WSに参加して②(意識への興味)

健全な「からだとこころ」 自分らしく輝ける「笑顔」から「正しい幸せ」へ

ストラクチュラル・インテグレーションプラクティショナー

「愛と笑顔」のボリリンです。

こちらは前回のエントリーの続きです。

JonのWSを受けながらより敏感にキャッチした私が興味を示している分野のお話を。

潜在意識では既にフォーカスしていたのでしょうね。きっと。

◎意識の話題(私の興味の方向性)

Jonのデモセッション中にプラクティショナーの意識についての話題となり、それをより拡げることがクライアントの変化を促すとの言葉に強い興味を惹かれます。

それはどこまで拡げているのか?との私の質問に

今はこの会場くらいのイメージで行っているとの返答がありました。

(例えば…宇宙とか…?と私の興味から質問の意を引き出して下さった通訳のユキさんありがとう!)

健全のブループリントに繋がる意識を大切にしているソースポイントセラピーのアドバンスインテンシブまで履修している私ですから。笑

セッションにおいてからだのどの部位の、どの筋膜層にアプローチしているか。そして今日のセッションのゴールなど、セッションにおける意図が大切なことは実践の中からも大いに感じています。

こうして今までの学びにおいても、その意図やそこにアクセスする意識が大切なことは何度となく指導されていましたが…

今の私は特にその意識について考えることが多いから、そんな話題や機会に繋がることが多くなっていのも今の私を表していますね。笑

その質問の後、ペアの方とその「意識」を変えた時に起こる変化をお互いに感じ合い、その場でわかちあいながらの交換セッションは意識の違いで現れる変化の違いが面白い結果に。

自らのセッションでも意識をより大切に扱いたいと思う出来事となりました。

また、Jonからはクライアントの持つ意識が変化を及ぼす一例として、

からだの病を指摘されたことが意識に残り、その周辺の動きが止まる。それは当然、思考にも影響する。

こうしてからだのイメージは動きに影響し、機能や動作に変化が及ぶことも理解出来ます。特にこの例はネガティブなイメージですからその影響も強く大きいものになりますね。

だからこそ、

クライアントさまが安心を感じると動きが変化することが健全なからだに大切な要素と感じます。

◎意識の質問繋がりでゆきさんから書籍のご紹介

意識繋がりでもう少し続きのお話しを!

そんな意識の質問を投げかけたのち、通訳のユキさんから意識で変化するからだについて、興味深いこと書いてありますよ!と

こちらの書籍のご紹介を頂きました。

「五感の大切さ」などはグラバア俊子先生の著書やチームグラバアでの活動で多くの示唆を頂戴していますが、そうした感覚を大切にした上で人間が本来持ち合わせている感覚が開花し、大きなな可能性に繋がることをご自身の経験から書き記されています。

私自身に起こる多くの必然もなるほどそうだったのか!と思わず頷く内容でした。

そして、私たち人間の持つ可能性はまさに無限大!それを発現させるのも自分の意識次第であることにもつくづく考えさせられる書籍でもありました。

この本に繋がったのもまた一つも巡り合わせですね。ユキさん!素晴らしいきっかけをありがとうございます。

以前にも増して偶然とは思えない奇跡的な出来事が普通に起こる私は…この先どうなってゆくのでしょうか?

自らの意識で創造する世界はまず自分のからだから始まりますね。

◎意図を持つことの大切さ

Jonもアドバンスロルファー認定後、オステオパシーのバレルインスチチュートに学び、その見識を深め、ご自身のワークを極めた方でもあり、お伝え下さる手技はそこからのヒントも随所に適応されていたのではないかとも感じます。

経験上、からだから感じる多種のサインを感じるには自己の意識がとても重要ですが、まさに私の興味(意識)がそこにあることで、そんなヒントを頂戴するギフトを頂戴したのかもしれませんね。笑

私が学んだSIは創始者アイダ・ロルフ博士が当時伝えた教えと哲学を大切に継承し、伝統を重んじるクラシカルなスタイルです。

しかしながら、約70年の時の流れにおいて研究が重ねられ、多くの知見の発見とともに、人間の可能性を拓く新たなワークが探求されています。

今回のWSでこの道の先達であるJonから受け取った学びは、脳と神経の繋がりにフォーカスすることでからだの中で起こっていることをより詳細な解剖学と神経の及ぼすからだへの影響を理解する貴重な機会になりました。

また、3年の時を経てJonが伝える神経ワークへの理解の深まりを感じ取れたことは大いなる恩恵でした。

そして、

その神経を包む筋膜にアプローチするSIにおいて、からだに起きる変化を新たな視点から考える機会となったこと。

これからのセッションにも大いに役立つものとなることでしょう!

さらには、

プラクティショナーがどこに意識や意図を持つかがとても大切!

ということは、色々な場面で何度も伝えられる言葉でしたが、

この WSで実践した学びはクライアントに起こる変化に大きな違いとして繋がることを自らのからだを通してより深く学ぶ機会となりました。

私が認定を受けたアメリカの学校(GSI)でもJonが教えるWSが開催されていることから、より幅広く最新の知見と学びを吸収しようという流れにあるようです。嬉しい流れですね。

そのことは私の拙い言葉で伝え、笑顔の頷きを返してくださいました。

こうした新たな知見は今後もより深く研究され、未知なる事象がエビデンスとともに明らかになる流れにありますが、人体はまさに小宇宙!探究が進めば進む程、多くの謎と可能性に溢れることでしょう。まさに学びは一生続きます!今後のボリリンの成長をお楽しみに。

◎おわりに

こうして幅広く門戸を開放し、教えられている貴重な学びを教授して下さったJon。そして、その機会を地元名古屋で提供し、オーガナイズ下さったロルフィングスタジオ380のマサくん。更には等価の日本語に通訳して下さったゆきさん、さとみさん、そして、ご一緒したクラスの皆様に感謝申し上げます。

◎おまけのひとりごと

このWS期間中には数年間蓄積していた私の中にある大きな制限が表出することになりました。きっとこの出来事はその抵抗を避けていたからこその顕在化とも認識できるもの。

それは何度も繰り返される自分の人生パターン。

後に記載する自らのチャレンジへの道が既に出来上がっていたのですね。たぶんきっと。笑

こちらは今後のエントリーにて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA