BORIRIN のすべての投稿

「Structural Integretion BORIRIN HOUSE」 http://boririnhouse.com/ アメリカ生まれのBODYWORK「ストレクチュラル・インテグレーション」で笑顔とともに自分らしく輝ける「からだ」一緒に探しませんか。

近頃のセッションから(2018.12)

健全な「からだとこころ」 自分らしく輝ける「笑顔」から「正しい幸せ」へ

ストラクチュラル・インテグレーションプラクティショナー

「愛と笑顔」のボリリンです。

寒波の影響でかなり冷え込んだ名古屋ですが、なんと5cmの積雪を記録しました。

暖房もいつもより強めにセットしたセッションルームですが、今年のセッションは昨日で仕事納め。

年末を実感しますね。

自らの可能性を探究する旅が続く日々ですが、今日のひとりごとは近頃のセッションを振り返ってみたいと思います。

縁あってBORIRIN HOUSEにお越しの皆さまの言葉は気づきに溢れておりました。

◎Mさま(20代:女性)

○きっかけは身体の不調から

慢性的な肩こりと冷え性にお悩みのMさま。

過去にはリラクゼーションとしてマッサージにも通ったとのことですが、その時は一定の効果を感じつつも…根本的な解決には至らず、日常的に慢性化した症状に悩まされているとのこと。

そんな彼女に訪れたストラクチュラル・インテグレーションとの出会い。

自らの選択と行動でBORIRIN HOUSEにご来所下さいました。

初回セッションでは過去や現在の身体の状況をインタビューフォームにご記入頂きますが、カウンセリングでのやり取りではご自身がすっかり忘れている出来事もしばしば思い出されます。

こうして記憶から消えている出来事もカラダには影響が残ることもありますからね。

○セッションを体験して

セッションを楽しみにしてご来所下さったMさまからこんなコメントを頂きました。

(1stセッション後)

昨日○○先生のレッスンがあったのですが、横堀さんに整えて頂いたことを伝える前に、今日は何かシュッとしてる!と言ってもらえました。
嬉しいー^ ^

重点的にやって頂いた骨盤効果なのか、お尻の位置が上がった気がします。何だか足が長くなった気分です。笑
これも嬉しいー^ ^
引き続きよろしくお願いします。

(2ndセッション後)

前回やって頂いたのが下半身だったのであまり直結していないかもしれませんが・・・
先日エステで背中マッサージをしてもらったのですが、いつもなら数日すると元通りガチガチに凝り固まっていましたが、今回は少しマシな気がしています!
それだけでもとっても楽です^ ^
これからもっと改善されたらいいなぁと思います!

○これからがお楽しみ

私のタッチを素直に受け入れて下さるMさまのお身体は筋膜がとても早く反応します。

その素直な変化はMさまのあり方にも繋がっているよう。

次回から深層筋膜へのアプローチとなりますが、これまでのセッションはその為の準備!これからがストラクチュラル・インテグレーションの本質を感じる時間です。

筋膜をあるべき位置に整え、垂直立が導く人生の可能性に繋がるMさまの旅を愛と笑顔でナビゲート致します。お楽しみに。

○私自身への戒めとして

カウンセリングから見えたからだの特徴を推測する一つの隠れた情報でしたが、あくまで基本はからだ(筋膜)からのメッセージを傾聴することから始まります。

現れた現象をありのままに受け取る。

セッションの意図は持ちつつも、それが私のエゴに繋がらないように一切の価値判断を脇に置くことを実践しながら、ニュートラルなあり方で真摯にセッションに励みます。

(もっと探って感じようと介入してゆくのもNGですね。道の探究の長い旅は続きます。)

◎Rさま(40代:男性)

約半年前に体験セッションにお越しのRさま。

その時の衝撃的な体験からこのワークにとても興味をお持ちになり、多忙なお仕事の合間を縫ってお越し下さいました。

そんな中、満を持して臨んだ1stセッションでの体験です。

○1stセッションでの変化

お仕事柄、デスクワークで目を酷使し、首から肩にかけての重さを感じているとのこと。

そして、経営者としての重責やプレッシャーなどからくるからだへの負担は想像を超えるものと推察致します。

1stセッション後の体感として、

・呼吸、からだの重さ(軽さ)の感じ方

・足取り、地面との繋がり

・視界の広がり、世界の受け取り方 etc

などの変化を感じることが多いのですが、

先ず、呼吸の楽さに驚かれます。

肩周りの軽さや柔軟さにも気づかれ、確かめるように何度も肩を回されていました。

1STセッションだけでも筋膜があるべき位置に整えられてたことから始まる立ち姿の変化は顕著です!

しかも、体型も明らかに変化していますね。

垂直方向への適応である姿勢変化は可能性への第一歩!

からだと共に心までもとてもスッキリとしたご様子。表情もよりクリアになったように感じます。

(感じ方は正誤なく人それぞれです!)

○実感したボリリンからの言葉

普段から肩周りのストレッチを行い、からだの状況を確認してセッションに臨むRさま。

セッション後に

普段の生活で気をつけることはありますか?

と、ご質問を頂きましたが、

今のポジションが普通になるのでそこから外れたら違和感を感じます。先ずはそこに気づいて下さい。

大丈夫!自然に気づかされますから。

とお伝えしました。

そして早速、

垂直方向に沿った姿勢が楽で自然なポジションであることに気づき、そこから外れた時に違和感を覚え、自然とそこに戻っている自分に気づきました。

とのご報告。

ストラクチュラル・インテグレーションが導く可能性を大いに感じて下さったRさまです。

◎セッションのわかちあいから

○垂直立が導く一年後の世界

先日、ボリリンのセッションを受けて下さっているグループの皆さんとの楽しい語らいの時間を頂戴しました。

図らずも話題はこの一年のわかちあいに。

それぞれに起こる出来事は前向きなもので、今までなら自分の気持ちを否定していた場面でも、あるがままの自分自身を受け入れられているとのお話しです。

そして皆さんは出会い(人、もの、機会 etc)にとても恵まれていたとのこと。

お話からは垂直方向に自分の中心が整うことの恩恵を自分自身で自覚し、色々な感覚に気づいていることが伺えます。

前向きな言葉に溢れたご報告は、受け取る側の私がワクワクし、益々元気になりますね。嬉しいメッセージありがとうございます。

○自分で気づくこと

皆さんが直感的に理解下さったのは、

垂直軸=中心軸=自分軸

筋膜をあるべき位置に整い、垂直立に近づく中で体感したこの事実。

セッションが終わって約1年が過ぎた今、ご自身がより実感されていたことはプラクティショナーとして大きなギフトです。

そんなわかちあいは皆さん希望に溢れた満面の笑顔が溢れておりました。

この気づきはご自身が気づいてこそのもの。セッションはあくまでそのきっかけづくりでしかありません。

そこに気づいた皆さんは本当に素晴らしい!

◎おわりに

わかちあいでの皆さんから伺う前向きな言葉の数々。そういえばどこかで聞いたことがあるような…

そうそう!

まさに私が言っている言葉そのものでした。これこそ共鳴・共振ですね。

愛と笑顔のボリリンがクライアントさまのあり方を応援するハッピースマイルトーク。

これからも一緒に響き合って行きましょう!

是非、ボリリンのこの笑顔をご体感下さい。

 

可能性へのチャレンジ②

健全な「からだとこころ」 自分らしく輝ける「笑顔」から「正しい幸せ」へ

ストラクチュラル・インテグレーションプラクティショナー

「愛と笑顔」のボリリンです。

12月も一週間が過ぎ、今朝は本格的な寒波到来!急な寒さはカラダに堪えますね。師走の忙しさを感じる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

こちらは、先日宿泊したホテルのロビーにあるクリスマスツリー。

アイキャッチの写真も同じ場所ですが、クリスマスの雰囲気から冬の到来を感じ、今年も終わりが近づいていることを意識します。そして今年一年を振り返る時期でもありますね。

そんな中、自らのあり方を試され続けるボリリンですが、今日のひとりごとは可能性へのチャレンジ第二弾!

その後の展開はどんなことが待っていたのでしょうか。

◎チャレンジは突然に

人生のターニングポイントとなる場面では、必然的に自分と向き合うことになりますが、そんな機会が連続で訪れる今日この頃。

本当に突然過ぎて、あれこれ考える暇がない状態です。汗

日頃、考え過ぎて行動が遅くなる私にとって真価が問われますが、先日、とあるご縁から

自らの人生を生きる

価値判断を手放す

人間の可能性を探究する

これらの示唆深い学びの機会に恵まれました。

これらは私が提供するストラクチュラル・インテグレーションを行う上での永遠のテーマですが、その示唆になるものとして直感的に受け取り、お声かけを素直に受け入れました。

そこでは、

他者との繋がりを学び、本当の自分と出会う

慈悲深く、味わい深い時間から

・思い込みを超えて物事を俯瞰する

・自分が(少しだけ…)尊大な態度だったこと

・いつも慈悲深くあること

こんなことに気づきます。特にはっとしたのは

「お坊さんになっていませんか」の一言。

自分ではそんなつもりはなかったのですが、無意識に出てしまっていたのですね。

それが決して悪い訳ではありませんが、

特に対面で接している時に出ているようです。セッションの前後はいつもこのポジションで対応していましたが、気をつけたい所です。

仕事柄、クライアントさまに寄り添うことを大切していますが、相手の存在を尊重しつつ、介入しない適切な距離感があって初めて対等な関係になりますからね。そのバランスに気づかせて貰えた一言でした。

そしてもう一つ。

・信じていることは自分では見えにくい

私にとってはこの仕事について持っている信念こそが、この道を歩む原動力でもありますが、それはそれとして、近視眼的な視点から一歩引いたニュートラルな捉え方が出来ると全体を俯瞰出来ることを改めて実感。

(ブログやSNS、HPでの発信やセッションでも熱くお伝えしているのはこの信念に基づいた行動でした。まさに無意識の行動。これも自分に気づく一例ですね)

他にも沢山の気づきがありますが、こうして今後の人生の根源となる大きな示唆を頂戴する機会となりました。

驚きの早さで決断し、駆け抜けたこの時間。今までなら絶対に選択しないであろうチャレンジ。

ここへの繋がりには多くのドラマがありますが、まだ展開の最中です。

受け取った示唆は既に無意識に発揮していますが、意図的に実践できるかがキーポイント。更なる理解を深めて参ります。

日頃セッションでは、

大地に身を委ね、

ゆるりと流れに任せて行きましょう。

と、皆さんに伝える役割ですから、自らの選択と行動で体現する良い機会。まさにこの実践が自らの未来を拓きます。

◎新たなチャレンジには大きな違和感が伴う⁈

こうした新たなチャレンジは今までの自分の枠組みを外れた領域へのアプローチですから、必然的に今までの印象や経験とは違ってきます。

私を以前から知る方にとって、それは大きな違和感として感じられ、行動や言動が奇異に映ることもあることでしょう。人によっては嫌悪感にも繋がるかも知れません。

過去の自分の枠組みを超えた新たなチャレンジには、必ず多くの皆さんから様々なご意見やお言葉を頂きました。

皆さんの言葉に素直に耳を傾け、真摯に受け取りつつも、

結果として、

自らの選択で行動を決め、人生を自ら創り上げている

そんな自負があります。

不思議な巡り合わせからこうした機会が多くなったのも、自分の枠組みが変化したからこそのもの。

そして、頻繁に訪れるチャンスを敏感にキャッチする感覚が研ぎ澄まされて来たからなのかも知れませんね。

◎思い出す励ましの言葉

そんな新たなチャレンジにはボリリンの名付け親でもあるこの方のメッセージを思い出します。

”” それぞれが持つ力、それぞれが持つ色。

もっともっとお互いがそれを求め、お互いが認める社会であってほしい。

自分の役割や肩書で自分が変わるのではなく、自分がその肩書や役割をどう担っていくのか。
そのために柔軟で広い視野と心を持った人間でありたい。
同時に相手の思いをくみ取ることができる、共感することができる柔らかい心でありたい。

ハワイ島で得たものを持って、自分がいた場所に戻った時に、様々なギャップを感じるかもしれません。

見えていたものが変わっていたり、思っていたことが違っていたり、、、。
自分は何かが変わっているのに、何も変わっていない周りの状況。

そんな中で苦しくなることもあるかもしれません。
今までと同じように生活ができなくなるかもしれません。

でも周りの人に変化を無理強いすることはできない。
できるのは、自分自身がどうありたいのかということを忘れずに、本当に大切な人には少しずつそれを伝えることを地道にしていくしかない。

貴方のことを本当に大切に、そして愛しているのであれば、あなたのその変化を心から喜んでくれるはず。
そしてもっと知りたい、、、って思ってくれるはず。

もしあなたのその変化をマイナスにとる人がいるとしたら、その人との関係性を見直す時期なのかもしれません。

何がどうあろうとも、この旅を一緒に過ごしたみんなは貴方を心から応援し、愛しているということを忘れずに。

本当に愛するもの、本当に大切なもの
その環境を作り上げるのも自分自身。 ””

この文章は4年前のR-5-Oグラウンディングツアー終了時に参加者に送られたものからの一部引用ですが、心が折れそうな時に何度も読み返しているこのメッセージ。

今回のチャレンジでも大きな気づきと励ましを受け取っています。邦子さん!いつもありがとうございます。

◎自分がSIで惹かれた世界

私の提供するストラクチュラル・インテグレーション(SI)は、

それぞれのカラダに実在する筋膜にアプローチし、あるべき位置に整えることで、重力のサポートを得ることを導くワークです。

しかしながら、からだのコンディションを整えるだけでなく、中心軸が整うことで人間の可能性が開花することを紹介された書籍光の中へで知り、その領域に興味示した私。

歴史的にも1960年代にアメリカで起こった人間性回復運動(ヒューマン・ポテンシャル・ムーブメント)の中で発展した経緯もあり、その領域に注目したのもこのワークに導かれた私の運命だったのでしょう。

これは目に見えることだけではない、

ロジックに表現するのが難しい部分ですが、私たちプラクティショナーはこのワークが人生の可能性を開くことへの大きな助けとなることを経験上、理解しています。

これまでBORIRIN HOUSEにお越し下さった皆様がご自身の可能性への気づき、あり方の変化を見れば納得の事実です。

素晴らしい巡り合わせから、今回の体験はこの事実を別の視点で探究する機会となりました。まさにその探究への道への励ましですね!

◎おわりに

これからの探究は自分のあり方に大いに影響が及ぶことになりそうですが、ご縁が繋がった皆様にワークの恩恵として惜しげなく還元させて頂きます。

皆様の言葉を真摯に受け取りながら、

愛と笑顔で自分を満たし、人に幸せを与える

ことにより一層励みます。

そんなチャレンジに喜び励むボリリンをこれからもよろしくお願い致します。皆さまいつもありがとうございます。

可能性へのチャレンジ①

健全な「からだとこころ」 自分らしく輝ける「笑顔」から「正しい幸せ」へ

ストラクチュラル・インテグレーションプラクティショナー

「愛と笑顔」のボリリンです。

11月も後半。この所の冷え込みですっかり秋が深まりましたね。こちらはセッションルームから見上げたお月さまの美しい姿。

月明かりを浴びて静かにメディテーションに入りましたが、第6チャクラが活性化する体感がありました。

そこはまさに宇宙からのエネルギーを受け取る場所でもあるとのこと。

ボリリンにもそんな不思議な力がついてきたのかな⁉︎。笑

今日のひとりごとは近況報告。今後の大きな転機になるであろう出来事の一部を綴ります。

◎直感の行動

○とある離島にて

10月は直感の行動がとても多い月となりましたがいくつか振り返ります。

とある離島にて自分を見つめるリトリートにて。

自分自身と向き合うこと。

目を背けている部分も含めた自分の全てと向き合うことは、悲しみや苦しみ、痛みにも正面から向き合うことになりますが、

刻一刻と変化する天候の中、あるがままを受け入れる覚悟を試されました。

折しも人生の転機となる出来事から2ヶ月。落ち着きを取り戻しつつも、時折訪れる感情の波。

この体験から受け取ったメッセージの理解はもう少し時間が必要なようです。今日はこうしたチャンスに恵まれたご報告にとどめたいと思います。

こうした自己成長の機会は人生の転機と重なるものですね。

○素敵な場と時に身を委ね…

思いがけずの流れから参加したこちらのパーティー。

華やかなパーティーの席へのお声かけはとても嬉しいものですが、以前は「そんな華やかな場所は私には場違いで本当に参加しても良いのかしら?」と引け目を感じていた私。

しかし、今では

「お声かけありがとうござい。ハイ!喜んで参加させて頂きます。」

と笑顔で即答するようになりました。

これもチャンスを自らキャッチする行動の実践!お声かけへの返答にも4年間の成長を信じつつ、日々、試され続けるボリリンです。

ご参加の皆さんの雰囲気はまた特別で…

上質な場にて美味しい料理と参加者との歓談。そして、ゲストへのスペシャルなお話。こうした上質な空間に身を置くことで、エネルギーの共鳴を直接受け取れますね。

最前列で大きく頷く私に微笑んで下さる由佳先生。思い通りの人生に繋がる学びと幸せな時間をありがとうございました。

いつもの余談ですが、

人生の転機で出会った由佳先生との著書に背中を押され、新たな世界へチャレンジした私。

パーティーでは先生の前で大きな宣誓したボリリンは必ずやその言葉を実践致します。

○時は満ち、受け取るメッセージ

こちらも思いがけず訪れたスペシャルな機会。

2ヶ月前から模索したお約束の日時は必然の流れで決まりましたが、ここ!と決めたらあら不思議。

導かれるように足を運んだその場所では、色々な出来事が完璧なタイミングで起こります。

この機会で出会う皆さんとの交流の時間や受け取るメッセージには大きな意味があったようです。

私に届いたメッセージはあっと驚く多くの示唆がありましたが、端的に表現するならば、

決めて進む

まさに宇宙タイミングで降りてきた言葉です。

必要な時に必要なメッセージが届くようになっているとつくづく納得するボリリンです。

そして、この日に決めた選択と行動が人生の大きな流れに繋がる予感。しかもその流れは桁外れのスケールです!

自らの実践でどんな世界に繋がるか。まさに実証実験ですね。

※現在、この選択が想像を遥かに超える方向に展開中!人生の転機になることは確実な流れです。この展開を更に拡大させるには大きなハードルを超える勇気が必要ですが、これも自分の選択次第!その流れに身を委ねながら自らの行動で実証実験です。

◎思いがけずの喜び

こうした日常を過ごしていると、不思議とご縁や機会が必要なタイミングで訪れるものですが、その恩恵は行動することで初めてキャッチ出来るもの。

このブログでも何度となく伝えておりますが、言っているボリリン本人がそうでなければ説得力はありませんからね。これからも実践を通して自らの経験で出来事を語りたいと思います。

Facebookお知らせメッセージ

4年前の奇跡の繋がり。

こんな奇跡の出会いから歩みが始まったボリリンですが、その繋がりは今や更に崇高な世界に繋がっています。

ご縁に改めて感謝申し上げます。

◎おわりに

上記の奇跡を繋いでくれたR-5-Oグランンディングツアーから早くも4年。

昨年記したブログからも自分がどんなことを思い、考えながら人生を重ねているか。自分自身がより深く理解する機会になりますね。

R-5-Oから3年(0)

R-5-Oから3年(1)

R-5-Oから3年(2)

R-5-Oから3年(3)

この道を志して行動した4年前からこんなシンクロ人生を歩んでいますが、

必然の出会い繋がりから4年の歩みを積み重ねた先は、これから迎える変革の機会に繋がっておりました。

全てが完璧に用意されたいたこのチャンス!

いよいよ覚醒の時を迎える予感です!(ある意味、毎日覚醒してますが。笑)

こうした機会や人との繋がりに恵まれているボリリンは益々、愛と笑顔に覚醒します!

ご期待ください。

お客様の声(30代男性)自然体の意味が分かった

健全な「からだとこころ」 自分らしく輝ける「笑顔」から「正しい幸せ」へ

ストラクチュラル・インテグレーションプラクティショナー

「愛と笑顔」のボリリンです。

気づけば10月も半ばを過ぎ、すっかり秋めいてきた今日この頃。昼夜の寒暖の差も大きくなっていますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

身の回りに起こる出来事と時の流れの早さに日々驚かされるボリリンですが、この流れも必然として受け取り、素直な心で毎日を過ごしています。

しかしながら、その出来事の理解にはもう少し時間が必要なようです。この話題はまた改めて。

日々の慌ただしさからボリリンのひとりごとも久々の更新ですが、今日はお客様の声をご紹介。

ご自身の可能性を信じ、京都から通って下さったノリスケさんの納得のメッセージです。

吉村 徳介  さま(30代 男性 療術業)

1.「ストラクチュラル・インテグレーション」を受ける前の問題や悩みは何でしたか?

・気持ちがいっぱいいっぱいで落ち込みやすかった。

・地に足が付かない感じで身体の力も抜けにくかった。

2.抱えている問題や悩みなどの変化はありましたか?

・相当変わりました。とにかく身体と気持ちの安定感が続くのがすごいと思います。そして、楽で前向きになりました。

3.問題や悩み以外で何か変化はありましたか?

・自然体の意味が分かってきた。すべてのことが自然と回り始める感じ。

4.一番印象的なセッションは何でしたか。またその理由は?

・初回セッション。身体と気持ちが包まれるような感覚でした。自然と涙が出てきて、今までため込んだ不安や恐怖、怒りなどの感情が流れていった。

5.プラクティショナーとしての「ボリさん」の印象は?

・すべてを受け入れてくれる。そんな安心感。

6.どんな方に「ストラクチュラル・インテグレーション」をオススメしたいですか?

・心身の疲れが人生に影響している方。

・現状のすべてを前向きに変えたい方。

7.あなたにとってベーシック10シリーズの「10回の歩み」はどんな体験でしたか?

・立つ時、歩く時に大地からのパワーを借りている感覚になる。そして、身体と気持ちが楽になるに従い、今の自分を受け入れられるようになった。

8.これから拡がる「輝く未来へ」あなたが望むイメージは?

唯一無二の自分を大切に扱い、周囲にもいいパワーを届けたい。

9.その他の自由意見欄です。何でもお書き下さい。

・今までこれほどまでに心身が変わった施述はなかったです。僕の中を整理し、人生を前進させる力を引き出してくれたボリさんに感謝です!本当に本当にありがとうございました!

※こちらのコメントは個人のご感想です。起こる変化は人それぞれ。効果を保証するものではありません。

ストラクチュラル・インテグレーションは医療・治療行為ではありません。

◎ボリリンが感じたこと

○からだが物語る印象は…

ノリスケさんとの出会いはこちら

かがやき鍼灸整体院さま(京都府向日市)のHP

共に参加したWSのグループセッション、

わかちあいを通してボリリンに何かを感じ、BORIRIN HOUSEの扉を開いて下さいました。

よくぞご来所下さいました!

と、笑顔でお迎えした初回でしたが、

セッション前のカウンセリングではご自身が置かれている状況やその時の心情も重なり、とても辛く苦しそうな印象を受けました。

その苦しさは必然的に身体にも表出していましたね。それはまさに

自己の象徴としてのからだ

痛いほどわかります。私もその道を通ってきましたから。

○本気の「選択と行動」

ボリリンが提供する

ストラクチュラル・インテグレーション

ベーシック10シリーズは10回のセッションを積み重ねることで重力を友とし、垂直立が導く人生の可能性に繋がるものですが、

この情報を受け取ったクライアントさまが

価値や魅力を感じて時間とお金を投資し、

このワークが導くその可能性を信じる本物の選択と行動が無ければセッションは実現しません。

「チャレンジする・しない」

この選択はクライアント様に委ねられていますが、自分と向き合い、自らの約束を確実に果たすノリスケさんの成長を深く感じた10回のセッションとなりました。

○信頼感の中でのセッション

プラクティショナー、クライアントとしてお互いを尊重した信頼感の中でのセッションは毎回印象的な体感を伴います。

整骨院を開設するプロの施術者として感じ取る感覚とプラクティショナーとして私が感じたことのわかちあいは、お互い大きく頷きながらの深い気づきの時間となりました。

自らのからだが整うプロセスで受け取る気づきはご自身の施術でも活かされることでしょう。

そして、そこで受け取った感覚や経験を自らの言葉で即座にアウトプットされる真摯な姿は自らの今を感じ、みつめる素晴らしい行動ですね。大いに見習わせて頂きました。

なお、ベーシック10シリーズの各部位の筋膜へのアプローチは大別すると

・表層セッション(1〜3回)

・深層セッション(4〜7回)

・統合セッション(8〜10回)

の3つのパートに分かれています。

各セッションの概要はこちら

○ノリスケさんのアウトプット

素晴らしい気づきを受け取り、喜びが伝わるメッセージ。ご自身の内側の変化も感じ取れるノリスケさんのアウトプットをご紹介致します。

1回目

2回目

3回目

4回目

5回目

からだの中の抗いや不要な動きを手放しながら、ご自身の持ち合わせた可能性が表出したこうした変化は、深層から統合セッションに進むに連れ、ご自身の中により静寂や安寧を感じ、自分自身が静かになってゆく感覚が訪れることも。

その感覚をまとめて下さったのがお寄せ下さったアンケートの記載となりますね。

重力にサポートされ、楽で自由な「自然体のあり方」に繋がったノリスケさん。

これから繋がる人生の可能性が益々楽しみですね。ありがとうございました。

◎おわりに

プロの施術者であるノリスケさんから頂戴する言葉はプラクティショナー冥利に尽きるもの。

私たちストラクチュラル・インテグレーションのプラクティショナーは

垂直立への変化のプロセスにおいて、身体に起こる大きな変化は目的としていません。

しかし、そこで起こる変化も一つの可能性。

このワークで繋がる人生の可能性を改めて感じさせて頂く機会となりました。

こうして私を必要として下さるクライアント様に出会えるボリリンは最高の幸せを感じてこの道を歩んでいおります。

さあ、次はどんな出会いが待っていることでしょう。皆さまとの次なる出会いを心よりお待ち申し上げております。

愛と笑顔のボリリンより

近頃のセッションから(2018.9.②)

健全な「からだとこころ」 自分らしく輝ける「笑顔」から「正しい幸せ」へ

ストラクチュラル・インテグレーションプラクティショナー

「愛と笑顔」のボリリンです。

近頃のセッションから(2018.9)でのふりかえりが止まらなくなりました。調子に乗って第二弾!印象的なセッションが続いた9月を引き続きまとめています。

◎Tさま(40代女性:5回目)

8月から2年振りとなるベーシック10シリーズに挑戦されているTさま。

前回のベーシック10シリーズはこちら

決めることで前に進まれる姿はいつも凛々しく感動的ですが、素晴らしいペースでセッションを重ねられ、先日、5回目が終了しました。

○感情の発露

4回目からはからだのより深い部分にある筋膜へアプローチするコアシリーズ。色々な意味で深い体験、経験をされる方々もいらっしゃいます。

セッション前のわかちあいでは、日常生活で経験した出来事とからだの変化をお話し下さいますが、その日のTさまは何か様子が違うようです。

とある出来事に対して溜め込んでいた感情を吐き出すようにお話し下さいました。

そんな時は出し切ることが大切。

ボリリンはお話されることに対して何かをアドバイスすることや判断することはしませんが、頷きながら静かに傾聴します。

そんな時間を経て、もやもやを吐き出してスッキリしたRさまは気づけばいつもの笑顔が戻っておりました。

日常生活では色々な出来事がありますが、

そんなこともあるよね。

しゃぁないな。まぁいいか。

そんな位に肩の力を抜いて、お互いに許し会えたら楽チンですよね。

※皆さまご存知かと思いますが、ボリリンはストラクチュラル・インテグレーションのプラクティショナーです。

○自己の中心へのアプローチ

上記のやりとりでスッキリしたTさまへの5回目のセッションは大腰筋へのアプローチ。

自己の中心でもあるこの部分は自らのからだがここに存在することを感じる機会になることも。

お腹は解剖学的にも、心理学的にも色々なものを溜め込む場所であることが多いのですが、前述の出来事があったTさまはとても素直に私をタッチを受け入れて下さいました。

お腹の深い部分に届くにはある程度の圧を持ってワークしますが、まるで私のタッチを自らのからだの中に引き込み、更に深い部分へ導くようでもありました。

ご本人は前回の記憶はすっかりなく、こんな感じでしたっけ?との反応でしたが、カラダはしっかり覚えていらっしゃいますね。

さすが二回目のベーシック10シリーズ。味わい深いセッションが続きます。

こうして私のセッションは優しいタッチだけではなく、必要に応じてかなり力強めのタッチの時は癒しではないでしょう。

それでもクライアントの皆さまからは、

痛い時もあるけれど、気持ちいい

と表現されることが多いようです。

こうした深い部分へのパワフルばタッチもありますが、そこでも寝落ちする方が多いのはどうしてでしょうか???笑

○セッション後の変化、気づき

骨盤内を通過し、上肢と下肢を繋ぐ役割を持つこの部位は、脚の動きとも密接に関連し、大腰筋の解放からより自由な動きに繋がります。

最後はお腹の奥の深い部分、ご自身の中心を感じながらのベンチワーク。そこにはとても穏やかで静かな時間が流れています。

セッション後には解放された大腰筋や脚をより活かすためのカラダの使い方、歩き方のレクチャーです。そこにボリリン独特の間のキューイング。

(ちょっと表現が違うような…問いかけ?諭し?体験された方の体感に委ねます)

こうして自分自身のカラダの状態に気づいていること。大切ですね。

Tさまからは、

自分の中心を感じるセッションとなりました。

自分の中心から動くこと。今はとても理解しやすいです。

とのお言葉が。

セッション後のはとても穏やかな表情で静かに今を感じていらっしゃる姿が印象的なセッションとなりました。(入室時の興奮が遥か彼方の記憶になりました)

今回で折り返しの5回目が終了。

深い部分にアプローチする今後のセッションでの気づきが益々、楽しみなTさまです。

◎Kさま(30代女性:メンテナンス)

○内なる可能性との出会い

昨年、ベーシック10シリーズを終えられたKさまの約10ヶ月ぶりとなるメンテナンスセッション。

ベーシック10シリーズのご感想はこちら

セッション前のわかちあいでは、

とても軽やかな心身の状態をお話下さいましたが、歩く姿、そして立ち姿からその良い状態が伝わって来ます。(もちろん、更なる統合に繋がる改善点は見えていますが…)

メンテナンスでは上肢・下肢の統合をそれぞれに促進させることを目標にセッションを行いましたが、統合された筋膜の反応は素早く、私のタッチを素直に受けとって下さっています。

垂直方向に統合されたカラダというものは、大地に身を委ねること、そこから重力のサポートを得られることをとても簡単に素直に行い、受けとっているように感じます。

ワークをする私がその素直さに癒されますね。

そんなKさまのセッション後のお姿です。

○内なる可能性を認める

また、セッション後のわかちあいの余談ではありましたが、このところ起こる人との繋がりについてお話下さいました。

ベーシック10シリーズを受ける前までは、ご自身の持つ可能性を信頼出来ず、その魅力、能力を認めていないことが多かったとのことですが、筋膜があるべき位置に整い、垂直方向に統合されてゆくことでご自身の色々な部分が変化・統合してったとのこと。そして、その変化をご自身が認める流れに繋がったとのこと。

お話下さった内容はまさに、

類は友を呼ぶ

といった表現がふさわしいものでした。

(詳しいお話は守秘義務により伏せさせて頂きます)

ご本人にとってはとても嬉しい出来事で、それを語るKさまの笑顔のキラキラ度といったらもう、お聞きする私が幸せに導かれるような気持ちになりました。

こうした出来事はまさに笑顔に溢れたご自身のあり方が引き寄せるもの。素晴らしい!

こうして、自分のセンターにいること行う行動は多くの出来事がより良い方向に動き始める好例ですね。

○垂直方向への進化統合から拡がる世界

ベーシック10シリーズを終えられたからだは重力のサポートを受けられるカラダのバランス(垂直立)を手に入れますが、セッションが終了した後にも

重力がセラピストとなって

垂直方向への進化・統合が進みます。

そして、そのプロセスは図らずもご自身の大きな人生の可能性に繋がることになりますが、Kさまのエピソードからそんなことを改めて気づかせて頂きました。

そんな変化はひとそれぞれのスタイルやタイミングで訪れます。

以下にはそんな皆さんの体験を一部、ご紹介させて頂いております。

◎デニムレジェンド氏家さま 50代男性

いよいよ9月に入りましたね。昨日は前線の影響で雨模様のスタートでしたが、今日は気持ち良いお天気に心も軽くなりますね。今日は先日のセッションでのお話を。こちらのクライアント様はストラクチュラル・インテグレーションのベーシック10シリ…

横堀 正幸さんの投稿 2018年9月2日日曜日

 

◎Rさま 50代女性:9回目

この数日は目まぐるしく変化する天候の名古屋ですが、上半身のセッションが続くBORIRIN…

横堀 正幸さんの投稿 2018年9月9日日曜日

 

◎Sさま 30代男性:10回目

気づけは9月も半ば。過ごし易い気候になりつつある今日この頃、皆さま如何お過ごしでしょうか。このところのセッションや繋がりの機会はともに深いレベルでの共鳴・共振が起こっています。皆さんが受け取る気づきの深さは驚きの連続ですが、それを感…

横堀 正幸さんの投稿 2018年9月15日土曜日

それぞれの皆さんがご自身の人生の可能性に気づかれてゆく姿からエネルギーを受け取るボリリンは本当に幸せ者です!

皆さまいつもありがとうございます。

セッションには心地よい季節になりました。さあ、ご一緒にその深淵な世界を探求しましょう!

近頃のセッションから(2018.9.①)

健全な「からだとこころ」 自分らしく輝ける「笑顔」から「正しい幸せ」へ

ストラクチュラル・インテグレーションプラクティショナー

「愛と笑顔」のボリリンです。

酷暑の夏から続いた9月は月初めの台風21号や北海道の地震がありましたが、次第に気温も落ち着き、秋を感じる空気に。気づけば既に終盤ですね。そして、月末にかけて接近する台風24号の行方が気になることろですね。

このところの日常には人生の波が訪れていますが、乗り越えるべき大きなBUMPは至るところに沢山あるようです。

板と雪面のコンタクトを取りながら、雪面に対してカラダの中心軸をキープし、重力を利用した落下運動と共に脚の吸収伸展で連続的にコブを乗り越え、エアーのテイクオフへ!

あ〜!!!この表現メッチャ懐かしい!

会社員時代の30代はフリースタイルスキーのモーグル競技に熱中していたことを思い出しました。

あっ!そういえば私、今はなきスキードームSSAWS(ご存知ですか皆さん?)にMyロッカーを所有して一年中滑っていたことも。この時期から雪山が待ち遠しくそわそわしていましたね。

ふとそんな記憶が浮かびましたが、今日のひとりごとは久々にセッションでの出来事を。近頃のセッション(2018.9)でのふりかえりです。

さてさて、今月のBORIRIN HOUSEではどんなセッションが繰り広げられたのでしょうか。

◎Rさま (50代女性:1回目)

○情報に惑わされない選択

待ちに待った時間を過ごし、1stセッションを迎えられたRさま。

とても楽しみにされていたセッションでしたが、まっさらな状態で体験したいとのことで敢えてHPやブログなどからの体験談や事前情報は取得せず、お越しくださいました。

情報に振り回されないこと

それも大切なことですね。

そして、情報よりもまず体験から入った方がご自身にダイレクトに響くかもしれません。

私自身、このワークに関して積極的に情報収集していた経験がありました。新たな情報や比較検討など良い部分もありますが、ついつい頭で考えた行動になりがち。

(私自身がそうでした。セッション受けるまで時間がかかったのはそこですね。汗)

直感で動くことの流れの早さを実感するRさまのあり方から学ばせていただきました。

それでもボリリンが発信するSNSやHPは存在を知って頂くためのもの。必要として下さる皆さんに向けて積極的に発信中です!

○カウンセリングでは…

地に足が着いたしっかりしたカラダを手に入れ、喜びに満ちた人生をよりアクティブに過ごしたい。

こうした動機でベーシック10シリーズへのチャレンジを選択して下さったRさま。

セッション前のカウンセリングでは、日頃からカラダのバランスが悪く、疲労が溜まると腰痛や顎関節の痛みなどにお悩みとのこと。

わかちあいからは思いがけず過去の怪我や体験など、すっかり忘れていたことが浮かび、インタビューシートに記述された以外のお話も多く出てきます。

こうしたお話しを事前にわかちあうことは、自分自身の気づきに繋がったり、その後のセッションでも役立つものもありますからね。

しかしながら、

セッションでは今のからだが語ることを傾聴することが前提となっており、カウンセリングでのお話はあくまで参考程度とさせて頂いております。

ここで改めてお知らせです!

いつもセッションの前提条件としてお伝えしていることですが、

このストラクチュラル・インテグレーションは筋膜をあるべき位置に整え、重力のサポートを得られるポジションに自ら気づく教育システムであり、カラダの不具合を治療するものではないことを申し添えます。

○お悩みのふらつきが…

セッションに先立ち、立位と歩く姿を拝見しますが、からだをバランスさせることにご苦労されていることが見受けられます。

1stセッションは

胸郭と大腿部横側へのアプローチ

半身のセッションを終えた時点でカラダを感じて頂く機会には、胸郭の解放から呼吸が楽になっていること。そして、足の安定感が変化していることに気づかれます。

(ちなみにこの時点ではまだ脚部へのセッションはしておりません!)

セッション後にベットから降ろした足の安定感に大変感動され、何度もその安定感を確かめておりました。

セッション後のわかちあいでも、

これで1回目ということは、10回が終わったらどうなっているのでしょうか?と喜びと期待に溢れた笑顔で感動をお話し下さいました。

こうして大きな変化が起こることが多い1stセッションなのです。

メッチャ気持ちわかります!

ちなみにボリリンの体験を聞きたい方は是非ご連絡を。熱い暑い⁉︎ハッピースマイルトークが待っております。

Rさまは趣味で乗馬や社交ダンスを嗜まれますが、重力にサポートされ、バランスの取れたカラダはご自身がお持ちの大きな可能性に繋がることでしょう。

これからの歩みが益々楽しみですね。

◎Oさま 50代男性:メンテナンス

○エネルギーに満ちた姿

ベーシック10シリーズを半年前に終えられたOさま。

その時の体験はこちら

垂直方向により統合される定期的なメンテナンスセッションの効果を実感される方ですが、今回は2回目のセッション。

セッション前のわかちあいでは、

カラダが楽で自由な状態が続き、開放感の中、毎日が楽しくて。

これまでの生活を楽しそうにお話下さる姿は笑顔で前向きな言葉に溢れています。

そんなエネルギーの高い方と一緒に過ごしていたら、こちらまでハッピーな気持ちになれますね。

お会いする度に若々しく感じるOさまですが、なんと今年度で定年退職を迎えられます。誰が見ても驚かれると思うほど、いきいきと生活を楽しんでいらっしゃいます。

○自分が整って感じること

ベーシック10シリーズとしてのプログラムは終了し、重力がセラピストとして働いている状況ではありますが、更なる垂直方向の統合がその恩恵をより確実なものとしてくれます。

セッション後のお姿からは、そんなことが伝わってくるようです。

そして、セッション後のわかちあいでは、

自分のセンターをより感じら、更に楽で自由で心地よい状態です。

とのお話しをお伝え下さいました。

そして、こんなコメントも。

世の中には中心が整っていない人に溢れていますね。それが気になってしまう毎日です。

ふと、こんな言葉をお伝え下さったOさまですが、

自分の中心軸が整ったからこその実感ですね。そこで体験できる世界を感じているからこそ、中心が揃っていない方のと違いを率直に感じてしまうのでしょう。

自らがセンターにいることは、楽で自由なからだで重力のサポートを受け続けることになります。そして、中心軸の整ったOさまのあり方は自然とより良い出会い繋がりに導かれることでしょう。

大丈夫!今のOさまなら全く問題はありません。安心して歩みを続けましょう。

と、愛と笑顔でお伝えしたボリリンに満面の笑みで頷いて下さったOさまです。

◎おわりに

近頃のセッションではいつにも増してクライアント様の垂直方向の統合が進み、プラクティショナーのボリリン自身が驚きのセッションが続いています。

重力のサポートを得た皆さんは、ご自身の可能性を自ら気づき、日常においてその可能性を拓かれることでしょう。

そんなお姿を目の当たりにし、毎回毎回、勇気づけられるボリリンは垂直方向の気づきと共に愛と笑顔が益々満ちて行きますね。

皆さまいつもありがとうございます。

必然のタイミング

健全な「からだとこころ」 自分らしく輝ける「笑顔」から「正しい幸せ」へ

ストラクチュラル・インテグレーションプラクティショナー

「愛と笑顔」のボリリンです。

酷暑続きの長い夏も気づけば9月も半ばを過ぎ、穏やかに季節が変化しています。

そして日常で起こる出来事、流れは全てが必要な時に必要なタイミングで起こっているようです。

今日のひとりごとは必然のタイミング

とある一日に起こった印象深い必然の出来事を振り返ってみたいと思います。

◎コミュニケーションダンスの気づき

先日はラテンダンスレッスンと個人レッスンを続けるとても内容の濃いコミュニケーションダンスのレッスンDAY。

まゆみ先生の伝えるレッスンの質はご自身の日々の研鑽と共に洗練され、益々エネルギーが高まっています。

その指導は生徒それぞれが必要とする動きと表現、そして、ベアのコミュニケーションに繋がるダイレクトなメッセージ。そして、まゆみ先生の発する高いエネルギーは私たちに降り注ぎ、共鳴・共振しています。

その恩恵を全身で受け取りながらのレッスンはとても深淵な世界に繋がりますが、それはストラクチュラル・インテグレーションでの深部セッションと極めて近いもの。

スタジオD’zのレッスンはからだの深部と共にこころの深い部分に響きます。

レッスン後の解放感を体験して頂きたいものですね。

ボリリンは生徒サークルの副会長!心に響くコミュニケーションダンスを是非ご一緒しましょう。

◎深い部分での繋がり

コミュニケーションダンスで心身ともに解放された状態がそうさせるのでしょうか?こうした開かれたからだとこころで過ごす時間には自然な形でシンクロが訪れます。

本日開催中のとあるイベントへお誘いメッセージ。

頂いたメッセージはクリアに澄み渡り、崇高な部分に響き渡る心地よいもの。物事の本質を直感で受け取り、行動される方だからこそ伝えられるメッセージは必然的に心の深い部分に届きます。

ダンスレッスン後に途中参加で駆けつける形となりましたが、導かれるように会場に向かって足を運んでおりました。

素晴らしい機会をありがとうございます。

このお声かけが必然だったことが後の出来事で実証されました。さてさて、それはどんな内容だったのでしょうか。

◎花、命、愛の空間

向った先は書道家はるさんの書道教室の催し。

テーマはひとりひとりの「種」を咲かせる

「わたしの花」

子供たちが書で表現する創造の世界。大きな夢や純粋な思いはキラキラ輝いています。

その可能性の芽を育み、開花させる主催者の書道家はるさんの大いなる愛。そして、献身的にサポートする親御さんやスタッフの皆さん。

会場全体が優しさ溢れる温かな愛に包まれ、参加者と共に一体化しておりました。

親御さんは子供達が存在しているだけで大きな愛を受け取っていることを伝えるはるさんのメッセージは心の深い部分に響きます。

最後に参加者全員で作り上げるアートにも参加させて頂き、ボリリンの愛と笑顔を表現!

ご一緒した皆さんからは純真な子供の表情だったとのこと。素直に嬉しい言葉ですね。

◎必然のお声賭け

そこに待っていたのはある方との偶然の再会!

知人のご紹介から繋がったご縁でしたが、メッセージのやりとりの翌日にお目にかかるという偶然が。そして、その翌日にも再びお会いする偶然。連日の繋がりは本当に驚きですね。

それから何度かご縁を頂戴しましたが、もうこれは必然の繋がりですね。そして、この場で更なるシンクロが起こります。

とあるイベントへのお声賭けを頂きましたが、

ハイ!喜んで参加します。

と素直に答えておりました!

(お言葉を素直に受け取り、実践することが良い流れに繋がることを経験的に知っている私ですが、予定未確認での返答にちょっと冷や汗。この必然の流れに乗ればなんとかなりますよね。きっと。笑)

以前にもこんな必然の出会いがありました。

ボリリンの記事をご覧の方はあっ、またですか⁈とお気づきの方が多いかと思いますが、こうした出来事が日常的に起こるボリリンです。

いつもおつきあいありがとうございます。

イベント後の感動をわかちあう時間は、愛に溢れた言葉と魂の深い部分で繋がりを確認する時間。心身ともに浄化されて行きますね。

ここにあること、存在することに感謝します。

◎おわりに

そういえば、この必然の流れ。

4年前のあの流れを思い出します。

R-5-Oから3年(0)

R-5-Oから3年(1)

R-5-Oから3年(2)

R-5-Oから3年(3)

そう、あの時も働いていたのはまさに直感!

(久々に読み返すとその時空に瞬時にトリップ!ひとりごともこうして残すと後々、ふりかえりにもなりますね)

こうした出来事の積み重ねから導かれた先はどんな世界に繋がっているのでしょうか。

もしかしたら、今回の出来事は今後の人生の新たな流れに繋がるターニングポイントになるような予感がするボリリンです。(またですか⁈)

そう!これは我が身で実践する実証実験。もうワクワクの時間ですね。

これから訪れる機会が人生の更なる飛躍の体験となることを願いつつ、地に足つけ、重力のサポートをより素直に受け取る実践に励みます。

不思議なことですが、このブログを書いている時間に多くのメッセージを受け取っています。

それぞれに私を必要として下さるメッセージ。

本当にありがたいことですね。

皆様ありがとうございます。3倍返しの返信を暫しお待ち下さい。

皆さんとの繋がりに喜びを感じるボリリンです。

体験の記より

健全な「からだとこころ」 自分らしく輝ける「笑顔」から「正しい幸せ」へ

ストラクチュラル・インテグレーションプラクティショナー

「愛と笑顔」のボリリンです。

先週は西日本に台風21号が上陸し、大きな爪痕を残しました。そして、翌日には北海道胆振東部地震が発生。こうした自然の営みの中で私たちは生きていることを感じざるを得ない出来事が続いています。

そして私事ですが、

「良いこと、悪しきこと」など

こうして日常に起こる出来事は如何なることが起ころうとも、自らのあり方が引き寄せる必然であることを思い知らされることが続いています。

全ての現実は100%自分の責任として、この出来事を受け取り、自らのあり方を見つめ、成長する方向に生かして行きたいと思います。

さて、今日のひとりごとは

体験の記より

前回のエントリーでご紹介したこちらの冊子を久々に読んで感じたことを記したいと思います。

◎冊子「体験の記」とは

こちらの冊子は当時の南山短期大学に在職中のグラバア俊子先生(以下、グラバア先生)が中心となり、約30年前に立ち上げられたロルフィング研究会(以下、研究会)が発行しています。

この会はこのワークの文化が我が国に根ざすきっかけとなった研究会ですが、日本の草創期にセッションを体験された方々の生の声を集めたもの。

一部は手書きによって記されており、文章表現や行間、筆跡やイラストからもセッションで受けた体験の情景が伝わるものでもあります。

この体験の記は研究会の刊行物ですが、Amazonで検索してもヒットしないとても貴重なもの。図の引用など著作権を持つ団体から許可を受けた冊子となっております。

ボリリンはこちらの冊子を研究会の主宰者であるグラバア先生から3年前に直接賜りました。

◎研究会のゲストプラクティショナー

この研究会ではグラバア先生がアメリカ留学中に身体再統合のセッションを受けられたマーク・カフェル氏(以下、カフェル氏)を日本に招聘し、ご自身が通訳となり体験会を開催されています。

カフェル氏は1960年代後半、アイダ・ロルフ博士と出会い、学びを深めます。ロルフィング療法士(ロルファー)の認定は1975年とのこと。

心理学の博士でもあるカフェル氏は後に

シン・インテグレーション

と名付けた身体再統合の技法とご自身が学ばれた心理学を融合させた独自のワークを日本で教授されることになります。

また、体験会には日本で最初のロルフィング療法士(ロルファー)となった幸田 良隆氏(以下、幸田さん)も参加されています。

余談ですが、

私は2014年に幸田さんが主催されたボディワーク基礎講座を受講。2016年に幸田さんが通訳を務めるWSで再会を果たします。

その折のご挨拶ではこんなお話が。

あの頃は丁度、日本に帰国した頃でね。グラバア先生とのご縁のおかげでご飯が食べられていたよ。本当に助けられました。

クラバア先生お元気?よろしくお伝え下さい。

と、懐かしそうに約30年前の当時の思い出を語って下さいました。

◎体験者の声

上記のお二人から受けるセッション体験が記されている冊子ですが、それぞれの方々の思い思いのメッセージが綴られています。

・余りの痛みに涙して受けた方

・姿勢が劇的に変化し、なお変化し続ける方

・心身の変化を観察し、詳細に報告する方

・精神的な気づきから自己実現に繋がる方

などなど

心理学の教授であるグラバア先生の繋がりから、自己探求をより深めたい方がこのお話に繋がったような印象もありますね。

皆さんの体験はこうして自らのからだで受け取る変化から、より自己を見つめ、内なる自分と出会う体験記となっております。

こちらの冊子から数人の方の体験記が新・ボディワークのすすめに出典されていますが、より多くの方の体験記がまとめられています。

詳細は是非、ご自身で読んで感じて頂けたれと思います。ご興味の方はボリリンまでお気軽にお問い合わせ下さい。

◎ボリリンが思うこと

体験記に記載の年齢は概ね30代、40代の女性を中心に短大生やそのご家族、中には50代、60代、身体にハンディを持つ方へのセッションも掲載がありました。

それぞれに色々な気づきや可能性を受け取る姿は喜びに満ちたもの。

この体験から約30年が過ぎた今、それぞれの皆さんはどんな人生を送られたのか。重力を友とし、サポートされて人生を送った皆さんの体験にとても興味があります。

グラバア先生はカフェル氏との出会いが人生の大きなターニングポイントになったと前述の著書に記していますが、垂直方向に整ったからだで過ごしたそれぞれの皆さんの人生がどんなものであったのか。

創始者アイダ・ロルフ博士は、垂直方向に整列した人々やそのコミュニティーが作り出す世の中を夢見ていたと言われています。

約30年後の今、ストラクチュラル・インテグレーションを通して、それぞれの皆さんが垂直方向に整ったからだで迎えるそれぞれの人生において、

体験された方への何がしかの気づきやサポートとして役立っていたのなら、これ以上の喜びはありません。

創始者アイダ・ロルフ博士の教え、思いを受け取り、先達から脈々と受け継がれる繋がりの中、実践を続ける私たち。

垂直立に向かって進化する種

である人類の可能性を拓くこの道にこれからも真摯に励みます。

◎おわりに

ストラクチュラル・インテグレーションを体験された皆さんはそれぞれに垂直立への目覚ましい変化、進化される姿を目の当たりにします。

(変化は目的としておらず、結果的にです…)

そしてこの重力場に生きる私たちへの大きな恩恵と必要性までも感じるようになります。

しかしながら、

この事実は知って頂けなければ存在しないのと一緒。だからこそボリリンはこれからも多くの方にこの素晴らしい情報を発信し続けます!

この情報を受け取って下さった皆様へ

重力にサポートされた楽で自由なからだから、

愛と笑顔の人生に繋がりましょう。

使命声明文 読んでる?

健全な「からだとこころ」 自分らしく輝ける「笑顔」から「正しい幸せ」へ

ストラクチュラル・インテグレーションプラクティショナー

「愛と笑顔」のボリリンです。

いよいよ9月。

雨模様のスタートでしたが、翌日は爽やかな晴天に恵まれ、酷暑続きだった8月の暑さから穏やかに変化していることを感じます。

そして今日は、台風21号が非常に強い勢力を保ちながら西日本に接近しています。本日は出張セッションの予定でしたが、お越し下さる皆様の安全を考慮し、延期とさせて頂きました。

今後の台風の進路に大きな被害が出ないことを願うばかりです。

さて、今日のひとりごとは

「使命声明文 読んでる?」

この道を歩む上でとても大切な意味をもつこの言葉についてまとめました。

◎偶然の再会

先日、都心に足を運んだ際に偶然、中村 聖一先輩と久々の再会からお話しする機会を得ました。

今日は不思議なご縁を感じる一日でした。先ずは今後の人生に大切で必要不可欠なお話を直感で即決!自分のあり方や行動次第で益々、展開が拡がることを実感します。そんな自分のあり方が人を引き寄せるのでしょうか?その流れは新規セッションのお申し…

横堀 正幸さんの投稿 2018年8月28日火曜日

そこでは近況報告を兼ね、仕事や生活などの多くの話題で盛り上がりましたが、話題に尽きることはありません。

その中でもやはり話題の中心となるのは

ストラクチュラル・インテグレーションに関する話題です。

なんといってもボリリンは聖一先輩との出会いでこの深淵なる世界を知ったのですから。

奇しくも再会の当日、Facebookの「過去の思い出」から3年前の投稿のお知らせが。

3年前の今日、この投稿を発信しておりました。本日の聖一先輩と偶然再会した場所はなんとこの投稿のEmiさんと出会った同じ場所!それぞれが思いがけずのタイミングで訪れたご縁でしたが、これも全てが必然!全ての出会いに感謝です。

横堀 正幸さんの投稿 2018年8月28日火曜日

ご縁を繋いで下さった恩人と同じ場所で聖一先輩と再会する偶然は本当に驚きです。

◎聖一先輩はこの道13年のキャリア

今ではセンションが重なり、数ヶ月先まで予約が取れない多忙な日々を過ごされている聖一先輩ですが、お仕事を始めた13年前の当初は大変なご苦労をされていたとのこと。

今でも世間に知られていないこのワーク。

13年前ともなればさもありなんです。

実は私も共通の知人を介し、大変だった頃のお話しをリアルタイムで知り、この世界で生きる現実の厳しさを受け取っておりました。

あれから時は流れ…

自らもこの世界に入り3年を迎え、こうして聖一先輩のご活躍を間近で拝見出来ることは大いなる励ましと刺激になりますね。

この道で13年のキャリアを重ね、これから大きなチャレンジに挑む聖一先輩ですが、

私なんてまだまだひよっこ

私が学んだエメット・ハッチンズ先生は30年もの間、真摯にこのワークを続けていたのだから。

と謙虚に話される姿に益々シビレます。

この道に真摯に励めば、必ず私たちを見つけてクライアント様がセッションに来てくれるから、 とにかくそれまでがんばれ!

と熱い励ましのメッセージを頂きました。

以前も聖一さんからこの励ましの言葉を頂戴しましたが、このタイミングで受け取るこのメッセージに改めて感じ入るボリリンです。

◎日本におけるこのワークの始まり

ちょっと余談になりますが、

日本におけるこのワークの歴史を遡れば、グラバア俊子先生が南山短期大学で開催されたボディワークのワークショップに辿りつきます。

開催されたのはなんと1987年ですから、既に30年以上も前の出来事です。私の知るところでは、国内でこの文化が知られるキッカケとなったのはこれが最初の機会だったと思われます。

(グラバア俊子先生のように海外で個人的にセッションを受けた方は少なからずいらっしゃったかと思いますが…

上記ワークショップ参加者の貴重な体験談をまとめた冊子をグラバア俊子先生より賜っております。ご興味ある方はボリリンまでご連絡を)

そのワークショップから我が国にこの文化が根ざす流れが始まったように理解しております。

こうしてこの世界に導かれチャレンジされる先輩方のご苦労と、今日の状況を切り開かれた日々の積み重ねがあって今があることを心より感謝申し上げます。

◎使命声明文 読んでる?

この道を真摯に歩む聖一先輩のお話は気づきに満ちた話題ばかり。楽しい時間はあっと言う間に時が過ぎて行きます。

そして、聖一さんから

ところで、

「Guild for Structural Integration(ギルド・フォー・ストラクチュラル・インテグレーション:GSI)」使命声明文読んでる?

との問いかけが。

そういえば…

3年前のHP開設時に読み込んだ記憶がありますが、近頃は暫く遠ざかっておりました。

過去を振り返れば、

会社員時代にはこのページの内容を何度も読み込んで、この道への憧れをより高めていたことを思い出しました。

私にとって心の支えのまさにバイブル!

魂を揺さぶられ、心の深い部分に響くものとして創始者アイダ・ロルフ博士からのメッセージを受けとり、感じ入っておりました。

○GSIの使命声明文(GSIの日本語HPより抜粋)

1.ストラクチュラル・インテグレーションは個人の成長と統合の手段であり、哲学である。

2.縦の線は基本的な考えである。縦の線の肉体的、生理的な体得は、物質界に存在する道であり、それは個人の成長と統合の基礎を形成する。

3.ストラクチュラル・インテグレーションの教えは「レシピ」とよばれる型を通して伝えられる。「レシピ」はアイダ・P・ロルフ博士の教えの伝統、基礎、そして核である。

読む度に深いエネルギーを受け取れますね。

実は前段の解説にも珠玉の言葉が溢れています。更に詳しく読んでみたい方はこちら

続けて聖一先輩は言いました。

苦しい時、俺はこの声明文を何度も読み込んで過ごしたよ。読む度にアイダ・ロルフ博士やエメット先生を感じることが出来るんだ。

この道に繋がれるのは博士に選ばれたから!

それを忘れず、自信を持ってワークを実践し、日々精進して行こう。

と励ましの言葉を頂戴しました。

聖一先輩からのメッセージにシビレまくりのボリリンは気づけば感動の涙に溢れておりました。

◎聖一先輩からのサプライズのプレゼント

こんな話題で盛り上がった久々の再会でしたが、聖一先輩から渡したいものがあるとのお声掛けから、ほど近い都心のセッションルームへ移動。

その道すがら、私が提供するワークを理解し、セッションに足繁く通って下さった心から信頼する仲間とバッタリ再会。

すれ違いざまのホンの一瞬の出来事でしたが、ハートで繋がる体験が待っていました。

この流れからの本当に嬉しい偶然ですね。

そして、セッションルームで手渡された一枚の写真は、なんと創始者アイダ・ロルフ博士の貴重なお写真でした。

なんというサプライズ!

お写真の博士はとても柔和な表情で微笑んでいらっしゃっいます。

私の最初の先生であるニール・パワーズ先生はアイダ・ロルフ博士から教師として使命された先生でもありますが、在りし日の博士は「炎のようなパワフルな女性」だったと聞いております。

そんな言葉もありますが、

この道を歩む私たちを優しい微笑みで見守って下さっていることでしょう。

この貴重なお写真はセッションルームに大切に飾らせて頂いております。

クライアントの皆様におかれましては、素敵な博士の微笑みをセッションルームにてご覧頂けたら幸いです。

このワークを心底愛し、師を敬愛する聖一先輩の心を確かに受け取らせて頂きました。いつもありがとうございます。

◎おわりに

こうした素晴らしいタイミングで出会いと出来事が起こるボリリンは本当に恵まれていますね。この必然のメッセージを受け取りながら日々のセッションに励みます。

そんな流れをボリリンのセッションでご体感下さい。きっと何かを感じることでしょう!

皆様是非、BORIRIN HOUSEへお越し下さい。

お楽しみに。

近頃のセッションから(2018.8)

健全な「からだとこころ」 自分らしく輝ける「笑顔」から「正しい幸せ」へ

ストラクチュラル・インテグレーションプラクティショナー

「愛と笑顔」のボリリンです。

暑かった8月も終盤に。

先週迎えた出来事は人生の中の大きな節目。

誰しもがいつか迎えるその時。

覚悟していたつもりでしたが、現実としてそれを受け止めるには…

もう少し時間が必要なようです。

そして、その経験はこれまでのステージが終わり、新たなステージが始まるサインとのこと。

自らの変化とともに、日常が落ち着いた時点で振り返ってみたいと思います。

さて、今日のひとりごとは

8月のセッションでの振り返りです。

今月はどんな気づきに満ちていたのでしょうか。

◎Hさま(20代女性:9回目)

比較的長いスパンで通って下さっているHさま。

統合セッションが進むに連れ、ご自身の中に起こり始めている変化を感じていらっしゃる様子。

わかちあいでは

もう終わってしまうのですね。

何故か…寂しいです…

正直な気持ちとしての何気ないひとこと。

心に響く嬉しい言葉ですね。

10回のセッション満了は新たな高みに繋がるステージの始まり。

これからはこの10回で得た「気づき」をそれぞれの日常で活かす機会が待っています。

重力にサポートされた新たなカラダとココロで受け取る気づきや経験を是非シェアしましょう。

○10シリーズ終了後のご案内

ベーシック10シリーズは10回で終了するプログラム。キチンと終わりがあるものなのです。

ステップアップしたからだは

重力がセラピスト

としてからだ癒し、安定させるものですが、その良い状態をより良く維持するプログラムとして、

・概ね半年後(または3ヶ月後)の単発メンテナンスセッション

・数回のメンテナンスセッション

・ポスト10シリーズ(全3回)

などのプログラムをご提案をさせて頂いておりますが、これはあくまで目安。

BORIRIN HOUSEはあなたが必要として下さるのであれば、いつでも対応しています。

過去にはこんな緊急対応も。

タイミングさえあえば、当日でも対応しているBORIRIN HOUSEです。

その可能性の扉を開けるのはクライアントさまご自身の選択と行動

必要と思って下さった時にはお気軽にお声かけくださいね。

次回はいよいよ10シリーズ満了の日。

10回を積み重ねることの意味をカラダとココロで感じとられることでしょう。統合されたHさまがどんな姿を見せて下さるのか。本当に楽しみです。

◎Tさま(40代女性:1回目)

○カウンセリングからのベーシック10シリーズへの再挑戦

先日、2年振りとなるベーシック10シリーズへの再挑戦が始まりました。

前回の体験はこちら

改めてアンケートに記入頂いてからのカウンセリングは、前回よりも掘り下げてお聞きします。

すると、ご自身でもすっかり忘れていたようなことも浮き彫りに。

今、カラダが語ることを大切にしつつ、

今後のセッションのキーポイントとなる事柄はご自身の気づきからも受け取れるものですね。

○ベーシック10シリーズの限界を踏まえ…

適切なタイミングでメンテナンスにもお越し下さるTさまでしたが、一度の10シリーズで全ての課題が完璧に改善・解消出来る訳ではありません。

その限界を知ること。

学びの中でも戒められておりました。

発現する変化はクライアントさまご自身が持ち合わせる可能性によるところでもありますからね。

○1stセッションでの恩恵

1回目のセッションは「胸郭の解放」ですが、筋膜の変化の早さは驚くばかり。

さすがのからだの気づきです。

セッション後の体感は呼吸が楽で自由になり、腕が肩からぶら下がる自由な感覚を実感。

そして、大地にしっかりと立つ足の意識。

背中が見せる表情はすっかり変化し、とても味わい深いスタートとなったようです。

○次回セッションへの期待

ベーシック10シリーズのリトライのTさまは前回のセッションで体感した脚の変化が衝撃的だったようで、次回の下腿セッションを楽しみにされています。

余談ですが、

彼女の社交ダンスはセッション以前とはまるで別人の表現と動き。そして、更なる高みを目指してのこのチャレンジがどんな可能性に繋がるのでしょうか。

垂直方向の更なる進化が興味深いTさまの素直なからだの変化が楽しみで仕方ありませんが、

期待は喜びを半減させるもの

過剰な期待は慎みながら、起こる変化を素直に受け取りましょう。

◎Sさま(30代男性:9回目)

こちらの統合セッションは上半身へのアプローチ。その時の状況はこちら。

「腰痛と倦怠感」がキッカケでご来所のクライアント様は今日が9回目のセッション。上半身の筋膜の繋がりを統合し、まとめ上げる回。セッション後のわかちあいではご自身の身体を円筒形のシリンダーに例え、内側から湧き出るエネルギーと安定感の…

横堀 正幸さんの投稿 2018年8月19日日曜日

セッション終了後にはこんな言葉が。

本当に…本当に…スゴイですね…

しみじみと、何度も何度もつぶやく彼の目には熱いものが込み上げていたようです。

このワークの本質を深い部分で感じて下さる姿に心が洗われる思いです。

カラダの変化もさることながら、こうした気づきを大切にするボリリンのセッションです。

◎Iさま(30代女性:6回目)

○久々のセッション

多忙さからセッションを暫くお休みされたIさまでしたが、ご自身の判断でセッションを再開して下さいました。

時間が空いたとしても、こうして歩みを再開し、続けて下さること。心から嬉しく思います。

5回目までのセッションで受け取った恩恵はキチンと発現し、立ち姿や深部からの動きでそれを確認出来ます。

6回目はカラダの背面へのアプローチ。

セッション後の直立したからだはすっと垂直方向へのリフトアップを感じます。

そのからだには骨盤や仙骨、脊柱の自由な動きが見えましたが、

軽やかな自らの脚の動きをタイヤに例え、

歩く度に推進力が高まる様子を驚きとともに喜びの笑顔で表現して下さいました。

○セッションからの新たな気づき

そんな変化を感じたセッション後のわかちあいでは、自分が色々なことを求め過ぎていたことに気づかれたとのこと。

ここにいたら良いのですよね。

ここにいること。本当に心地よいです。

と静かに語って下さいました。

とても勉強熱心で、いつも何かを求め、持ち帰ろうとして下さる意識の高い彼女でしたが、ここでまた新たな気づきを得たようです。

そう!今ここにいる、ある

究極、それだけでよいのです。

そこにあったなら、重力がからだをサポートし、得たいものはキチンと巡って来ますから。

大丈夫。安心してそこにいて下さいね。

次回はいよいよあのセッション。

更なる気づきと繋がりますよ!お楽しみに。

◎おわりに

ベーシック10シリーズ終了者へは

上記のメンテナンスセッションとは別に

・健全のブループリントと繋がるソースポイントセラピー®(エネルギーワーク)

・運命システム(誕生数から示される人生の目的や課題、精神法則のお話)

などのご案内もさせて頂いております。(もちろん終了されていなくともセッション可能です!お気軽にお声掛け下さいね。)

それぞれのセッションの組み合わせはカラダと共に魂を揺さぶるよりパワフルなセッションになりますよ!

こちらのお話しはまた改めて。

まだまだ酷暑が続くようですが、過ぎ行く夏を存分に楽しみましょう。