い」をもっと上手に伝えられたら良かったのに!”と思ったことはありませんか?

今日はそんな皆さんに良い情報です!

炎の講演家「鴨頭嘉人」さんの最新刊!

「人前で話す極意」(2017/5/17発売)

先月参加した出発前記念講演会で入手したこちらの書籍を読んで「気づたこと、感じたこと」を書いてみました。

鴨さんのプロフィールはこちら

鴨さんとの出会いの経緯はこちら

出版前記念講演会でのブログはこちら

出版前記念講演会ダイジェストはこちら

(ボリリンのインタビューが数秒流ます。笑)

■スピーチで問われること

「話すことはプレゼント」と提唱する鴨さんからの言葉は講演会同様にエネルギーに満ちていましたが、「人生をいかに生きているか」などの話し手の「あり方」が問われるものでした。

本に記されている種々のポイントは、スピーチを行う上で多くの気づきに溢れたものですが、

それ以上に「人としてのあり方」がスピーチに大きく影響を及ぼしていることは理解出来ますね!

■心を開放すること

講演会の鴨さんから感じることですが、

「聞き手の心が開放されるには、自分が心を開放すること」

この言葉に大いに響くものがあります。

そんな話し手のあり方は、聞き手の心(感情)を大きく揺さぶる表現力と相まって聞き手に伝わり、心をより開放させることでしょう!

特に「目線」がメッセージを伝える大きなポイント!

目は口程にものを言いますからね。笑

■伝わるものは「言葉」だけではない

残念ながらボリリンは「第六感的な⁉︎」特別な能力は持ち合わせておりませんが、話し手のエネルギーが伝わってくるのはよくわかります!

それが聞き手に及んでいることも然り!

「上手く話そう→頭が働く→頭に届く」

「心で話す→心に届く」

まさに納得の言葉ですね!

■メッセージの方向性

私が提供するセッションでは言葉を使わず、非言語でのコミュニケーションから伝わる部分も大切にしていますが、

聞き手へ届けるメッセージの方向性をより明確化し、しっかり言葉で伝えることも日々実践しております。

言葉で伝わるメッセージは

まさに「言霊(ことだま)」

スピーチは「聞き手を目的地に連れて行き、幸せにすること」との言葉は私の仕事にも大いに通じるものがあります。

私は話し出すと止まらない方なのでよくよく自重しておりますが、ボリリンの特徴的な「声と間」で自然体で実践していたようです!笑

■おわりに

「スピーチが世界を変える」と仰る鴨さんの言葉はエネルギーに溢れ、「元気、勇気」を受け取れます!

そして、伝えている話し手のエネルギーが聞き手に伝わっていることを実感することになでしょう。

(これ程エネルギーに溢れた人との出会いはそうそうないでしょう。笑)

皆さんも是非、講演会で鴨さんのエネルギーを生のスピーチで感じてみてはいかがでしょうか。きっとあなたも何かを感じとることでしょう!

(YouTubeで検索するとたくさんの動画が出てきます!)

26年振りにご縁が戻ったボリリンも折を見て「元気、勇気」をもらいに会場に足を運んでみようと思います。

鴨さん!ありがとうございました。

話すことはプレゼント

健全な「からだとこころ」自分らしく輝ける「笑顔」から「正しい幸せ」へ

ストラクチュラル・インテグレーション」プラクティショナーの「ボリリン」です。

このところの暖かかな気候で街路樹も元気に成育。新緑が美しい時期になりましたね。

なんと関東では夏日が続いているとのこと。名古屋はそこまでではありませんが、過ごしやすい気候でセッションルームも心地よい環境となっています。 

そんな中、縁あって先日はこちらの講演会に参加しました。 

今日はこちらで感じたことを記してみたいと思います。

 

炎の講演家「鴨頭嘉人」さん

マクドナルドに25年奉職し、その道を極めた鴨さん。

その後、ご自身の可能性をとことん追求し、今では「炎の講演家」として全国を飛び回り、スピーチから広がる多くの方々の人生の可能性を引き出していらっしゃいます!

プロフィールはこちら

ボリリンとの出会いの経緯はこちら 

大学生の時以来、26年ぶりの再会でしたが、当時を上回るエネルギーで今回の講演会でも最初からエンジン全開!とにかく熱いエネルギーに溢れた方でした。 

「人前で話す極意」の出版前記念講演会は笑顔の絶えない約3時間の講演でしたが、鴨さんが伝えて下さった多くの言葉からなるほど!と思ったものをピックアップ。感じたことをまとめてみました。 

【日常生活とスピーチは同じ】

・「日常をどのように生きているか」がスピーチに表れる。

・「その人の人生が表れた時」や「思考、経験、自らの意見」から共感が生まれる。

・「感情」が動いて物事を理解、納得されて「行動」が変化する。 

伝わるスピーチはに「技術」が必要としていますが、発信者の「あり方」がなくては言葉に力がありません。

どんな場面でも人としての「あり方」が問われますが、特に価値を届ける側の「信頼」を得るためにはとても重要なポイントですね。

そして、「感情が動くことで行動が変わること」とても理解ができますね。私自身がまさに当てはまります。笑 

【思いだけでは伝わらない】

・「言葉」として伝えて初めて伝わる。

・相手が「求めるもの」であればより伝わる。

・例外は「マイナスの想念」これは自然と伝わる。 

日頃、やりがちな部分です。「そう思っているはずだ。」という思い込みを自分の枠として作り、それを信じて「言葉」で表現しないこの部分を指摘されることがありますね。

自分の枠を拡げ、円滑な関係を保つ為にも、きちんと「言葉」として伝えること。大切ですね。

(あっ、これはプライベートのお話です!お仕事では皆さんにきちんとボリリンの「言葉」としてお伝えしておりますので、ご心配なく!)  

【相手を承認する】

・笑顔は承認の第一歩

・否定がないから本音がいえる。否定が本音を抑制する。

・家庭はママが幸せだったら全てOK 

相手が笑顔だったら一緒に接する私たちも笑顔になって行きますよね。それは相手が「承認」してくれている表れなのでしょう。

そんな環境で迎えられたら認められた安心感から、よりその人の本音を感じることも出来るかもしれませんね。 

「笑顔で相手を認めること」

そんな「あり方」は人生の豊かさに繋がる気がします。

そして、ボリリンも皆さんとお話しの中から色々なことを学び、発見をするのがとても好きです。

お互いの会話はまさに「話すことはプレゼント」ですね!

BORIRIN HOUSEもそんな環境で皆さんをお迎えします! 

他にも多くのヒントを受け取りましたが、今日はこのあたりで。