カテゴリー別アーカイブ: ひとりごと

「重力」感じていますか?

健全な「からだとこころ」 自分らしく輝ける「笑顔」から「正しい幸せ」へ

ストラクチュラル・インテグレーションプラクティショナー

「愛と笑顔」のボリリンです。

いよいよ7月も後半。

全国的な酷暑が続く日々ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。今朝のウォーキングは小休止。

市内のとあるホテルに出向き、成功者の貴重な体験談をお聞きする朝活です。

「早起きは三文の徳」といいますが、

早速、知人とエントランスでばったり再会!

そして、先日繋がった方と隣合わせになる偶然。

更には、昨日、SNS上で繋がった方にお会いする奇跡的な出来事が待っていました。

全て必然の出来事ですが、こうしたシンクロが日常的に起こるボリリンの朝活報告でした。

さて、今日はボリリンのひとりごと。

皆さんは重力と聞いて何を感じますか?

◎「重力」感じていますか?

ここで皆さんに質問です。

あなたは今この瞬間に重力を感じていますか?

空気と同様、存在をあまり意識しない重力。

万物を引き寄せ、繋ぐ力

母なる地球と私たちをと繋いでくれている力。

私たちが人間がこの世に存在するずっと前から存在し、常に働きつづけ、これからも働き続けるであろう力。

この問いかけにYES!と答えられる方はごく少数かも知れません。

しかしながら、この重力はとても身近で感じようと思えばいつでも感じ取れるものです。

例えば…

お手持ちの携帯から手を離してたとします。

さて、何が起こるでしょうか?

(起こる現象は自己責任でお願いします)

皆さんも何が起きたかは想像出来ますね。

私たちがこの重力の存在を意識するのは、疲労時などのからだの重みなどの重力に打ちのめされ、疲弊している状態の時でしょう。

ちなみに外部サイトにはこんな説明がされておりました。

さらに情報を調べると、

読み込むほどに種々の法則を示す公式が???

…ひたすら公式を覚えた大学時代の物理学を思い出します。

◎重力に抗ってみたならば…

さあ、ここで皆さんにお願いです。

今から重力に抗ってみて下さい。

エクササイズなどで「抗重力筋」を鍛えている方はその力を存分に働かせ、私たちに下向きの力を与え続るけるこの重力をご自身の力で頑張り、気合で乗り越えてみましょう。

重力ってこんなもん?軽い軽い!

といった感じでしょうか。

頑張れ頑張れ!

気合だぁ!気合だぁ!気合だぁ〜!

まぁ、そこまでしなくても、この短い時間の中ならクリア出来た方は多いと思います。

しかしながら、これを長い時間で捉えるならばどうでしょう。

この重力は普段の生活では存在自体を忘れてしまう位の微細な力であり、人間が発揮できる瞬発的、持続的なエネルギーと比較してもとても小さな働きです。

しかも、

一時も休むことなく作用し続けています。

最初は意気揚々とトライし、ある一定の時間ではその目標を達成できるかも知れませんね。

が、しかし、

一日の生活の中などの長いスパンで考えた時はどうでしょう。

そのうち意識も薄れ、疲労も重なり…

やがてはその気持ちも途絶え…

その疲労困憊した状態からでも重力は容赦なく下向きの力を与え続けます。

そこにプラスして、肩こりや腰、膝の痛みなど、からだの不具合をもって日常を送っている方も大勢いらっしゃるかも知れませんね。

そんな中、

私たちは重力への抗いを諦め、重力に従わざるを得ない状態になるでしょう。それは完全に重力に屈している状況です。

それでも「頑張り、気合」で重力から逃れられる方はいらっしゃるのでしょうか?

この重力

作用し続ける私たちのからだに常日頃、働いていることや、逃れようのない力であることをご理解頂けたことでしょう。

◎重力に対して無理のないカラダの状態とは

では、この重力場において私たちのからだはどんな状態なら無理がなく、効率的で楽な状態なのでしょうか?

それは、

・耳(外耳道の中点)

・肩(上腕骨頭)

・股関節(大腿骨頭)

・膝

・足関節(外踝)

これらのからだの指標となる各部位を垂直方向に存在するライン(垂直線)に対して整列させることなのです。

その状態は水平性も整い、中心軸が明確になっています。

まさに垂直に立っている状態です。

さて、どうしたらその状態に近づくことが出来るのでしょうか?

ボリリンの提案は次回のエントリーにて!!

学びのノートから

健全な「からだとこころ」 自分らしく輝ける「笑顔」から「正しい幸せ」へ

ストラクチュラル・インテグレーションプラクティショナー

「愛と笑顔」のボリリンです。

いよいよ7月に突入!2018年も折り返しですね。

西日本を中心とした先の大雨は大きな被害をもたらし、自然の力の前に私たちは無力であることを感じざるを得ない出来事となりました。

被災された皆様にお見舞い申し上げますと共に、一刻も早い復旧と平穏な日々が戻ることを心よりお祈りいたします。

全国的に悪天候が続く中、比較的穏やかな名古屋でしたが、7月から新たなチャレンジとして早朝ウォーキングを始めました。(本日で11日経過。毎日継続中!)

途中の公園では人生の先輩方に混じって「ラジオ体操」からの「太極拳」にもチャレンジ中!

ゆったりした動きですが、連続性のある滑らかな動きを意識すると運動量は多くなり、軽く汗がにじみます。こうした清々しい早朝の活動は「カラダとココロ」の統合へ繋がりますね。

さて、今日は7月初投稿のひとりごと。

先月の6/27にプラクティショナー認定から3年を迎えました。

「もう3年?まだ3年?やっと3年?…」

と色々な思いが交錯しますが、それは月末の3周年で綴ることにして…

今回はふと読み返したトレーニングノートから気づいたことについて綴ってみたいと思います。

◎Dr.Rolfの教えを受け取ったトレーニング

○プラクティショナー認定国際トレーニング(ORT-2015)

遡ること3年前(2015年5月〜6月)に参加したプラクティショナー認定国際トレーニング(ORT-2015)

6週間に及ぶトレーニングクラスはストラクチュラル・インテグレーションのベーシック10シリーズを行う上で道標となるレシピを学び、実践の中から探求する機会です。

垂直方向に進化・統合され、重力にサポートされるカラダを見出すための方法がこのレシピ。料理と同じ意味合いで使われる表現ですが、このレシピに従ってセッションを行えば、この重力場で統合されたカラダになってくるという虎の巻でもあります。

「Dr. Rolf say…」から始まるレッスン。

トレーニングクラスでは私の言葉は創始者アイダ・ロルフ博士の言葉として置き換えてね。とのアナウンス。

「口伝」で教授されるこのクラスには教科書はありません。

よって、トレーニングに参加する学生は先生の言葉やデモワークからレシピを受け取ろうと理解した内容を懸命に書き込みます。そのノートは先生から受け取った沢山の言葉に溢れていますが、言葉の振り返りはプラクティショナーとしての理解を深める時間となっております。

数冊に及ぶこのノートはこの道を歩むボリリンの大切な宝物!我ながらよく書いた(描いた)ものですね。

○ロルフⅡ世と呼ばれるニルシー先生

認定国際トレーニング(ORT-2015)のインストラクターはニルシー先生。彼女は1983年に分裂前の組織であるロルフ研究所(RISI)でキャリアがスタート。母国ブラジルでは二人目のプラクティショナーとして認定を受けています。

その後、分離独立したGSIにおいてアイダ・ロルフ博士から直接教師として指名されたインストラクターのアシスタントを長年勤められ、多くのトレーニングクラスに携わった先生でもあります。

古参の先生方には在りし日のアイダ・ロルフ博士に重なるイメージがあったそうで「ロルフⅡ世」と呼ばれていたとのこと。

クラスの仲間は受け取るレシピや言葉、そしてニルシーのあり方から心の深い部分でアイダ・ロルフ博士を感じていたことでしょう。

◎カラダはココロのいれもの

久々にノートをめくり、ふと目に止まったのがこのこの言葉。

「カラダの現実を変えることによって、感情の容器を違うものにできる。すると、新たな容器(カラダ)に感情が合わなくなってゆき、結果として新しい感情(ココロ)になる。」

なるほどな言葉です。

自分を守ろうと頑なに鎧のように固くしているカラダの動きは

「ぎこちなく、呼吸も浅く、窮屈で苦しそう」

私たちは多くの場合、カラダ(ココロ)の状態の反映として「姿勢や呼吸」を選択し「動作やふるまい」として無意識に表れています。

こうしてカラダに存在する筋膜の制限を解放し、垂直方向にカラダが整ったときのココロの変化は

まさにカラダはココロのいれもの」

であることが納得出来ますね。

こうして受け取った言葉の数々はどれも印象深いものですが、それぞれの言葉が今のボリリンのセッションに活きていることを実感する毎日です。

なお、ストラクチュラル・インテグレーションでアプローチするのはあくまで「筋膜」であることを申し添えます。

◎垂直方向に進化統合された人々が創り出す世界

上記の言葉はストラクチュラル・インテグレーションが導く人間の可能性の一つですが、ベーシック10シリーズを受けたカラダは、筋膜があるべき位置に整えられることによって各部位が水平・垂直方向に整い、中心軸が現れます。

その結果、その中心軸が「垂直立」に近づことにより、重力を友とし、垂直方向に進化統合した人間が誕生するとしています。

アイダ・ロルフ博士はこのワークを通じて統合された人々が増え、そうした人々のコミュニティーが創り出す世界に注目していた方でもあります。

その考察の一部が以下の書籍に引用されていますが、この示唆から

「感覚的な体験から思考が生まれる」

というヒントを得たのが日本におけるボディワークの先達、グラバア俊子先生。ボディワークの観点からの「からだから始める」という考え方はこの引用から生まれています。

(参照:新・ボディワークのすすめ グラバア俊子 P220〜P224)

◎おわりに

地球上に存在する約75億の人類からすれば、垂直方向に統合された人々はごく少数派。

しかしながら、プラクティショナー認定から3年の歩みは出会った方々の「統合」に繋がるためのお手伝いであり、アイダ・ロルフ博士が望んでいた世界の実現に微力ながら貢献している自負もあります。

私が学んだGSIのHPには

「このワークに携わることは一生涯継続して学ぶ知的なチャレンジであり、さらに内なる智を高める心身の統合への決意である」

という一節がありますが、

皆様により良いセッションを提供する為に必要な私自身の「統合」に向け、日々の歩みが大切であることを強く感じるボリリンです。

重力を友とすることで発現し、より大きく拓く

「人間の可能性」

こうしたボリリンの地道な発信ですが、これからもその「可能性」に繋がるストラクチュラル・インテグレーションを発信して参ります。

新たな皆様との出会いを楽しみにしております。

スタジオD’zミニ発表会

健全な「からだとこころ」 自分らしく輝ける「笑顔」から「正しい幸せ」へ

ストラクチュラル・インテグレーションプラクティショナー

「愛と笑顔」のボリリンです。

6月も下旬に突入し、本日は「夏至」を向えましたね。

陰陽で表現すれば今日は「陽極まる日」。

これから「陰極まる日」の冬至に向けて季節が巡って行きますが、四季の季節の流れを感じつつ、止まることのない日々の時の流れを自覚したいものですね。

さて、今日は完全なるひとりごと。

先日、私が通うスタジオD’zにて社交ダンスのミニ発表会が開催されました。

今回はそこで感じたことを。さてさて、ボリリンは何を感じたのでしょうか。

◎スタジオD’zが提唱する「コミュニケーションダンス」

あることがきっかけでチャレンジが始まったスタジオD’zでの社交ダンスレッスンは7年目に突入。

社交ダンスの「社交」の部分を大切にするスタジオの方針から、ダンスを通して自分自身を知り、人と人とのコミュニケーションを学んでいます。

いわゆる巷の「社交ダンス」からすると、ちょっとイメージが違うかもしれないスタジオD’zでの社交ダンスレッスン。

主宰者の杉山まゆみ先生の革新的なダンスは「社交」や「コミュニケーション」の本質を探求する深淵なものですが、ダンスのカラダの動きを通して多くの気づきを受け取っています。

会社員時代から始めた社交ダンスの趣味の継続は、人生の転機とも重なり、自分史上最高の大きな変化を年々更新中!

スタジオでは半年に一度、お客様をお招きしてダンスを披露する機会がありますが、今回は慣れ親しんだスタジオD’zでの開催です。

さてさて、ボリリンのダンスはどんな表現だったのでしょうか。

◎リハーサルから伝わる「表現する喜び」

生徒サークル(D’zプラネッツ)役員でもある私は、日々のレッスンやイベントを報告する生徒限定Facebookグループの運営担当者。

そんなお役目の私ですが、発表会当日は早めに会場到着。一番にリハーサルを済ませ、皆さんの到着を待ちます。

まゆみ先生の見守る中、出演順にリハーサルが始まりましたが、適度な緊張感の中、皆さんが表現するダンスや表情は喜びに満ちていました。

既にリハーサルを済ませたボリリンは皆さんの踊る姿を写真に収めておりましたが、皆さんの喜びの姿を見ているだけでワクワクします。

まさに喜びの連鎖!何度となく踊りたい衝動にかられていました。

ご指導下さるまゆみ先生曰く、

皆さんの表現が素晴らし過ぎて。ここで完全燃焼しないで下さいね。本番大丈夫ですか?

とのお言葉が出る程の集中力。まさにスタジオD’zが提唱する

「感応と共振」の発現ですね。

◎お客様のお迎え

リハーサルが終わり、お客様をお向えする準備に励むD’zプラネッツメンバー。

事前打ち合わせで調整した大まかな役割分担はありましたが、それぞれの方が率先して行う準備はスムーズな運営に繋がり、日頃の皆さんの「あり方」がそのまま表れていたように感じます。

そして、自分たちがお客様を迎えるという心遣いが自然な会話やコミュニケーションとして表れた皆さんの「あり方」は素晴らしいですね。

皆さんが見せた何気ない一面ですが、

「一事が万事」

こんな素敵な一面を見せる仲間の姿にスタジオD’zが伝える「社交」のメッセージを一人一人が受け取っていることを感じるボリリンです。

そして向えたドアオープンの時間。素敵にドレスアップされたお客様が続々と入場されます。

ドレスコードは「パステルカラー」

アテンド役のボリリンは自前のファッションコーディネートでお出迎え。

 

 

 

 

 

 

 

ドアマンとしてのおもてなしはなかなかインパクトがありますね。笑

◎全員参加のダンスタイム

スタジオD’z恒例、ご来場の皆さん全員参加のダンスタイム。

いわゆる「社交ダンス」のパーティーダンスとは違い、まず手と手を取ってお互いの波を感じ、曲に合わせてカラダを揺らす動作から始まります。

ここでは特別なステップはなく、ダンス未経験者も安心して参加出来るプログラムです。

こうした動きは普段のレッスンでも大切にしている部分。

私たちは慣れ親しんだものですが、参加者全員が見せるその動きは次第に同調し、会場全体が一体になる感覚を覚えます!

その感覚は心地よく、曲に合わせて自然にカラダが動きを求めます。まさに喜びに満ちた感覚に繋がる動きですね。

参加者の方々からは

・○○年ぶりに夫以外の男性と手を取り、ドキドキしました。

・感動感動!ダンスって良いですね。

・素晴らしいダンスに感動しました。私もレッスンに通います。

・向え入れて下さる皆さんの雰囲気に安心してダンスが出来ました。

こんな言葉を頂戴しております。

自然に喜びを感じ取れるスタジオD’zのダンスを皆様にオススメします。

◎ダンスの表現から

プログラムは進み、リハーサルで素晴らしい表現を見せた皆さんのダンス発表が次々と行われます。

本番の発表では緊張やアクシデントはつきもの。

それぞれのペアで色々なことが起こりますが、それを乗り越えての表現は美しさと共に強さも兼ね備えているよう。

そして、共に学ぶ皆さんの表現からそれぞれの成長を感じます。

自分のことは棚に上げて語るボリリンですが、

この映像から皆さんは「何」を感じますか?

社交ダンスを始めた頃に先輩から上達する秘訣として頂いた言葉は、

「続けること」

途中、仕事の忙しさでレッスンをお休みしたした頃もありましたが、こうした言葉の意味をしみじみと感じるボリリンです。

◎おわりに

発表会では映像からは感じ取れない息遣いや二人の雰囲気や世界観を見る人の五感で感じ取れる貴重な機会。

スタジオD’zが伝える「コミュニケーションダンス」を是非、リアルで感じて頂ければ幸いです。

ボリリンも参加するまゆみ先生の日曜レッスン、そして金曜日は初心者限定!かおる先生の「艶肌レッスン」に是非ご参加下さい。

ボリリンと一緒にダンスが出来ますよ!

是非ご一緒しましょう。

受け取る言葉から

健全な「からだとこころ」 自分らしく輝ける「笑顔」から「正しい幸せ」へ

ストラクチュラル・インテグレーションプラクティショナー

「愛♡と笑顔」のボリリンです。

いよいよ6月がスタート。街は緑が日増しに鮮やかになってきましたね。

先日出向いたイベント会場から見渡した素晴しいロケーション!日光を浴びた街の緑はより鮮やかに輝いています。

いつかはこんな都心でセッションを提供したいものです。

さて、今日の話題は「受け取る言葉から」。

先日、ご縁を頂いた方々との会話から気づきに満ちた言葉を受け取ったので、自分への備忘録としてまとめました。

私には「辛口」の内容ですが、皆さんはどう感じ取られるでしょうか。

◎思うように受け取ってもらえないのは「誰のせい?」

日常生活でのコミュニケーションの中、

自分の思い通りに物事が運ばなかったり、相手に思いが伝わらないことを経験されることはありませんか?

かくいう、ボリリンも

無意識に人の行為や物事、そして結果に「期待」を求め、それが現実化しないことで気持ちが折れて、落胆することが「時には」あります。

そんな中、とあるイベントの懇親会にてテーブルを囲んだ方との会話から、最近感じるそんな疑問が話題となりました。

そこで頂いた言葉はズバリ!

それはあなたの「思考」が引き寄せています!

受け取った人が見せる「行動」はそのままあなたの「思考の反映」ですよ。

とのお言葉を頂くことになりました。

私にとっては衝撃的な言葉でしたが、ここまでハッキリと言われると返す言葉がありません。苦笑

この言葉を受け取るには自分の「あり方」と向き合い、日々を省みることが必要ですが、こうした「思考」の積み重ねは日常の多くの「行動」に影響し、それを相手に「表現」していることは理解出来ますね。

◎目の前の現実を「自分以外」の責任にしていませんか?

○期待している自分

こうした指摘から、自らのあり方を振り返る時、

恥ずかしながら…日々の出来事の中、人間関係やお仕事も含め、

相手に対して

「〜を期待していること」に気づかされます。

「〜してほしい」、

「〜そうあってほしい」、

「〜そうあるべきだ」etc

そんな期待を込めた気持ちが浮かぶことも…あります。

(自らのエゴですね)

ある先生から頂いた「期待は喜びを半減させる」との言葉を思い出しますが、期待が外れた時には大きな落胆とマイナスの影響を受けますね。

○自らの責任としてとらえられるか

頂戴したその言葉から、

目の前に表れる出来事全ての現実は

「100%自分の責任」

これが今、私が理解し、感じることです。

今夏にはこのお仕事を始めて3周年を迎えますが、ここまでの経験も踏まえ、受け取った言葉に納得する自分がいます。

「時間、環境、場、人」など、いくらでも理由はつけられるものですが、そうした自分の「思考」がその現実を呼び寄せているようにも感じます。

こうした言葉は先人から受け継ぐ叡智にも示されていますが、起きている現実にどれだけ「責任」を持てるかが大切ですね。

○それが「自分の選択」であるならば

そして、その現実の責任が「自ら」が選択し、行動したものならば、どんな結果としても納得して受け取れますね。

それが出来ている時は計らずも「自分の人生」を生きていることになりますからね。

もし、今の現実が望む結果との間に乖離があったのならば、その歩みを振り返り、原因と結果から見えることを整理し、行動を改善してゆけばよいのですから。

そんな時こそ「変化」への大きなチャンスですね。

こうしたことは「わかったつもり」ではいつまでたっても変化はありません。

しかしながら、最初から全て完璧にをやろうとするのは非現実的。

先ずは、そんな期待をしている自分に「気づくこと」から始めるのが次への道に繋がりますね。

「1step UP」

まさに「一歩一歩」の歩みが大切ですね。

◎ボリリンとの出会いから繋がるもの

なかなか深い話になってきましたが、

話題は変わって、BORIRIN HOUSEにお越しの皆さんにお伝えしていることがあります。

ボリリンと出会えた方は

ストラクチュラル・インテグレーションが導く「重力との調和」などの恩恵に出会える権利を持つ、本当に幸運な方なのです!

そして「愛♡と笑顔」のボリリンとの出会いをあなたが引き寄せていることを自信を持ってお伝えしています。

ボリリンとの出会いと通して受け取れるものは人それぞれ違いますが、「笑顔とともに輝けるからだ」を共に探求できる権利があるのです!

そして、このブログを見て下さっている皆さんもその「出会いの循環」の中にあることをお伝え致します。

◎不思議なご縁

余談ですが、冒頭の言葉を下さった方は、多くの悩める皆さんを幸せに繋げる役割をお持ちの方。

そういえば、ボリリンはこうした「世の中を明るくする役割」を果たされる方々とご縁を頂くことが多いのです。本当に不思議ですね。

あっ、これも自分の思考が引き寄せている?こちらは肯定的に受け取ろうと思います。

そして、このブログはとあるカフェにてまとめていますが、隣り合わせた気品溢れるご婦人との偶然の出会い。

クラシック鑑賞に向かわれる前に立ち寄られたとのことで、お仲間との会話に花が咲き、お騒がせしましたとのご挨拶から名刺交換へ。

こうした出来事も「全ては必然」

自分が引き寄せているのでしょね。きっと。

◎おわりに

今日のこの話題は皆さんにとってどんなタイミングで受け取ることになるのでしょうか。

それぞれの方が何かのヒントになれば幸いです。

重力にサポートされたカラダならそんな「気づき」にも「楽で自由」に繋がるもの。

これからも皆さんとの出会いを心から楽しみにしているボリリンです。

その日が必ず訪れますように!

友人の言葉から

健全な「からだとこころ」 自分らしく輝ける「笑顔」から「正しい幸せ」へ

ストラクチュラル・インテグレーションプラクティショナー

「愛♡と笑顔」のボリリンです。

既に5月も中旬。気温の変動が激しい毎日ですが、季節は確実に巡っていますね。

日々の忙しさに忙殺されがちな私たちですが、そんな循環の中に生かされていることを自覚したいものです。

さて、今日は友人のスピーチで受け取った言葉から感じたボリリンのひとりごとです。お時間のある方はお付き合い下さい。

○友人のスピーチ

「人生を幸せに生きるため」の大切な学びを探求し、実践する友人がご自身の「成功体験」をお話下さる機会に足を運びました。

ここ数日にしてはちょっぴり肌寒い日でしたが、晴天に恵まれ、小鳥のさえずりが心地よい朝。この時期の早起きは清々しいですね。

テーマは「運命の出会いは直感にあり」

登壇する彼女の姿は笑顔に溢れ、聞き入る人を惹きつけるスピーチは成功者の数々のヒントが盛り沢山!

その「直感」に繋がる経験から伝わる言葉は実に説得力がありますね。

心に残った言葉をいくつかピックアップします。

○直感に従えば「迷い」はなくなる

彼女は素早い「判断、行動」が特徴の人。

そのスピード感はどこからくるのだろうか?といつも興味を持っていましたが、こうした行動は「アタマ」ではなく「直感」が導くスピードなんですね。

時に「不安や戸惑い」であれこれと迷うこともあったとのことですが、そんな「アタマ」で考えている時は「初動」が鈍り、素早い行動が妨げられていたとのこと。

中にはそこまでの「労力と時間、努力」をリセットしてしまう選択も。

しかし、更なる新たなステージでの活躍にはそれをも「手放す」潔さも必要なことが伺えます。

数ある人生のターニングポイントでは特にその「直感」が冴えていたとのことでした。

○自分の力ではなく、与えられる力

そんな「直感」は自分が気づくというよりは

「気づかされる」ことを感じているとのこと。

なるほど!

確かに自分が「直感」を感じるというのも、その状況はまだ「思考レベル」のような気もします。

何かに「気づかされる」ことをキャッチすることが直感に繋がる秘訣のようですね。

その「与えられる」メッセージに気づくことは、心身共に整っていなければ受け取れるものではありません。

それは、その人の「あり方」にも通じますね。

こうした言葉は成功への「叡智」が凝縮されていますが、ここにはチャンスを掴む名人になるヒントがありますね。

さすが成功者の言葉は説得力が違います。

○命の繋がり

続けて彼女がお話し下さったのは

「今の自分の力ではなく、命の繋がりを大切にする中、ラッキーメッセージを受け取らせて頂いている」

そのあり方は「素直で謙虚」

連綿と続く「命の繋がり」は私たちが両親、そしてご先祖様から受け取った大きなギフト。私たちを温かく見守って下さる存在からのメッセージを感謝を持って受け取らせて頂いている。

そんな彼女の「あり方」が事業の成功を引き寄せ、前に進む原動力となっていることが伝わる学びに溢れた彼女の言葉ですね。

○ワクワクの中

直前には体調不良も重なり、大変な時期もあったとのことでしたが、この機会が決まってからワクワクの中、過ごしていたとのこと。

当日の彼女は緊張している様子はなく、実にワクワクしていて楽しそう。(実は緊張してました。とのご報告がありましたが、堂々たるもの。スピーチを楽しんでいましたね!)

そして、無私の心で純粋に彼女をサポートする学びの仲間の存在。

こうして「良い流れ」を引き寄せる皆さんのエネルギーは周りも明るく照らし、人や物、お金や機会を引き寄せるように感じます。

その「ワクワク」の中にいたら、良い流れからの結果に導かれるものですね。

彼女の学びから受け取った言葉が今の自分のあり方に通じるものがあり、こうして足を運ぶことに意味があったと感じるボリリンです。

○根本は一緒

彼女が伝えて下さった言葉は、ボリリンが伝える「運命システム」やセッションの中でお伝えする言葉に近いことを感じます。

その言葉は示唆に富み、「人生の目的」や「超えるべき課題」などの深い気づきに繋がりますが、その言葉から自分のあり方を見つめ直す機会に繋がる方も。

世の中には先達が残した叡智を伝える精神修養や心を豊かにする学びが数多くありますが、

私たちがこの世の中で幸せに生きるための

「真理、原理、原則、法則」

これらの根本は同じなんでしょうね。きっと。

多くの共感する部分を感じ、納得の時間となりました。

○からだの重要性

そんな素晴らしい言葉を実践する彼女の言葉から、その行いを実践する「からだ」の重要性が浮かんで来ました。

ボリリンが伝える

ストラクチュラル・インテグレーション

垂直立が導く「重力との調和」から生まれる「人間の可能性」に繋がることをお伝えしていますが、

あれこれ難しいことを語るのは抜きにして、

純粋に「愛♡と笑顔」に繋がるアプローチとお伝えすることにしましょう!

そういえば、

「世界平和」の為にこの仕事をしていると自信に溢れた言葉で伝えて下さった先輩のことを思い出しました。

まさにこのお仕事は「世のため人のため」の実践ですね。

○おわりに

彼女自身の貴重な成功体験、そして学びからの大切なメッセージ。

この機会に足を運んだのも一つの直感でしたが、変化は「行動」があって起こるもの。

これからもボリリンは実践に励みます。

貴重な機会をありがとございました。

頼まれ事は試され事

健全な「からだとこころ」 自分らしく輝ける「笑顔」から「正しい幸せ」へ

ストラクチュラル・インテグレーションプラクティショナー

「愛♡と笑顔」のボリリンです。

GWも足早に過ぎ去り、今日からお仕事の方も多いかと思いますが、皆さんはどんな休日を過ごされましたか。

GW明けの今日は雨模様ですが、

GW後半は心地よい気候に恵まれましたね。

こんな晴天に誘われてウォーキング!からの街中のカフェへ。

心地よい天気は心も晴れやかになりますね。

今日の話題はこのところ感じる

「頼まれ事は試され事」についてです。

仕事柄、多くの方と出会い、お話しする機会がありますが、そこで出来たご縁や長年のおつきあいも含め、色々な場面でお声かけを頂きます。

昔から「頼まれ事は試され事」といいますが、

そんな場面はボリリンにも新たなチャレンジとなっています。

ちょっと覗いてみましょうか。

○信頼からの「お声かけ」

日頃からボリリンを信頼下さるクライアント様からのご連絡。

スキンケアを通して、その人の「真の輝き」を導くお仕事に励む彼女。

クライアント様の問題解決を喜びとし、

人と人を繋げる役割を果たす彼女からボリリンの「あり方」をお客様にご紹介したいとのお声かけ。

ボリリンの「イキイキと自分の人生を生きる姿」に共感し、ご自身のお客様にそんな私をリアルに感じて欲しいとのこと。

ご依頼に「私でいいの?」とお返ししましたが、

「まさにイメージにピッタリ!」

との返信に気をよくしてその場に出向きます。

初対面の方とのやりとりは穏やかに進みますが、

「袖触り合うも他生の縁」

お相手にとって、私との出会いがどんな形で活きるかはわかりませんが、こんな人生を歩んでいる人もいるんだと少しでも感じて頂ければ幸いです。

「プラクティショナー」として、

そして、一人の「人間」としての「あり方」に共感して頂けるのは本当に嬉しいことですね。

○クライアント様からのSOS

セッションのご連絡は突然に訪れます。

約半年前に10シリーズを終了された方からのご連絡は今の状況がとても苦しそうなメッセージ。

緊急性を感じて、すぐお越し頂きましたが、

終了した約半年の間に、喜びに満ちた楽しい人生が始まった反面、辛い経験があったり、仕事が多忙で精神的に余裕が無かったりと人生の大きな「うねり」を感じていたとのこと。

自覚症状としても

「呼吸が浅く、苦しい」とのこと。

GWのさなかにこうしてご連絡を頂くのは余程のことだったのでしょう。

案の定、呼吸に苦しさに繋がる「胸郭の制限」が身体的特徴として見てとれます。

そんな状況を乗り越えるために選んで下さったのが私へのご連絡。こうして「助け」を求められることは大きな成長ですね。

わかちあいから早速のセッションに入りますが、10シリーズが終了している「からだ」は反応がとても早く、心地よい呼吸が通り、胸郭の緊張も早い段階で解消します。

そして、重力がサポートしている「からだ」であることを再認識頂くセッションから多くの気づきを得て下さいました。

今回のお声かけもそうですが、こうして自ら「気づくこと」は更なる気づきに繋がります。

「ボリさんとお話すると色々なものが浄化されますね。救われました。本当に足を運んで良かったです!」

との嬉しいコメントを頂戴し、足取り軽く、とびきりの笑顔でお帰り下さいました。

ベーシック10シリーズで「重力のサポート」を受け取れるからだに導かれますが、

こうした時折のメンテナンスが「より良い」コンディションを保ち、有効性を確信するセッションとなります。

これもクライアント様ご自身の

「選択と行動」の結果。

そんな選択をした自分を大いに褒めてあげて下さいね。とアドバイスするボリリンでした。

○ボリリンからの発信

基本的にはこうしたご連絡を「受け取る」ことの多い私。

「与える」ことへの取り組みとして「発信」にチャレンジしていますが、このブログやSNSでの発信がそれに当たります。

こうした「能動的な動き」がまだまだ小さい私ですが、

こうしたボリリン発の「発信」への取り組みが、

受け取って下さった方の「気づき」に繋がり、小さな「癒しや喜び、平安さ」に繋がればこれほど嬉しいことはありません。

日頃お伝えしている「人生の可能性」はそんなところにも芽生えます。

もっと大きく言えば、

その後の「人生」が変化するかもしれません!

(私の体験がそうだったので話題は自然とそこに繋がってしまいますね。前述のクライアント様もボリリンとの出会いが大きな「きっかけ」でした!と、とびきりの笑顔でお話し下さいました)

嬉しい言葉に益々調子に乗るボリリンです。

○おわりに

そんなチャレンジングなGWでしたが、

実は他にも

・未来の可能性への貴重な情報に触れるお声かけ

・イベントコラボレーションへのお声かけ

・久々のメンテナンスセッションへのお声かけ

などの「頼まれ事」はまさに私にとっては「試され事」

全ては「信頼関係」で繋がりますね。

こうした「頼まれ事」はまさに「今」置かれている自分自身のステージを上げる絶好のチャンス!

頂くお声かけには

「ハイ!喜んで!」と反応してしまう私です。

こうした「試され事」は信頼関係があって初めて起こることですが、これからもその「信頼」を真摯に築きあげることを誓うボリリンです。

5月の心地よい風の中、BORIRIN HOUSEで

自分らしい笑顔とともに輝かる「からだ」一緒に探しませんか。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

言葉の力

健全な「からだとこころ」 自分らしく輝ける「笑顔」から「正しい幸せ」へ

ストラクチュラル・インテグレーションプラクティショナー

「愛♡と笑顔」のボリリンです。

気づけばあっと言う間に「4月」も終盤へ。

ここ数日はお日さまの恩恵を受けながら、この季節らしい心地よい陽気が続いていますね。

今日からGWが始まった方も多いのではないでしょうか。

昨夜の繁華街は休暇を迎える皆さんの賑やかな声が響き、会社員時代のお休みを迎える前日の「ワクワク感や開放感」が懐かしく感じます。

(BORIRIN HOUSEはGWも元気に営業中!)

こちらは先日出かけた運河の風景。爽やかな風に吹かれて気持ち良く泳ぐ「鯉のぼり」。

まもなく5月!端午の節供を迎えますが、季節は確実に巡っています。

さて、今日は最近感じた「言葉の力」について書いてみました。

◎言葉の持つエネルギー

皆さんは普段、ご自身が使う「言葉」に気づくことはありますか?

仕事柄、多くの方と接する機会が多いボリリンですが、「社交の場」では多くの方とお話する機会を持ちます。

(最近は特に頻繁に)

その人が持つ「容姿」や「存在感」など、

「ノンバーバル(非言語)」で伝わるイメージからその人のイメージを作ることが多い私達ですが、

そこで出会う皆さんとのコミュニケーションは「会話」から相互の理解が始まります。

表情やその方の醸し出す雰囲気などもその理解が進む要素になりますが、そこで交わされるのはお互いの「言葉」です。

こうした社交の場に参加される方々はエネルギーに満ちていて、それぞれの個性が溢れています。

そのコミュニケーションでは相手を笑顔にさせるとても前向きな言葉が伝わり、その言葉を受け取る私も元気になりますね。

言葉は「言霊(ことだま)」と言いますが、

会話のキャッチボールからそのプラスなエネルギーを感じる時間。そんな社交の場はエネルギー交換の「場」でもありますね。

◎クライアント様からの「前向きな言葉」

相変わらず神出鬼没のボリリンですが、

受け取った「言葉の力」の話題をもう一つ。

ベーシック10シリーズ」を受けて変化したことについて、あるクライアント様から頂戴した生の言葉をご紹介します。

長年「思い立っては断念し、チャレンジを思い留める」サイクルにあったある出来事について、

このベーシック10シリーズを受けてから、

チャレンジへ行動がスムーズに出来たとのこと。

そして、その後に起こる出来事のタイミングが良い流れを持っているとのお話を頂きました。

新たなチャレンジには大きなエネルギーが必要ですが、まさに自らの意思で行動し、選択する「自分軸」の人生を生きていることが伝わります。

本当に素晴らしい「行動と選択」ですね。

この動けない「もどかしさ」

そして、軽やかに行動出来る爽快感!

ボリリンも経験しているのでよくわかります!

(私の場合は人生を変えてしまうチャレンジに繋がりました。全てが必然のタイミングで起こる出来事ですが、ボリリンのセッションからそんなところも移るのかも知れませんね。)

◎もうひとつの「前向きな言葉」

また、こちらのクライアント様の近況として

ご本人にとって、健康面の気がかりなことに向き合いながら不安な日々を過ごしていたとのこと。

皆さんの持つ誕生数から導かれる「人生の目的」をお話する「運命システム」ワークショップにもご参加下さっている方でもありますが、

そこで受け取ったメッセージの理解とともに

その言葉を信じ、不安を素直に受け入れるご自身の「あり方」を見出せたとのこと。

結果、その不安は解消されることになりましが、

必要なタイミングで受け取ったメッセージが、人生のひとつの場面で活きていること。

紛れもなく、ご自身が受け取ったこの「気づき」

本当に嬉しい出来事ですね。

◎言葉を伝える姿から

人生の不安な場面で迎えた「気づき」

不安を乗り越えた清々しい眼差しと心からの気持ちを込めたご本人の言葉はエネルギーが満ち溢れ、受け取る私の心に深く響くメッセージ。

その「言葉と表情」は人生を前向きに歩んでいることが伝わるものでした。

ストラクチュラル・インテグレーションで「垂直立」が実現し、「重力のサポート」を得たからだを持った皆さんは

「自分の脚で大地に立ち、前向きに人生を歩んで行ける」ことを実感します。

まさに言葉に言霊が宿ったメッセージ。

これからも益々よい流れを実感することを心から願っております。

素敵なメッセージをありがとうございました。

◎おわりに

「言葉」は相手に伝えて初めてメッセージやエネルギーが伝わりますが、

ご自身がそれに「気づくこと」が新たな「気づき」に繋がりますね。

「愛♡と笑顔」のボリリンからのメッセージで「正しい幸せ」に繋がりましょう!

心地よい風を感じながらの

ベーシック10シリーズ。

新たなチャレンジには

とてもよい季節となりました。

皆様、GWは是非

「BORIRIN  HOUSE」へお越しください。

心よりお待ち申し上げます。

寄せられる言葉から

健全な「からだとこころ」 自分らしく輝ける「笑顔」から「正しい幸せ」へ

ストラクチュラル・インテグレーションプラクティショナー

「愛と笑顔」のボリリンです。

4月も初旬から中旬へ。初夏のような陽気から平年並みの気温に戻る気温差の激しい日々が続きますがいかがお過ごしでしょうか。

そんな中、街路樹は既に新緑。若葉の緑が美しいですね。

こうして時は流れ、足早に日々が過ぎて行きますが、時に振り回されることなく、自分が主体となり、時間をコントロールしたいものです。

さて今回はアンケートやメールなどのメッセージから「寄せられる言葉」について記してみたいと思います。

◎喜びに溢れた「言葉」

このところブログでは、BORIRIN HOUSEにてベーシック10シリーズを経験された皆さんの体験を振り返る「生の声」を掲載しておりますが、頂戴するアンケートにはご自身の体験から感じる「心身の変化」や「出来事」などが綴られています。

そのメッセージには

「心地よさ、快適さ」

「喜び、感謝」

「嬉しさ、希望」etc

などの前向きな言葉が沢山綴られています。

このメッセージに記された言葉は人を勇気づけ、とても前向きな気持ちにしてくれますね。

それぞれの方を思い浮かべながら、お一人おひとりのメッセージを拝見していますが、受け取った変化からクライアント様の未来に希望が溢れていることを実感します!

そして、この仕事を生業としている私自身が喜びを感じる時間でもあり、皆さんの言葉から大いに勇気づけられています。いつもありがとうございます。

◎気づいたのは「ご自身」

頂戴するメッセージに記されている言葉は、とても前向きで読み手はとても勇気づけられるものです。

セッションを通じてクライアント様ご自身が受け取った「気づき」。

それはそれぞれの生活の中で感じる「心身の変化」に繋がっていますが、この変化はご自身の「気づき」があってのもの。

皆さんの言葉にはエネルギーが満ちていますね。ご自身で気づけなければ新たな変化には繋がりませんからね。素晴らしい!

ボリリンはそのきっかけづくりに過ぎません。

◎マイナスを知るからプラスが活きる!

上記に示した言葉はとてもポジティブなものですが、セッション体験以前のご自身を表現する言葉は総じて「マイナス」なイメージが伝わるものが多くあります。

しかしながら、セッション前に感じていたマイナス方向の力を認識し、それを感じられたからこそ、セッション後のプラス方向の力が活きてきます。

こうして当初のマイナスな言葉はプラスの言葉が出てきたことでクリアされ、確実に良い流れに繋がります。

これは私自身が日常の多くの場面で体験していることですが、

変化のないものは動きがなくなり、流動性が失われてよどみも現れ、やがて朽ち果てます。

心電図において波形が一定の意味を考えれば…おわかりですね。

私たちは自然の摂理の中、循環の中で生きており、こうしたダイナミックな動きや振れ幅からちょうどよいバランスを発見しています。

劇的過ぎるのはいかがなものかと思いますが…何事にもバランスは必要ですね。

◎アウトプットで自分自身のふりかえり

この体験の振り返りに限らず、今、感じていることを文章や言葉として残しておくと、その時に感じていることが一度整理されます。

少々時間が経っている場合、思い出せないかもしれませんね。

細かなことを思い出す必要はありません。

振り返り、思い出せなければそれでOK!

あるべき位置に筋膜が整い、健やかなからだの動きに導かれることが日常になっているのですから。それを認めるだけで大丈夫!

もし「そういえば」といった違いが浮かべばそれも前向きな変化です!それは日頃の生活の何気ない部分から変化が浮かぶかもしれません。

その整理をアウトプットすることで新たな「気づき」にも繋がる可能性がありますから。

私たちは忘れる生き物。こうして文字として記す機会を利用したいものですね。

ちなみにボリリンはこのブログやFacebookがその役割を果たしています。

◎ときには葛藤のある方も…

中には安定した「からだとこころ」から次へのステージにシフトするタイミングにさしかかり、「悩み、苦しんでいる」ことが推測できるものもありました。

それは更なる高みに向かうサインです。

そんな苦しい状況の中、勇気を持ってメッセージを送って下さった方には、その勇気を認め、ボリリンからの誠心誠意のメッセージをお返ししています。(例の3倍返しメッセージです!)

そのやり取りからは、今の自分を認めることが出来ないことが伝わりますが、そんな状態ではなかなか前向きな言葉は出て来ないものですね。それはそれで無理もありません。

既にセッションで受け取った喜びを知っている方なので、数回のメッセージのやり取りで前向きな言葉が戻りましたよ。

そんな前向きな言葉が出ている自分に気づくことで葛藤の中にある気持ちも確実に変化していることを感じます。

こうした葛藤のプロセスから得れること、沢山ありますね。

◎おわりに

上記でのご紹介はメッセージのやりとりでしたが、これが直接会いに来れる状況なら、ボリリンの特徴ある「声」と「間」そして「笑顔」でそのメッセージをお届けします。

その人が必要なメッセージを「五感」で受け取れますよ!「BORIRN HOUSE」はそんな場でもありますからね。

こうして皆様から寄せられるメッセージから喜びを受け取り、喜びに満ちているのはボリリン自身です。

これからもセッションを通じてクライアント様に真摯に向き合い、垂直立が導く世界にナビゲートさせて頂きます!

そうそう!毎月30日の「BORIRINの日」はそんなボリリンに直接出会えます。今月は4/30(月)貴重な振替休日での開催です。

(基本的には「ストラクチュラル・インテグレーション」のご説明ですが臨機応変に参ります)

皆様是非お越しください!

新年度に思うこと(2018)

健全な「からだとこころ」 自分らしく輝ける「笑顔」から「正しい幸せ」へ

ストラクチュラル・インテグレーションプラクティショナー

「愛と笑顔」のボリリンです。

ここ数日の暖かさで桜も一気に見頃を迎えましたね。

穏やかな暖かさが心地よい季節ですが、花粉症の時期と重なり、少々辛さも抱える季節でもあります。

気づけばソメイヨシノも見頃の終盤。名古屋は街路樹も芽吹き始めました!

あっと言うに初夏の陽気!「五感」で変化を感じます。

そんな中、今日は2018年4月1日(日)

新年度がスタート!

進学や就職、新生活が始まる方もいらっしゃいますが、ボリリンが過ごしたここ数年の「4/1」を振り返ってみたいと思います。

◎2011年4月1日

震災直後の4月は転勤辞令で浜松へ。

浜松といえば「うなぎ」のイメージ!駅前でうなぎを頬張り、事務所へ赴任挨拶へ。

赴任先の管理職が前任地でもお世話になっていた方。これもご縁ですね。

振り返れば、会社員だった22年間の約半分は転勤生活でしたが、「住めば都」でそれぞれの土地での生活や文化を楽しんでおりました。

まちづくり事業の終了期に赴いた浜松での生活は、今の世界を明確に意識し始めた時期でもありました。

◎2012年4月1日

週末は浜松から名古屋に足を運び、社交ダンスのレッスンに参加していましたね!

途中の交差点に咲くピンクの桜が印象的。

その浜松での生活も折り返し。

仕事を終えて身体を動かす夜の公園で街灯に照らされる桜を眺めながら、自分自身が進みたい、本当の人生の方向を模索し、どんな選択があるかを考え始めた頃でした。

自らの本当に「やりたいこと」と「生活する為の仕事」その選択への葛藤の日々が続きます。

◎2013年4月1日

浜松でのまちづくり事業終了。引越の片付けと各種手続を済ませ、高崎の自宅に戻る日でした。

転勤に伴い、翌日からは高崎の自宅から都内へ新幹線通勤が始まりました。

通勤車内では「ストラクチュラル・インテグレーション」に関する情報に触れながら、この世界への魅力を感じ、益々の憧れを持って日々を過ごしておりました。(程なくその余裕はなくなりますが…)

この時で震災から2年。

被災地でのまちづくり復興事業への業務命令が。

拒否権なしの業務命令は赴任地や宿舎まで決まっておりましたが、今の世界への転身を実現すべく、会社を辞める覚悟で赴任を辞退。

当時の会社社長の恩義で会社員を続けながらのトレーニング参加に繋がりました。(後に味わう苦労はまだ知りません…)

◎2014年4月1日

「通勤しながらここの桜を見るのはこれが最後」と決めて眺めた「日本橋さくら通り」の桜。

この日も終電近くまでの残業を終えての東京駅に向かう途中でのお花見はいつも「夜桜」。

一日の仕事を終えてホッとするひとときでもありました。

毎年、この時期にはこの桜を見たくで足を運びます。

あの時を忘れないために。

◎2015年4月1日

半年前に会社員を辞め、ストラクチュラル・インテグレーションの認定トレーニングに向けて数人の方へモデルを依頼していた頃。

ソースポイントセラピーは基礎モジュールの修了直後。

なんとこの日だけで4名の方へセッションを行っておりました。

認定に向けて実践の中からワークを学ぶ日々。明確な目標は大きな行動の原動力ですね!

今から3年前の出来事です。

ここまでの経緯はこちら

◎2016年4月1日

「BORIRIN HOUSE」開設から8ヶ月。この年は自宅で両親へのセッションをしておりました。

今も実家の高崎に帰った時は必ず行う両親へのメンテナンスセッション。

ストラクチュラル・インテグレーションやソースポイントセラピーをミックスさせたオーダーメイドのセッションとなりますが、両親からのフィードバックをその後のセッションにも活用しております。

年を重ねる二人へ行うセッションは深い気づきをもたらしますが、一つのセッションが一期一会。

残された貴重な時間を大切に、一回一回のセッションの意味を深く感じて行けたらと思います。

◎2017年4月1日

昨年の今日はセッションの合間にひとりカフェにて過ごしていたようです。

新聞にはこんな記事が。

時代は流れていますね。

この頃は「ぽのビジ」履修期間。

「Facebook1日1投稿」を実践していた頃。そして直近のお題目が「ブログ開始!」

休眠状態のブログを復活させて1年が経ったことになりますね。

途中、休眠しかけたこともありましたが、

「言われたことは素直にやる」とのグラウンドルールの下、

「BORIRINのひとりごと」から1年で37の投稿を発信しておりました。

こうした自らの発信に繋がるキッカケとなったこと。改めて感謝申し上げます。

「継続は力なり」ですね。

◎20184月1日

本日は高崎での出張セッションの移動日。

名古屋から長野を経由しての移動ですが、電車移動は小旅行を兼ねた気分転換にもなりますね。

ここ数日は、クライアント様とのやりとりで「ボリリン」からセッションを受ける意味をお聞きすることが重なり、心温まるとても嬉しいお言葉を頂戴しております。

ご縁が繋がり、そして出会いがあってはじめてセッションを受けて頂くわけですが、

ボリリンからのメッセージを発信することがそのチャンスを拡げることを信じて歩みを進めて行きたいですね。

またまた余談ですが、

長野駅でいつも立ち寄るショップの店員さんとの会話は笑顔に溢れ、清々しい気持ちになりますね。

短い時間でも伝わる心のキャッチボール。いつも楽しみにしている時間です。

ボリリンは色々な意味で皆さんに覚えて頂ける存在のようです。笑。

◎おわりに

「4月1日」の今日、ふと振り返ってみた日々ですが、来年、再来年と「正しい歩み」を振り返る日としたいですね。

夏には3周年を迎える「BORIRIN HOUSE」。

「知られてなければ存在しないのと同じ」

というビジネスの言葉がありますが、これからも知って頂く為の発信を積極的に行って参ります!

これからのボリリンの発信にご期待下さい!

必然の出会い

健全な「からだとこころ」 自分らしく輝ける「笑顔」から「正しい幸せ」へ

ストラクチュラル・インテグレーションプラクティショナー

「愛と笑顔」のボリリンです。

いよいよ3月。昨日は春の嵐のスタートとなりましたが、この天気で悩ましい花粉症も始まってしまいました。そして今日は一転して、気温が一桁台の冷え込み。

「三寒四温」

こんな天気からも陽射しは確実に強まり、春に近づいています。今月下旬には「桜」の開花ですからね。

そして今年も2ヶ月が過ぎたことになりますね。

時の流れに驚くばかりですが、

今日のお題は「必然の出会い」。

2月は特にその傾向が強かったので、ここで振り返ってみたいと思います。

◎行動の2月

週末毎に色々な場所に足を運ぶことが多い月となった2月。

大抵は早朝からの行動でしたが、凍てつく外気は強い刺激となって私たちのからだを包み込みます。

こんな状況からの移動は大変ですが、場所が変わることでいつものパターンから抜け出し、気持ちをリセットしてくれます。

それでも冬の寒さは私たちの行動を抑制する方向に気持ちを向かわせますが、動いてみると意外なことが待っていることも少なくありません。

そんな中、ボリリンは「気分転換」兼ね、カフェなど心地よく過ごせる場所に好んで外出しますが、その「行動」が新たな場面に繋がることも。

その先々で起こったことをまとめてみました。

さてさて、2月の行動はどんな流れに繋がったのでしょうか。

◎偶然の出会い①

まず月初!

いつもお世話になっている先輩ととあるカフェにてばったり再会。(実は数日前にも街で歩いている所を見かけられ、即座にご連絡頂いております。笑)

これって「運命的な出会い」ですよね。すごい引き寄せ!と勝手に盛り上がるボリリンでしたが、暫し歓談!(短い時間でしたが、色々な本音トーク!いつもありがとうございます。残念ながら初回のお写真はありません)

興奮の流れから友人と語りあう静かな時間。

相手を尊重し、価値観を共有できる大切な友人との会話。

忌憚のない意見は自分の枠組みでは見えないものですが、心のより深い部分に響くもの。そこには自己成長への秘訣があるように感じます。

お互いの「あり方」を認めあう会話は時間の概念がなくなり、より穏やかなあり方に導かれるものでもありました。

日常での学びの実践を重ねた先の再会が楽しみです。

◎偶然の出会い②

知人との再会の約束(これにもストーリーあり)で都内への移動の最中、乗換のターミナルにて偶然の再会!なんと作家の「井内由佳先生」との再会です。

会社員時代に出会った由佳先生の著書。そのメッセージから背中を押され、この世界にチャレンジしたボリリンですが、お礼を兼ねて講演会に通う中、顔と名前を覚えて頂くようになり…

1年半振りの驚きの再会でしたが、お忙しい移動の最中にご挨拶させて頂く流れとなりました。(余りの興奮に見送った後に足がガクガクと震え出しました。笑)

実はこの時、更に嬉しい出来事が(こちらはまたご報告できればと思います)

その後の知人との会話は示唆に富み、今の自分の「あり方」を俯瞰した意見を受け取る場にもなりますね。

数年前からのブログの一読者でしたが、今ではリアルに繋がる間柄。直接の会話から更に大きな気づきに繋がりました。(次回の再会を約束)

これも「必然」の流れです。

◎偶然の再会③

ちょっとした日常の流れを変えたくて、普段、あまり足を運ぶことのないカフェにて事務仕事。

閉店時間をすっかり忘れ、かなりの時間超過してから慌てての退店直後、ばったり再会したのは半年振りの再会の彼。

偶然の出来事にお互い歓喜の握手から意気投合して「飲みニケーション」へ!

共通の知人を通して知り合った仲ですが、共にサポートするトップアスリートの話題で大盛り上がり。

若い才能を引き出す知恵を熱く語りあう時間となりました。

他にも共通する知人の話題でも盛り上がり、意外な接点があったことを再確認!

人との繋がりは奇遇ですね!

◎偶然の出会い④

ありえない驚きが続く2月になりましたが、月末には再び偶然の出来事がありました!

昨年6月のボルダーでの解剖学実習で共に学び、ルームメイトだった彼と街でばったり!屈強な身体を鍛え上げるストイックな彼ですが、心優しい穏やかな雰囲気が喜びを更に高めてくれます。

喜びの共鳴とでもいうのでしょうか。笑顔での会話は人を心から癒してくれますね。ハートの暖かさを深い部分で感じられる時間です。

お互いの嬉しさが伝わる会話で盛り上がり、再会を約束して笑顔でお仕事に戻られました。

嬉しいツーショットに満面の笑みのメンズ二人です。

◎おわりに

こうした振り返りはその時の興奮が即座に蘇りますが、この流れ。実はボリリンの日常に普通に起こっている出来事なのです。

その始まりはこの世界に進む「行動」を起こした日から。

その変化は明確に感じています。

あれから時を重ねましたが、続いて起こる自分自身に起こる出来事は「あるべき道」に繋がり、歩む道の「正しさ」と理解しています。

こうした出来事は一秒でも違っていたならば、起こらないことばかり。しかしながら、全てが「必然」なんですよね。

ここに至る流れは「全て」が繋がっていますね。

今年の課題は「協力とバランス」。

皆様との繋がりを大切に、日々を真摯に歩むボリリンです。