素足の心地よさ

健全な「からだとこころ」 自分らしく輝ける「笑顔」から「正しい幸せ」へ

ストラクチュラル・インテグレーションプラクティショナーのボリリンです。

気づけば4月も下旬。先日までお花見していた桜の木も青葉が茂り、既に「夏」のような強い日差しですね。

今日、見上げた空です。 季節は巡っていることを感じます。

先日、メンテナンスセッションを受けて下さったクライアント様から頂いた感想をご紹介します。

以下、原文ママ。

セッションを受けてから、地に足がつく感触に感動して素足になる時はその感触を確かめる癖がつきました。

この冬は寒くて素足になれなかったので(私は素足の感触が好き)これからが楽しみです。

あとはなんといっても身体のスライド。

軸が身体の中にあるんだと知りました(私の身体が)

これから受けたいなぁと思うセッションは、とにかく足!ですね。

年齢と共に下半身が弱くなってくので、転ばない、つまづかない、ちゃんと足踏み出来る股関節の柔らかさを維持していきたいので 、宜しくお願いしまーす。 (40代 会社員 女性)

こちらのクライアント様は日頃、熱心に社交ダンスを楽しまれていますが、ヒールの高い不安定かつ、とても窮屈なダンスシューズは足本来の機能を制限することがあります。

そうした中で、私たちが持つ本来の「あり方」(ここでは「素足」)が心地よいと感じられるようになったようです。

土台となる足裏には多くの感覚受容器があり、そのセンサーから受け取る情報が脳に送られ、からだの多くの部分に影響を与えています。

その「足裏」が心地よい状態を私たちは忘れがちかもしれません。

「母なる大地に身を委ね、心身ともに解放された感覚」を取り戻したいものですね。

プラクティショナーは「グラウンディング」と表現しますが、この「地に足がつく」感覚をとても大切にしています。

この感覚が現れることは重力のサポートが始まるサインでもあります。

ストラクチュラル・インテグレーションベーシック10シリーズを終えられた「からだ」は各部位の水平性が確保され、センターライン(中心軸)が明確に現れます。

普段、下向きの力として働く「重力」ですが、このセンターライン(中心軸)が現れることで、上向きの力として「からだ」をサポートしてくれる力となり、より楽で自由な「あり方」に導かれることでしょう。

これを実現するために必要なのがこの「グラウンディング」なのです!

これからは益々「素足」が心地よい季節になりますね。

皆さんも是非、

「素足が心地よいからだ」

手に入れてみませんか。

話すことはプレゼント

健全な「からだとこころ」自分らしく輝ける「笑顔」から「正しい幸せ」へ

ストラクチュラル・インテグレーション」プラクティショナーの「ボリリン」です。

このところの暖かかな気候で街路樹も元気に成育。新緑が美しい時期になりましたね。

なんと関東では夏日が続いているとのこと。名古屋はそこまでではありませんが、過ごしやすい気候でセッションルームも心地よい環境となっています。 

そんな中、縁あって先日はこちらの講演会に参加しました。 

今日はこちらで感じたことを記してみたいと思います。

 

炎の講演家「鴨頭嘉人」さん

マクドナルドに25年奉職し、その道を極めた鴨さん。

その後、ご自身の可能性をとことん追求し、今では「炎の講演家」として全国を飛び回り、スピーチから広がる多くの方々の人生の可能性を引き出していらっしゃいます!

プロフィールはこちら

ボリリンとの出会いの経緯はこちら 

大学生の時以来、26年ぶりの再会でしたが、当時を上回るエネルギーで今回の講演会でも最初からエンジン全開!とにかく熱いエネルギーに溢れた方でした。 

「人前で話す極意」の出版前記念講演会は笑顔の絶えない約3時間の講演でしたが、鴨さんが伝えて下さった多くの言葉からなるほど!と思ったものをピックアップ。感じたことをまとめてみました。 

【日常生活とスピーチは同じ】

・「日常をどのように生きているか」がスピーチに表れる。

・「その人の人生が表れた時」や「思考、経験、自らの意見」から共感が生まれる。

・「感情」が動いて物事を理解、納得されて「行動」が変化する。 

伝わるスピーチはに「技術」が必要としていますが、発信者の「あり方」がなくては言葉に力がありません。

どんな場面でも人としての「あり方」が問われますが、特に価値を届ける側の「信頼」を得るためにはとても重要なポイントですね。

そして、「感情が動くことで行動が変わること」とても理解ができますね。私自身がまさに当てはまります。笑 

【思いだけでは伝わらない】

・「言葉」として伝えて初めて伝わる。

・相手が「求めるもの」であればより伝わる。

・例外は「マイナスの想念」これは自然と伝わる。 

日頃、やりがちな部分です。「そう思っているはずだ。」という思い込みを自分の枠として作り、それを信じて「言葉」で表現しないこの部分を指摘されることがありますね。

自分の枠を拡げ、円滑な関係を保つ為にも、きちんと「言葉」として伝えること。大切ですね。

(あっ、これはプライベートのお話です!お仕事では皆さんにきちんとボリリンの「言葉」としてお伝えしておりますので、ご心配なく!)  

【相手を承認する】

・笑顔は承認の第一歩

・否定がないから本音がいえる。否定が本音を抑制する。

・家庭はママが幸せだったら全てOK 

相手が笑顔だったら一緒に接する私たちも笑顔になって行きますよね。それは相手が「承認」してくれている表れなのでしょう。

そんな環境で迎えられたら認められた安心感から、よりその人の本音を感じることも出来るかもしれませんね。 

「笑顔で相手を認めること」

そんな「あり方」は人生の豊かさに繋がる気がします。

そして、ボリリンも皆さんとお話しの中から色々なことを学び、発見をするのがとても好きです。

お互いの会話はまさに「話すことはプレゼント」ですね!

BORIRIN HOUSEもそんな環境で皆さんをお迎えします! 

他にも多くのヒントを受け取りましたが、今日はこのあたりで。

 

 

笑顔が輝く瞬間

BORIRIN HOUSE」開設から1年8ヶ月。ありがたいことに、近頃は既存のクライアント様からお友達やお知り合いをご紹介頂くことが多くなりました。

普段、なかなか耳にすることのない「ストラクチュラル・インテグレーション」ですが、自然な形で伝わり、こうして繋がりを頂くことがとても嬉しく思います。皆様に心から感謝致します! 

そんな中、今日は先日、体験セッションにお越し頂いたクライアント様の見せて下さった表情が印象的だったので、こちらでご紹介したいと思います。

 

ご来所中のクライアント様のご紹介から体験セッションにお越し頂いた、男性クライアント様。 

生憎の雨の中、初めての場所への移動や渋滞で時間に追われての来所、そして初対面の前の緊張も手伝い、玄関モニターからは不安そうな表情を浮かべていらっしゃいました。

お互いの自己紹介からこのワークの概要説明へ。 

初対面のご挨拶からBORIRIN の「ハッピー・スマイルトーク」で緊張は解け、暫し歓談。

その後のからだに関するインタビューからは、立ち仕事で長時間身体を酷使するため、疲労が重なると腰や脚に痛みや違和感があるとのことで、身体のケアから「楽な身体」を求めているとのことでした。

ご説明では重力にサポートされた身体が持つ大きな「可能性」を見ていることに納得頂き、体験セッションへ。

当初の緊張が解けた中での体験セッションでしたが、「表情」そして「身体へのタッチの反応」は今の身体の状況を語っていたように感じます。 

体験セッションでの筋膜へのアプローチから可塑性を取り戻した身体はキレイな中心軸が見え始め、セッション前と印象が大きく変化しておりましたが、特に印象に残ったのは

セッション後に腰掛けたイスに座る姿勢の素晴らしく美しいこと!

立位においてもキレイな中心軸が際立っていましたが、座位の安定感にご本人も気づかれて更にビックリ! 

「メチャ楽な姿勢で座ってます!整った感じがまた驚きです!」とその状態に気づかれた時の表情のキラキラした輝きはとても印象的なものでした。表情からも「これだ!」が伝わった瞬間でもありました。

 もちろん、短時間の体験セッションの効果は限定的なものですが、

「あくまでこれは体験ですからね。本編のセッションではこれからもっともっと楽な身体に気づかれて行きますよ!」

とお伝えし、クライアント様も納得してお帰りになりました。

 こうした「笑顔が輝く瞬間」がこの仕事の醍醐味でもありますね。

セッション毎にこうした「気づき」の場面に数多く立ち会っていますが、その度にクライアント様の気づきから私自身の気づきに繋がっています。

 体験セッションは60分程度ですが、私が提供する「ストラクチュラル・インテグレーション」を体感することでクライアント様の中で「何か」が伝わっていると確信するボリリンです。

余談ですが、

ちなみにボリリンの強みは間違いなく「笑顔」です!

ボリリンの笑顔からクライアント様も自然に笑顔になれますよ。笑

夜桜を愛でながら

4月に入り、春らしい晴天が続く名古屋ですが、ソメイヨシノもいよいよ見頃になっています。

昨夜は知人のお誘いでキレイな桜を愛でながらの「夜桜見物」。

桜の名所「鶴舞公園」での夜桜は初めての経験ですが、主催者の皆様のお陰様でとても良い場所を確保下っていました。(早くからの場所確保ありがとうございます!)

この「お花見」は平安時代の貴族の嗜みから始まった文化(庶民は江戸時代から)とのこと。時代は変わっても、多くの人が魅了されるものですね。

 

今回は季節のイベントですが、私はこうした集まりで隣り合わせた方との出会いをとても大切にしています。

気取らないお互いの会話から「その人」が見えてもきます。とてもワクワクする時間です。(セッション前後の会話からも同じ感覚を得ています。)

その人の言葉に「耳を傾け、受け取ること」

私自身の大きな学びにも繋がります。(ついつい会話が盛り上がり、会話が長めのボリリンは注意が必要ですね。)

このような集いの場所ではいつも自然の流れに身を委ねている私ですが、必要な方々との出会いや会話となることに恵まれるボリリンです!

(もしかしたら、それも仕組まれていることなのかも知れませんね。笑)

残念ながら、お話し出来たのは隣り合わせた方々に限られますが、その会話から皆さんとの「繋がり」を強く感じる時間でもありました。

それぞれの方とは色々なお話しで盛り上がりましたが、キレイな夜桜の下、とても幸せで前向きなお話しだったことが印象的な宴となりました。

屋外での夜桜の宴はハプニングが付き物ですが、主催者の皆さんのご配慮は素晴らしく、細やかな気配りを感じさせるものでした。

こうした他者を思う気持ちがその場の雰囲気や流れを作って下さいますね。

ご参加の皆さん!楽しい時間をありがとうございました。

 

セッションルームも春の心地よい陽射しがたっぷりと降り注いでいます。

新たな季節。重力のサポートを受け取りながら、笑顔とともに自分らしく輝ける「からだ」一緒に探しませんか。