カテゴリー別アーカイブ: ひとりごと

必然のタイミング

健全な「からだとこころ」 自分らしく輝ける「笑顔」から「正しい幸せ」へ

ストラクチュラル・インテグレーションプラクティショナー

「愛と笑顔」のボリリンです。

酷暑続きの長い夏も気づけば9月も半ばを過ぎ、穏やかに季節が変化しています。

そして日常で起こる出来事、流れは全てが必要な時に必要なタイミングで起こっているようです。

今日のひとりごとは必然のタイミング

とある一日に起こった印象深い必然の出来事を振り返ってみたいと思います。

◎コミュニケーションダンスの気づき

先日はラテンダンスレッスンと個人レッスンを続けるとても内容の濃いコミュニケーションダンスのレッスンDAY。

まゆみ先生の伝えるレッスンの質はご自身の日々の研鑽と共に洗練され、益々エネルギーが高まっています。

その指導は生徒それぞれが必要とする動きと表現、そして、ベアのコミュニケーションに繋がるダイレクトなメッセージ。そして、まゆみ先生の発する高いエネルギーは私たちに降り注ぎ、共鳴・共振しています。

その恩恵を全身で受け取りながらのレッスンはとても深淵な世界に繋がりますが、それはストラクチュラル・インテグレーションでの深部セッションと極めて近いもの。

スタジオD’zのレッスンはからだの深部と共にこころの深い部分に響きます。

レッスン後の解放感を体験して頂きたいものですね。

ボリリンは生徒サークルの副会長!心に響くコミュニケーションダンスを是非ご一緒しましょう。

◎深い部分での繋がり

コミュニケーションダンスで心身ともに解放された状態がそうさせるのでしょうか?こうした開かれたからだとこころで過ごす時間には自然な形でシンクロが訪れます。

本日開催中のとあるイベントへお誘いメッセージ。

頂いたメッセージはクリアに澄み渡り、崇高な部分に響き渡る心地よいもの。物事の本質を直感で受け取り、行動される方だからこそ伝えられるメッセージは必然的に心の深い部分に届きます。

ダンスレッスン後に途中参加で駆けつける形となりましたが、導かれるように会場に向かって足を運んでおりました。

素晴らしい機会をありがとうございます。

このお声かけが必然だったことが後の出来事で実証されました。さてさて、それはどんな内容だったのでしょうか。

◎花、命、愛の空間

向った先は書道家はるさんの書道教室の催し。

テーマはひとりひとりの「種」を咲かせる

「わたしの花」

子供たちが書で表現する創造の世界。大きな夢や純粋な思いはキラキラ輝いています。

その可能性の芽を育み、開花させる主催者の書道家はるさんの大いなる愛。そして、献身的にサポートする親御さんやスタッフの皆さん。

会場全体が優しさ溢れる温かな愛に包まれ、参加者と共に一体化しておりました。

親御さんは子供達が存在しているだけで大きな愛を受け取っていることを伝えるはるさんのメッセージは心の深い部分に響きます。

最後に参加者全員で作り上げるアートにも参加させて頂き、ボリリンの愛と笑顔を表現!

ご一緒した皆さんからは純真な子供の表情だったとのこと。素直に嬉しい言葉ですね。

◎必然のお声賭け

そこに待っていたのはある方との偶然の再会!

知人のご紹介から繋がったご縁でしたが、メッセージのやりとりの翌日にお目にかかるという偶然が。そして、その翌日にも再びお会いする偶然。連日の繋がりは本当に驚きですね。

それから何度かご縁を頂戴しましたが、もうこれは必然の繋がりですね。そして、この場で更なるシンクロが起こります。

とあるイベントへのお声賭けを頂きましたが、

ハイ!喜んで参加します。

と素直に答えておりました!

(お言葉を素直に受け取り、実践することが良い流れに繋がることを経験的に知っている私ですが、予定未確認での返答にちょっと冷や汗。この必然の流れに乗ればなんとかなりますよね。きっと。笑)

以前にもこんな必然の出会いがありました。

ボリリンの記事をご覧の方はあっ、またですか⁈とお気づきの方が多いかと思いますが、こうした出来事が日常的に起こるボリリンです。

いつもおつきあいありがとうございます。

イベント後の感動をわかちあう時間は、愛に溢れた言葉と魂の深い部分で繋がりを確認する時間。心身ともに浄化されて行きますね。

ここにあること、存在することに感謝します。

◎おわりに

そういえば、この必然の流れ。

4年前のあの流れを思い出します。

R-5-Oから3年(0)

R-5-Oから3年(1)

R-5-Oから3年(2)

R-5-Oから3年(3)

そう、あの時も働いていたのはまさに直感!

(久々に読み返すとその時空に瞬時にトリップ!ひとりごともこうして残すと後々、ふりかえりにもなりますね)

こうした出来事の積み重ねから導かれた先はどんな世界に繋がっているのでしょうか。

もしかしたら、今回の出来事は今後の人生の新たな流れに繋がるターニングポイントになるような予感がするボリリンです。(またですか⁈)

そう!これは我が身で実践する実証実験。もうワクワクの時間ですね。

これから訪れる機会が人生の更なる飛躍の体験となることを願いつつ、地に足つけ、重力のサポートをより素直に受け取る実践に励みます。

不思議なことですが、このブログを書いている時間に多くのメッセージを受け取っています。

それぞれに私を必要として下さるメッセージ。

本当にありがたいことですね。

皆様ありがとうございます。3倍返しの返信を暫しお待ち下さい。

皆さんとの繋がりに喜びを感じるボリリンです。

体験の記より

健全な「からだとこころ」 自分らしく輝ける「笑顔」から「正しい幸せ」へ

ストラクチュラル・インテグレーションプラクティショナー

「愛と笑顔」のボリリンです。

先週は西日本に台風21号が上陸し、大きな爪痕を残しました。そして、翌日には北海道胆振東部地震が発生。こうした自然の営みの中で私たちは生きていることを感じざるを得ない出来事が続いています。

そして私事ですが、

「良いこと、悪しきこと」など

こうして日常に起こる出来事は如何なることが起ころうとも、自らのあり方が引き寄せる必然であることを思い知らされることが続いています。

全ての現実は100%自分の責任として、この出来事を受け取り、自らのあり方を見つめ、成長する方向に生かして行きたいと思います。

さて、今日のひとりごとは

体験の記より

前回のエントリーでご紹介したこちらの冊子を久々に読んで感じたことを記したいと思います。

◎冊子「体験の記」とは

こちらの冊子は当時の南山短期大学に在職中のグラバア俊子先生(以下、グラバア先生)が中心となり、約30年前に立ち上げられたロルフィング研究会(以下、研究会)が発行しています。

この会はこのワークの文化が我が国に根ざすきっかけとなった研究会ですが、日本の草創期にセッションを体験された方々の生の声を集めたもの。

一部は手書きによって記されており、文章表現や行間、筆跡やイラストからもセッションで受けた体験の情景が伝わるものでもあります。

この体験の記は研究会の刊行物ですが、Amazonで検索してもヒットしないとても貴重なもの。図の引用など著作権を持つ団体から許可を受けた冊子となっております。

ボリリンはこちらの冊子を研究会の主宰者であるグラバア先生から3年前に直接賜りました。

◎研究会のゲストプラクティショナー

この研究会ではグラバア先生がアメリカ留学中に身体再統合のセッションを受けられたマーク・カフェル氏(以下、カフェル氏)を日本に招聘し、ご自身が通訳となり体験会を開催されています。

カフェル氏は1960年代後半、アイダ・ロルフ博士と出会い、学びを深めます。ロルフィング療法士(ロルファー)の認定は1975年とのこと。

心理学の博士でもあるカフェル氏は後に

シン・インテグレーション

と名付けた身体再統合の技法とご自身が学ばれた心理学を融合させた独自のワークを日本で教授されることになります。

また、体験会には日本で最初のロルフィング療法士(ロルファー)となった幸田 良隆氏(以下、幸田さん)も参加されています。

余談ですが、

私は2014年に幸田さんが主催されたボディワーク基礎講座を受講。2016年に幸田さんが通訳を務めるWSで再会を果たします。

その折のご挨拶ではこんなお話が。

あの頃は丁度、日本に帰国した頃でね。グラバア先生とのご縁のおかげでご飯が食べられていたよ。本当に助けられました。

クラバア先生お元気?よろしくお伝え下さい。

と、懐かしそうに約30年前の当時の思い出を語って下さいました。

◎体験者の声

上記のお二人から受けるセッション体験が記されている冊子ですが、それぞれの方々の思い思いのメッセージが綴られています。

・余りの痛みに涙して受けた方

・姿勢が劇的に変化し、なお変化し続ける方

・心身の変化を観察し、詳細に報告する方

・精神的な気づきから自己実現に繋がる方

などなど

心理学の教授であるグラバア先生の繋がりから、自己探求をより深めたい方がこのお話に繋がったような印象もありますね。

皆さんの体験はこうして自らのからだで受け取る変化から、より自己を見つめ、内なる自分と出会う体験記となっております。

こちらの冊子から数人の方の体験記が新・ボディワークのすすめに出典されていますが、より多くの方の体験記がまとめられています。

詳細は是非、ご自身で読んで感じて頂けたれと思います。ご興味の方はボリリンまでお気軽にお問い合わせ下さい。

◎ボリリンが思うこと

体験記に記載の年齢は概ね30代、40代の女性を中心に短大生やそのご家族、中には50代、60代、身体にハンディを持つ方へのセッションも掲載がありました。

それぞれに色々な気づきや可能性を受け取る姿は喜びに満ちたもの。

この体験から約30年が過ぎた今、それぞれの皆さんはどんな人生を送られたのか。重力を友とし、サポートされて人生を送った皆さんの体験にとても興味があります。

グラバア先生はカフェル氏との出会いが人生の大きなターニングポイントになったと前述の著書に記していますが、垂直方向に整ったからだで過ごしたそれぞれの皆さんの人生がどんなものであったのか。

創始者アイダ・ロルフ博士は、垂直方向に整列した人々やそのコミュニティーが作り出す世の中を夢見ていたと言われています。

約30年後の今、ストラクチュラル・インテグレーションを通して、それぞれの皆さんが垂直方向に整ったからだで迎えるそれぞれの人生において、

体験された方への何がしかの気づきやサポートとして役立っていたのなら、これ以上の喜びはありません。

創始者アイダ・ロルフ博士の教え、思いを受け取り、先達から脈々と受け継がれる繋がりの中、実践を続ける私たち。

垂直立に向かって進化する種

である人類の可能性を拓くこの道にこれからも真摯に励みます。

◎おわりに

ストラクチュラル・インテグレーションを体験された皆さんはそれぞれに垂直立への目覚ましい変化、進化される姿を目の当たりにします。

(変化は目的としておらず、結果的にです…)

そしてこの重力場に生きる私たちへの大きな恩恵と必要性までも感じるようになります。

しかしながら、

この事実は知って頂けなければ存在しないのと一緒。だからこそボリリンはこれからも多くの方にこの素晴らしい情報を発信し続けます!

この情報を受け取って下さった皆様へ

重力にサポートされた楽で自由なからだから、

愛と笑顔の人生に繋がりましょう。

使命声明文 読んでる?

健全な「からだとこころ」 自分らしく輝ける「笑顔」から「正しい幸せ」へ

ストラクチュラル・インテグレーションプラクティショナー

「愛と笑顔」のボリリンです。

いよいよ9月。

雨模様のスタートでしたが、翌日は爽やかな晴天に恵まれ、酷暑続きだった8月の暑さから穏やかに変化していることを感じます。

そして今日は、台風21号が非常に強い勢力を保ちながら西日本に接近しています。本日は出張セッションの予定でしたが、お越し下さる皆様の安全を考慮し、延期とさせて頂きました。

今後の台風の進路に大きな被害が出ないことを願うばかりです。

さて、今日のひとりごとは

「使命声明文 読んでる?」

この道を歩む上でとても大切な意味をもつこの言葉についてまとめました。

◎偶然の再会

先日、都心に足を運んだ際に偶然、中村 聖一先輩と久々の再会からお話しする機会を得ました。

今日は不思議なご縁を感じる一日でした。先ずは今後の人生に大切で必要不可欠なお話を直感で即決!自分のあり方や行動次第で益々、展開が拡がることを実感します。そんな自分のあり方が人を引き寄せるのでしょうか?その流れは新規セッションのお申し…

横堀 正幸さんの投稿 2018年8月28日火曜日

そこでは近況報告を兼ね、仕事や生活などの多くの話題で盛り上がりましたが、話題に尽きることはありません。

その中でもやはり話題の中心となるのは

ストラクチュラル・インテグレーションに関する話題です。

なんといってもボリリンは聖一先輩との出会いでこの深淵なる世界を知ったのですから。

奇しくも再会の当日、Facebookの「過去の思い出」から3年前の投稿のお知らせが。

3年前の今日、この投稿を発信しておりました。本日の聖一先輩と偶然再会した場所はなんとこの投稿のEmiさんと出会った同じ場所!それぞれが思いがけずのタイミングで訪れたご縁でしたが、これも全てが必然!全ての出会いに感謝です。

横堀 正幸さんの投稿 2018年8月28日火曜日

ご縁を繋いで下さった恩人と同じ場所で聖一先輩と再会する偶然は本当に驚きです。

◎聖一先輩はこの道13年のキャリア

今ではセンションが重なり、数ヶ月先まで予約が取れない多忙な日々を過ごされている聖一先輩ですが、お仕事を始めた13年前の当初は大変なご苦労をされていたとのこと。

今でも世間に知られていないこのワーク。

13年前ともなればさもありなんです。

実は私も共通の知人を介し、大変だった頃のお話しをリアルタイムで知り、この世界で生きる現実の厳しさを受け取っておりました。

あれから時は流れ…

自らもこの世界に入り3年を迎え、こうして聖一先輩のご活躍を間近で拝見出来ることは大いなる励ましと刺激になりますね。

この道で13年のキャリアを重ね、これから大きなチャレンジに挑む聖一先輩ですが、

私なんてまだまだひよっこ

私が学んだエメット・ハッチンズ先生は30年もの間、真摯にこのワークを続けていたのだから。

と謙虚に話される姿に益々シビレます。

この道に真摯に励めば、必ず私たちを見つけてクライアント様がセッションに来てくれるから、 とにかくそれまでがんばれ!

と熱い励ましのメッセージを頂きました。

以前も聖一さんからこの励ましの言葉を頂戴しましたが、このタイミングで受け取るこのメッセージに改めて感じ入るボリリンです。

◎日本におけるこのワークの始まり

ちょっと余談になりますが、

日本におけるこのワークの歴史を遡れば、グラバア俊子先生が南山短期大学で開催されたボディワークのワークショップに辿りつきます。

開催されたのはなんと1987年ですから、既に30年以上も前の出来事です。私の知るところでは、国内でこの文化が知られるキッカケとなったのはこれが最初の機会だったと思われます。

(グラバア俊子先生のように海外で個人的にセッションを受けた方は少なからずいらっしゃったかと思いますが…

上記ワークショップ参加者の貴重な体験談をまとめた冊子をグラバア俊子先生より賜っております。ご興味ある方はボリリンまでご連絡を)

そのワークショップから我が国にこの文化が根ざす流れが始まったように理解しております。

こうしてこの世界に導かれチャレンジされる先輩方のご苦労と、今日の状況を切り開かれた日々の積み重ねがあって今があることを心より感謝申し上げます。

◎使命声明文 読んでる?

この道を真摯に歩む聖一先輩のお話は気づきに満ちた話題ばかり。楽しい時間はあっと言う間に時が過ぎて行きます。

そして、聖一さんから

ところで、

「Guild for Structural Integration(ギルド・フォー・ストラクチュラル・インテグレーション:GSI)」使命声明文読んでる?

との問いかけが。

そういえば…

3年前のHP開設時に読み込んだ記憶がありますが、近頃は暫く遠ざかっておりました。

過去を振り返れば、

会社員時代にはこのページの内容を何度も読み込んで、この道への憧れをより高めていたことを思い出しました。

私にとって心の支えのまさにバイブル!

魂を揺さぶられ、心の深い部分に響くものとして創始者アイダ・ロルフ博士からのメッセージを受けとり、感じ入っておりました。

○GSIの使命声明文(GSIの日本語HPより抜粋)

1.ストラクチュラル・インテグレーションは個人の成長と統合の手段であり、哲学である。

2.縦の線は基本的な考えである。縦の線の肉体的、生理的な体得は、物質界に存在する道であり、それは個人の成長と統合の基礎を形成する。

3.ストラクチュラル・インテグレーションの教えは「レシピ」とよばれる型を通して伝えられる。「レシピ」はアイダ・P・ロルフ博士の教えの伝統、基礎、そして核である。

読む度に深いエネルギーを受け取れますね。

実は前段の解説にも珠玉の言葉が溢れています。更に詳しく読んでみたい方はこちら

続けて聖一先輩は言いました。

苦しい時、俺はこの声明文を何度も読み込んで過ごしたよ。読む度にアイダ・ロルフ博士やエメット先生を感じることが出来るんだ。

この道に繋がれるのは博士に選ばれたから!

それを忘れず、自信を持ってワークを実践し、日々精進して行こう。

と励ましの言葉を頂戴しました。

聖一先輩からのメッセージにシビレまくりのボリリンは気づけば感動の涙に溢れておりました。

◎聖一先輩からのサプライズのプレゼント

こんな話題で盛り上がった久々の再会でしたが、聖一先輩から渡したいものがあるとのお声掛けから、ほど近い都心のセッションルームへ移動。

その道すがら、私が提供するワークを理解し、セッションに足繁く通って下さった心から信頼する仲間とバッタリ再会。

すれ違いざまのホンの一瞬の出来事でしたが、ハートで繋がる体験が待っていました。

この流れからの本当に嬉しい偶然ですね。

そして、セッションルームで手渡された一枚の写真は、なんと創始者アイダ・ロルフ博士の貴重なお写真でした。

なんというサプライズ!

お写真の博士はとても柔和な表情で微笑んでいらっしゃっいます。

私の最初の先生であるニール・パワーズ先生はアイダ・ロルフ博士から教師として使命された先生でもありますが、在りし日の博士は「炎のようなパワフルな女性」だったと聞いております。

そんな言葉もありますが、

この道を歩む私たちを優しい微笑みで見守って下さっていることでしょう。

この貴重なお写真はセッションルームに大切に飾らせて頂いております。

クライアントの皆様におかれましては、素敵な博士の微笑みをセッションルームにてご覧頂けたら幸いです。

このワークを心底愛し、師を敬愛する聖一先輩の心を確かに受け取らせて頂きました。いつもありがとうございます。

◎おわりに

こうした素晴らしいタイミングで出会いと出来事が起こるボリリンは本当に恵まれていますね。この必然のメッセージを受け取りながら日々のセッションに励みます。

そんな流れをボリリンのセッションでご体感下さい。きっと何かを感じることでしょう!

皆様是非、BORIRIN HOUSEへお越し下さい。

お楽しみに。

喜びからの必然の流れ

健全な「からだとこころ」 自分らしく輝ける「笑顔」から「正しい幸せ」へ

ストラクチュラル・インテグレーションプラクティショナー

「愛と笑顔」のボリリンです。

長らく酷暑が続いた名古屋は台風の影響で雲が多めの天候で少しばかりホッとする気温に落ち着いています。

今までが暑す過ぎた為、20度台に入った夜の気温は涼しさを感じます。虫の音からも秋の気配が。

そして、今朝の涼やかな風。

季節は確実に変化していますね。

これからは穏やかな日々が迎えられますように。(油断大敵!日中はまだまだ熱中症の危険性は大!ご注意下さい)

さて、最近のボリリンですが、

7月末のスペシャルな時期も手伝って、この所、多くの方からご連絡を頂戴しております。

今日のひとりごとはそんな身の回りに起こる

必然の流れと喜びの連鎖

を振り返ってみたいと思います。

◎お誘いやお声かけが多いボリリン

ここ数ヶ月のスパンで振り返ってみても、沢山のお誘いやお声かけ頂戴しております。

ひとつひとつの声は本当に有難いことですね。

ハイ喜んで!

と、いつでもどこでも足を運ぶフットワークの軽さもあるのでしょうか。笑

もちろん、全てという訳にはいかないのですが…せっかくのお声かけには極力、お応えするようにしています。

もちろんその選択は

嬉しい・楽しいの喜びからの行動です。

その場はそれぞれが持つエネルギーが共鳴し、そこに引き寄せられる皆さんとの新たな出会い、繋がりが自然発生的に起こります。

まさに喜びの連鎖

そんな仲間との出会いや集いは本当に楽しいものですね。

◎喜びからの必然の流れ

そんな集いは不思議なことが起こるものです。

なかなか会えない方とバッタリお会いしたり…

思いがけない方からのご連絡や新たなご縁が繋がり、さらに拡がったり…

人生の道しるべとなるメッセージを届けて下さる方との出会いがあったり…  etc

こうした事は枚挙に暇がありませんが、今の現実として本当に起こっていることばかりなのです。

こうして日常で起こること。

お会いする方にとっても、

ボリリンにとっても全ては必然なのでしょう!

類は友を呼ぶ

という言葉がありますが、周りに集う皆さんの姿は自らの表われでもありますからね。

こうした出来事は日常的に起きているので、特別なことではないのですが…笑

そして、ボリリンとのやりとりや繋がりの中で、関わる方のひと時の笑顔に繋がるのなら、これほど嬉しいことはありません。

そう!ボリリンの名前は

正しい幸せ(横堀 正幸)ですからね。

これからの皆さまとの更なる出会い、繋がりが本当に楽しみです。

こんな投稿が多いBORIRINのひとりごとですが、

重力と友とし、人生の可能性を拡げる

ストラクチュラル・インテグレーションプラクティショナーが本業のボリリンです。

◎少々の反省点も

しかしながら、少々、反省点も…あります。

実は…

私からご連絡することよりも…

お声かけ頂くことが…

とても…とても…多いのです。

これがもし、ボリリンからのお声かけだったとしたらどうなるのでしょうね。

過去を振り返ると、意識してお声かけに励んでいたこともありました。

相手を思っての行動と自分に言い聞かせてのお声かけは、自分の枠組みを超えるチャレンジ。

そのボリリンからのメッセージを受け取った方々から

とても貴重な機会、体験に恵まれました。

との感謝のご報告を頂戴したこともありました。

仕事柄、クライアントさまの気づきを待つことの多い私。やはり、普段の生活でも待つことが多いのですが…

ボリリンからのメッセージが何かに役立つのであれば、積極的にアプローチして行きたいものです……ね。

◎発信することで伝わるもの

そして先日、ある方から、

文章から伝わる高いエネルギーを感じながら、楽しくブログ拝見しています。

と直接お伝え頂く機会がありました。

本当に嬉いメッセージ

お伝え下さる言葉や表情を受け取りながら、この発信から何かが共鳴したことを心の深い部分で受け取らせて頂きました。

そして、先日発信したブログから

これからの人生に繋がる気づきを得ました。

とのご報告。

こうして自分の喜びの思いを素直に伝えられること。本当に素敵な心のあり方ですね。

そして、その喜びを受け取らせて頂ける幸せ。

ここにも喜びの連鎖がありました。

ココロとカラダがメチャ喜んでいます。

その方の人生が喜びに満ち、自信に溢れ、前向きに進んで行くことを感じます。

このブログはボリリンの気ままなひとりごと。

何を受け取るかはそれぞれの方に委ねますが、発信を受け取って下さった方にとって、

必要な時に必要なタイミングで

メッセージが届いたならば、私にとっても大きな喜びです。

◎おわりに

振り返れば、このひとりごとも定期的に発信し始めて約1年。発信から思いがけないことが起こっています。

一つ一つの出来事に意味がある

そんなことを感じながら、皆さまとのご縁、繋がに感謝の日々です。

発信にかかわる親身のアドバイスを下さった全ての皆さまに御礼を申し上げます。

まだ試運転の例のアレですが…

調子に乗ってやりましょうか…  …!

ボリリンのこれから発信にご期待ください。

学びのノートから②

健全な「からだとこころ」 自分らしく輝ける「笑顔」から「正しい幸せ」へ

ストラクチュラル・インテグレーションプラクティショナー

「愛と笑顔」のボリリンです。

酷暑続きの8月も既に中旬を迎えました。

久々に見た入道雲。夏らしい真夏の空ですね。

午後は一転、雷雨を伴う集中豪雨。

交通機関も混乱するほどの荒天に。

雨上がりには久々の涼しさにホッとしましたが、このところの天候はまさに未体験レベル。

振れ幅の大きさが目立つ最近の天候ですが、

こうした自然の変化を認め、受け入れて今を生きる必要があるようです。

さて、今日のひとりごとは先月投稿した学びのノートからの続編です。

書きためて少々寝かせた記事ですが、改めて整理しました。

◎承認欲求

私たちは誰でも人に認められたい承認欲求を持っています。

存在が認められることは本当に嬉しいもの。

特に子供の頃は見てみて!聞いてきいて!

と注意を引く為に周囲によくアピールしたものです。(中には今でもその傾向が強い方々も…笑)

こうして大人になった今でも、存在が認められることで安心してその場に参加し、ご自身の思いや考えを自然に伝えられるようになり、主体的にその場を楽しむことが出来ますからね。

皆さんはどのように感じていらっしゃいますか?

◎傾聴し、認めること

沢山の学びの言葉に溢れるトレーニングノート。

レシピに関する解剖学、生理学などの多くの情報もさることながら、

「相手の声に耳を傾ける」

「多様性を許容する」

「経験や存在、今のあり方を尊重し、認める」

こうした言葉に目が止まりました。自分が大切にしていることの表れなのかも知れませんね。

ちなみにBORIRIN HOUSEでは、

皆さんのからだの

どこが悪い、いけないではなく、

その姿勢や使い方を先ず尊重します。

その上で、レシピに基づいた筋膜へのアプローチにより、垂直方向に進化し、導かれるプロセスを提案します。

そしてその流れは、

重力にサポートされる姿勢やより楽で自由な身体の動かし方が結果として現れます。

セッションにおいても、

その人の存在全てを認めることから信頼関係が始まると信じるボリリンです。

◎一生かけて発現する「垂直立」

また、こんな言葉にも目が止まりました。

セッション後に現れる垂直立は、重力に関連付けられたからだの

重力との適応の結果として表れたもの。

特に10シリーズ終了後は

重力との調和と統合に導かれ、垂直方向に進化しながら多くの恩恵と人生の可能性に繋がります。

そして、究極的な垂直立は統合を繰り返しながら

「一生という長い時間をかけて」

発現し、垂直方向に進化・統合します。まさに私たちは垂直方向に進化する種ですからね。

なお、その垂直立はクライアントさまご自身でしか繋がれません。プラクティショナーが出来るのはそこに繋がるきっかけづくり

垂直方向の進化はご本人の気づき次第です。

◎概念であり哲学である

トレーニングで受け取ったレシピは

伝統、型、教え

として受け継ぎましたが、セッションの方法のみを受け取る場ではありません。

沢山の気づきと共に、とても哲学的な考え方を示唆されることも。

このワーク自体がまさに

「概念であり哲学」なのです。

日々のセッションでの皆さんの変化や気づき目の当たりにしながら、その意味を深く実感。

このストラクチュラル・インテグレーションは、Dr.Rolfからの重力場に存在する私たち人類への大きなギフトです!

◎学び、実践を続けることで見える世界

「黙って5年続けなさい」

創始者アイダ・ロルフ博士が遺した言葉ですが、

5年続けてやっとこのワークがわかってきた!

との先輩方からの言葉をよく耳にします。

そんな言葉を補足するように、ニルシー先生はセッションの実践から

自分のやりかた、スタイルを見つけなさい

との言葉が印象に残ります。

私は認定からやっと3年が経過したところ。

5年のキャリアまでは道半ばですが、これから見える世界はどんな景色が待っているのでしょうか。日々のセッションを真摯に励んで参ります。

◎おわりに

こうしたふりかえりは受け取った学びを再確認する機会。これから益々深い世界に繋がり、学びは一生続きます。

自分の人生を楽で自由に生きるため

のからだの気づき。

姿勢が良くなったり、からだが軽くなったり、美しい所作の発現などの恩恵もさることながら、

その状態に気づけたときに現れる

人生の可能性への視点。

レシピと共にその背景にある概念と哲学があってこそのストラクチュラル・インテグレーションであることを深く感じます。

その人の存在を全て認める

愛と笑顔のボリリンの笑顔の承認

これからもご期待下さい。

BORIRIN HOUSE 開設3周年 温かな言葉から

健全な「からだとこころ」 自分らしく輝ける「笑顔」から「正しい幸せ」へ

ストラクチュラル・インテグレーションプラクティショナー

「愛と笑顔」のボリリンです。

連日の酷暑が続く名古屋ですが、8/3にはついに40.3℃を記録。

19時の空ですが、電光掲示はなんと35℃!

このところのメディアからは頻繁に命を守る注意喚起の言葉が伝えられますが、名古屋でこうした暑さや肌に突き刺さるような陽射しを感じたのは初めてです。

そして、昨日(8/5)も39.9℃を記録!

これは観測史上No1、No2の記録です。

日常がこのような気温となって、本当に命に関わる危険な状況のように感じます。

ある意味、人間は環境に応じてある程度は変化に慣れてくるものだと感じますが、危険な状況には変わりありません。

こうした注意喚起のメッセージを軽視せず、皆様くれぐれもおからだご自愛下さい。

さて、先日は

「BORIRIN HOUSE  3周年」並びに

ボリリンの48回目の誕生日に際し、

多くの皆様からいいねや暖かいメッセージを頂戴しました。

心より御礼申し上げます。

ご挨拶①

祝 BORIRIN HOUSE 開設3周年!皆様おはようございます。台風一過の名古屋は暑い一日になりそうな予感の良い天気です。本日は7月30日(月)「Structural Integration BORIRIN…

横堀 正幸さんの投稿 2018年7月29日日曜日

 

ご挨拶②

https://www.facebook.com/100007857288478/posts/2110366285901927

一週間が過ぎましたが、お一人お一人から頂く言葉から感じたことを記しておきたいと思います。

◎言葉の力

こうした皆さんからの愛に溢れたメッセージ

読み返すたびに心が温かくなりますね。

おめでとうの言葉には

他者を励まし、共に喜び合える

純粋なプラスのエネルギーがありますね。

言葉そのものが愛💖なのかもしれません。

そして、

その喜びの言葉を他者に伝えられるその人の今のあり方が見えてくるようにも感じています。

こうした喜び、励ましの言葉は、

それぞれの皆さんが喜びに満ち、心が充実していることの表れであり、言葉を発するご自身に対しても響き、プラスのエネルギーとして恩恵を受けていることでしょう。

人を勇気づける仕事のボリリンですが、

皆さんからのこうした励ましの声を心の深い部分で受け取り、自分自身のあり方に気づく機会となっています。

こうした気づきから、

自分自身の使う言葉にを持ち、喜びをもたらす言葉をこれまで以上に使って参ります!

◎喜びに満ちた「選択と行動

この愛と喜びに満ちたメッセージが私の元に届いたのは、ご自身の貴重な時間を使ってボリリンへの祝福のメッセージを送ることを選択し、行動して下さった結果です。

本当にありがたく、素晴らしいことですね。

一週間が過ぎた今ですが、

こうした皆さんからのメッセージからを感じ、幸せな気持ちが益々高まっております。

だからこそ、

皆さんの選択と行動から学び、受け取った愛と喜びを皆さんにお返しする行動に励みます。

それにしても、

ボリリンはこうして愛に満ちた皆さんが周りに沢山いらっしゃることに気づきます。

これからも多くの皆さんと繋がり、その拡がりを見出して行きたいですね。

また、複数の方から個別のメッセージも頂戴し、何度も読み返して返信させて頂きました。

それぞれの方々の言葉で綴られたメッセージは本当に嬉しいものですね。改めて感謝申し上げます。

(もちろん、いいねでもそれを感じています。本当にありがとうございます)

そんな皆さんのお心遣いを受け取りながら、喜びに満ちた皆さんと繋がりをハートで感じ、更に温かくなっております。

元気になりたい時はこのメッセージを読み返させて頂きますね。

なお、ボリリンへのメッセージは喜びに満ち、熱い思いを込めた3倍返しの返信が来ることをご承知おき下さい。笑

◎発信することて伝わること

今回の節目のお知らせはFacebookでの発信を受け取って下さったことで届いたもの。

これも私が発信することを選択し、行動した結果ですね。

また、寄せられるメッセージには、

日頃の発信が楽しみです。とのお言葉が。

本当に嬉しいことですね。

自分ではなかなか実感できない部分でしたが、こうして頂くメッセージから私の発信が届いていることを実感する機会にもなりました。

そして、今回は挨拶動画を載せる大胆な行動も。

信頼する仲間からは

ボリリンの笑顔を是非、発信してね!

と背中を押され続けての行動でしたが、ボリリンを知ってもらう良い機会かも知れません。

そして、これからも

ストラクチュラル・インテグレーションによる

重力のサポートと垂直方向の気づき

ソースポイントセラピーによる

既に皆さんが持ち合わせている健全の発現

運命システムによる

それぞれの生の目的と課題

そして、

ボリリンのハッピースマイルトーク

笑顔を共に輝けるご自身に気づくきっかけ

一人でも多くの皆さんにお届けすることを使命として励む所存です。

私の存在も含めて、

こうした「正しい幸せ」に繋がる良い情報を積極的に発信し、知って頂く努力を今まで以上に続けて参ります。

◎おわりに

先日、信頼する方から、

ボリさん、もっと行け!遠慮せずに行け!

こんな示唆を頂きました。

皆様から受けとった祝福と励まし

そして、愛と喜び

それを積極的に世に中の循環の中にお返しをしてゆくことが、私の役割でもありますね。

ボリリンはこれからも愛と笑顔で励みます!

皆様これからもよろしくお願い致します。

◎お知らせ

ボリリンに会いたい方はBORIRINの日へ!

毎月30日にボリリンから直接お話を受け取る貴重な機会。皆様どうぞお越し下さい。

ボリリンから何を感じ、受け取りますか。

乞うご期待!

BORIRIN HOUSE 開設3周年に思うこと

健全な「からだとこころ」 自分らしく輝ける「笑顔」から「正しい幸せ」へ

ストラクチュラル・インテグレーションプラクティショナー

「愛と笑顔」のボリリンです。

本日は7月30日(月)
BORIRIN HOUSE開設3周年の節目の日を迎えることが出来ました。

一日一日の積み重ねがあって今日を迎えられたことに感慨深い思いです。そして、皆様との「出会いと繋がり」で今があることを実感する本日の良き日です。

そんな中、ひとりごととして気づいたことを記しておきたいと思います。

◎石の上にも三年

3年前の今日。

「Structural Integration BORIRIN HOUSE」は誕生しました。

この日から始めたい!と逆算して会社員を辞め、プラクティショナー認定を経て迎えたオープンの日。

当日、Facebookにて発表するという、突然のお知らせにもかかわらず、開設祝いとしてお花や観葉植物、お祝いの品々を頂戴し、華やかな開設日を迎えました。

あれから3年。

本当に色々な出来事がありましたが、ひとつひとつの出来事が味わい深い経験となっています。

このワークは人を勇気づけるもの。

重力のサポートを受けた皆さんが

垂直の軸に沿って自らの足で立ってご自身の可能性を拓いてゆく姿を目の当たりにしながら、この仕事に携わる意味や尊さを感じる毎日です。

それでも、

ストラクチュラル・インテグレーションの世界には

「黙って5年続けなさい」

との言葉があり、そこで初めてこのワークの「何たるか」が理解出来ると言われています。

セッションを通してクライアントさまから学ばせて頂くことも多く、この道を歩むことが自分自身の修養の場でもあります。

その領域にはまだまだ道のりがありますが、その言葉の意味を受け取りながら日々を積み重ねることがそこに通じる一番に近道!

これからもひとつひとつのセッションや日々の生き方を積み重ねた先にあるものに向かって歩みを続けて参ります。

◎日々の出来事からのメッセージ

身の回りに起こる出来事は色々な形でメッセージを送ってくれていますね。その気づきを実感する毎日を過ごしています。

つい最近もある出来事から感じたことがありました。

自らのあり方、行動がそのまま現実として現れる。

ということ。

そして、

その現実を創っているのは紛れもなく自分自身であるということ。

この仕事を続けること自体、大きなチャレンジではありますが、よくも悪しくも日々の生活の中にもそのメッセージが溢れていることを実感します。

そして、

そんな生き方は自分のあり方にも現れ、図らずもセッションに現れるのでしょうね。きっと。

日々の生活が実践の場!自分の人生を生きることで実証実験していますね。

自分自身が重力にサポートされ、センターにあることにさらに磨きをかけて参ります。

◎人との出会いが人生を創る

この3年間。クライアントさまも含め、多くの方と出会い、繋がらせて頂きました。

「人との出会いが人生を創る」といいますが、

そんな言葉を実感する3年間の出会いの数々です。

そして、それら全ての出会いは偶然ではなく、必然のタイミングで起こっています。

その巧妙さは狙って起こせるものではありません!

最近は私は、セッションにお越しの方々に自身を持ってお伝えすることがあります。

ボリリンと出会えたあなたはメチャメチャラッキーですよ!!

そのチャンスを自分で引き寄せたのですから。

貴方は「正しい幸せ」に繋がるチャンスを持ってます。素晴らしい!

こうしてボリリンに出会うともれなく

「笑顔の承認と励まし」が付いてきます!

そして、セッションを通した垂直方向の気づき。

クライアントさまご自身の人生の可能性を拓くチャンスに繋げるのも私の役割。

そんな出会いがより多くの方々に繋がることを願いつつ、これからもボリリンは色々なところに出没しますよ!

さぁ、次なる新たな出会いを楽しみにしています。

出会いに恵まれているとつくづく思うボリリンはこの恩恵を皆さんにきちんとお返しいたします。

◎余談ですが…本日、48回目の誕生日

私事で大変恐縮ですが、本日は48回目の誕生日。

「4回目」の戌年年男です。

自分がこの歳でこんな世界にいるなんて想像したこともありませんでしたが、自分の人生を歩む4年前の決断から色々なものが動き出し、巡ってきています。

しし座のエネルギーは火の如く。

星からのメッセージにはその流れは更に加速してゆくとのこと。

そして、自らが感じ入る運命システムにおけるは

「表現力と感性」の年。

まさに晩春。発芽の時期を迎え、視野が拡がり、より多くの経験が待っている年とのこと。

そんな流れを認識しつつ、

一人の人間として皆さんと、そして、自分自身にも真摯に、誠実に向き合って歩みを続けて参ります。

こんなボリリンですが、

セッションを通してクライアントさまご自身の人生の可能性を拓くチャンスに繋げるのも私の役割。

これまで以上に笑顔で楽しく毎日を過ごします。

ボリリンの笑顔がより多くの皆さんの笑顔に繋がりますように。

今後とも、BORIRIN HOUSEをよろしくお願いいたします!

「重力」感じていますか?

健全な「からだとこころ」 自分らしく輝ける「笑顔」から「正しい幸せ」へ

ストラクチュラル・インテグレーションプラクティショナー

「愛と笑顔」のボリリンです。

いよいよ7月も後半。

全国的な酷暑が続く日々ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。今朝のウォーキングは小休止。

市内のとあるホテルに出向き、成功者の貴重な体験談をお聞きする朝活です。

「早起きは三文の徳」といいますが、

早速、知人とエントランスでばったり再会!

そして、先日繋がった方と隣合わせになる偶然。

更には、昨日、SNS上で繋がった方にお会いする奇跡的な出来事が待っていました。

全て必然の出来事ですが、こうしたシンクロが日常的に起こるボリリンの朝活報告でした。

さて、今日のボリリンのひとりごと。

皆さんは重力と聞いて何を感じますか?

◎「重力」感じていますか?

ここで皆さんに質問です。

あなたは今この瞬間に重力を感じていますか?

空気と同様、存在をあまり意識しない重力。

万物を引き寄せ、繋ぐ力

母なる地球と私たちを繋いでくれている力。

私たちが人間がこの世に存在するずっと前から存在し、常に働きつづけ、これからも働き続けるであろう力。

この問いかけにYES!と答えられる方はごく少数かも知れません。

しかしながら、この重力はとても身近で感じようと思えばいつでも感じ取れるものです。

例えば…

お手持ちの携帯から手を離したとします。

さて、何が起こるでしょうか?

(起こる現象は自己責任でお願いします)

皆さんも何が起きたかは想像出来ますね。

私たちがこの重力の存在を意識するのは、疲労時などのからだの重みなどの重力に打ちのめされ、疲弊している状態の時でしょう。

ちなみに外部サイトにはこんな説明がされておりました。

さらに情報を調べると、

読み込むほどに種々の法則を示す公式が???

…ひたすら公式を覚えた大学時代の物理学を思い出します。

◎重力に抗ってみたならば…

さあ、ここで皆さんにお願いです。

今から重力に抗ってみて下さい。

エクササイズなどで「抗重力筋」を鍛えている方はその力を存分に働かせ、私たちに下向きの力を与え続るけるこの重力をご自身の力で頑張り、気合で乗り越えてみましょう。

重力ってこんなもん?軽い軽い!

といった感じでしょうか。

頑張れ頑張れ!

気合だぁ!気合だぁ!気合だぁ〜!

まぁ、そこまでしなくても、この短い時間の中ならクリア出来た方は多いかと思います。

しかしながら、これを長い時間で捉えるならばどうでしょう。

この重力は普段の生活では存在自体を忘れてしまう位の微細な力であり、人間が発揮できる瞬発的、持続的なエネルギーと比較してもとても小さな働きです。

そして、

一時も休むことなく作用し続けています。

最初は意気揚々とトライし、ある一定の時間ではその目標を達成できるかも知れませんね。

が、しかし、

一日の生活の中などの長いスパンで考えた時はどうでしょう。

そのうち意識も薄れ、疲労も重なり…

やがてはその気持ちも途絶え…

その疲労困憊した状態からでも重力は容赦なく下向きの力を与え続けます。

そこにプラスして、肩こりや腰、膝の痛みなど、からだの不具合をもって日常を送っている方も大勢いらっしゃるかも知れませんね。

そんな中、

私たちは重力への抗いを諦め、重力に従わざるを得ない状態になるでしょう。それは完全に重力に屈している状況です。

それでも「頑張り、気合」で重力から逃れられる方はいらっしゃるのでしょうか?

この重力

作用し続ける私たちのからだに常日頃、働いていることや、逃れようのない力であることをご理解頂けたことでしょう。

◎重力に対して無理のないカラダの状態とは

では、この重力場において私たちのからだはどんな状態なら無理がなく、効率的で楽な状態なのでしょうか?

それは、

・耳(外耳道の中点)

・肩(上腕骨頭)

・股関節(大腿骨頭)

・膝

・足関節(外踝)

これらのからだの指標となる各部位を垂直方向に存在するライン(垂直線)に対して整列させることなのです。

その状態は水平性も整い、中心軸が明確になっています。

まさに垂直に立っている状態です。

さて、どうしたらその状態に近づくことが出来るのでしょうか?

ボリリンの提案は次回のエントリーにて!!

学びのノートから

健全な「からだとこころ」 自分らしく輝ける「笑顔」から「正しい幸せ」へ

ストラクチュラル・インテグレーションプラクティショナー

「愛と笑顔」のボリリンです。

いよいよ7月に突入!2018年も折り返しですね。

西日本を中心とした先の大雨は大きな被害をもたらし、自然の力の前に私たちは無力であることを感じざるを得ない出来事となりました。

被災された皆様にお見舞い申し上げますと共に、一刻も早い復旧と平穏な日々が戻ることを心よりお祈りいたします。

全国的に悪天候が続く中、比較的穏やかな名古屋でしたが、7月から新たなチャレンジとして早朝ウォーキングを始めました。(本日で11日経過。毎日継続中!)

途中の公園では人生の先輩方に混じって「ラジオ体操」からの「太極拳」にもチャレンジ中!

ゆったりした動きですが、連続性のある滑らかな動きを意識すると運動量は多くなり、軽く汗がにじみます。こうした清々しい早朝の活動は「カラダとココロ」の統合へ繋がりますね。

さて、今日は7月初投稿のひとりごと。

先月の6/27にプラクティショナー認定から3年を迎えました。

「もう3年?まだ3年?やっと3年?…」

と色々な思いが交錯しますが、それは月末の3周年で綴ることにして…

今回はふと読み返したトレーニングノートから気づいたことについて綴ってみたいと思います。

◎Dr.Rolfの教えを受け取ったトレーニング

○プラクティショナー認定国際トレーニング(ORT-2015)

遡ること3年前(2015年5月〜6月)に参加したプラクティショナー認定国際トレーニング(ORT-2015)

6週間に及ぶトレーニングクラスはストラクチュラル・インテグレーションのベーシック10シリーズを行う上で道標となるレシピを学び、実践の中から探求する機会です。

垂直方向に進化・統合され、重力にサポートされるカラダを見出すための方法がこのレシピ。料理と同じ意味合いで使われる表現ですが、このレシピに従ってセッションを行えば、この重力場で統合されたカラダになってくるという虎の巻でもあります。

「Dr. Rolf say…」から始まるレッスン。

トレーニングクラスでは私の言葉は創始者アイダ・ロルフ博士の言葉として置き換えてね。とのアナウンス。

「口伝」で教授されるこのクラスには教科書はありません。

よって、トレーニングに参加する学生は先生の言葉やデモワークからレシピを受け取ろうと理解した内容を懸命に書き込みます。そのノートは先生から受け取った沢山の言葉に溢れていますが、言葉の振り返りはプラクティショナーとしての理解を深める時間となっております。

数冊に及ぶこのノートはこの道を歩むボリリンの大切な宝物!我ながらよく書いた(描いた)ものですね。

○ロルフⅡ世と呼ばれるニルシー先生

認定国際トレーニング(ORT-2015)のインストラクターはニルシー先生。彼女は1983年に分裂前の組織であるロルフ研究所(RISI)でキャリアがスタート。母国ブラジルでは二人目のプラクティショナーとして認定を受けています。

その後、分離独立したGSIにおいてアイダ・ロルフ博士から直接教師として指名されたインストラクターのアシスタントを長年勤められ、多くのトレーニングクラスに携わった先生でもあります。

古参の先生方には在りし日のアイダ・ロルフ博士に重なるイメージがあったそうで「ロルフⅡ世」と呼ばれていたとのこと。

クラスの仲間は受け取るレシピや言葉、そしてニルシーのあり方から心の深い部分でアイダ・ロルフ博士を感じていたことでしょう。

◎カラダはココロのいれもの

久々にノートをめくり、ふと目に止まったのがこのこの言葉。

「カラダの現実を変えることによって、感情の容器を違うものにできる。すると、新たな容器(カラダ)に感情が合わなくなってゆき、結果として新しい感情(ココロ)になる。」

なるほどな言葉です。

自分を守ろうと頑なに鎧のように固くしているカラダの動きは

「ぎこちなく、呼吸も浅く、窮屈で苦しそう」

私たちは多くの場合、カラダ(ココロ)の状態の反映として「姿勢や呼吸」を選択し「動作やふるまい」として無意識に表れています。

こうしてカラダに存在する筋膜の制限を解放し、垂直方向にカラダが整ったときのココロの変化は

まさにカラダはココロのいれもの」

であることが納得出来ますね。

こうして受け取った言葉の数々はどれも印象深いものですが、それぞれの言葉が今のボリリンのセッションに活きていることを実感する毎日です。

なお、ストラクチュラル・インテグレーションでアプローチするのはあくまで「筋膜」であることを申し添えます。

◎垂直方向に進化統合された人々が創り出す世界

上記の言葉はストラクチュラル・インテグレーションが導く人間の可能性の一つですが、ベーシック10シリーズを受けたカラダは、筋膜があるべき位置に整えられることによって各部位が水平・垂直方向に整い、中心軸が現れます。

その結果、その中心軸が「垂直立」に近づことにより、重力を友とし、垂直方向に進化統合した人間が誕生するとしています。

アイダ・ロルフ博士はこのワークを通じて統合された人々が増え、そうした人々のコミュニティーが創り出す世界に注目していた方でもあります。

その考察の一部が以下の書籍に引用されていますが、この示唆から

「感覚的な体験から思考が生まれる」

というヒントを得たのが日本におけるボディワークの先達、グラバア俊子先生。ボディワークの観点からの「からだから始める」という考え方はこの引用から生まれています。

(参照:新・ボディワークのすすめ グラバア俊子 P220〜P224)

◎おわりに

地球上に存在する約75億の人類からすれば、垂直方向に統合された人々はごく少数派。

しかしながら、プラクティショナー認定から3年の歩みは出会った方々の「統合」に繋がるためのお手伝いであり、アイダ・ロルフ博士が望んでいた世界の実現に微力ながら貢献している自負もあります。

私が学んだGSIのHPには

「このワークに携わることは一生涯継続して学ぶ知的なチャレンジであり、さらに内なる智を高める心身の統合への決意である」

という一節がありますが、

皆様により良いセッションを提供する為に必要な私自身の「統合」に向け、日々の歩みが大切であることを強く感じるボリリンです。

重力を友とすることで発現し、より大きく拓く

「人間の可能性」

こうしたボリリンの地道な発信ですが、これからもその「可能性」に繋がるストラクチュラル・インテグレーションを発信して参ります。

新たな皆様との出会いを楽しみにしております。

スタジオD’zミニ発表会

健全な「からだとこころ」 自分らしく輝ける「笑顔」から「正しい幸せ」へ

ストラクチュラル・インテグレーションプラクティショナー

「愛と笑顔」のボリリンです。

6月も下旬に突入し、本日は「夏至」を向えましたね。

陰陽で表現すれば今日は「陽極まる日」。

これから「陰極まる日」の冬至に向けて季節が巡って行きますが、四季の季節の流れを感じつつ、止まることのない日々の時の流れを自覚したいものですね。

さて、今日は完全なるひとりごと。

先日、私が通うスタジオD’zにて社交ダンスのミニ発表会が開催されました。

今回はそこで感じたことを。さてさて、ボリリンは何を感じたのでしょうか。

◎スタジオD’zが提唱する「コミュニケーションダンス」

あることがきっかけでチャレンジが始まったスタジオD’zでの社交ダンスレッスンは7年目に突入。

社交ダンスの「社交」の部分を大切にするスタジオの方針から、ダンスを通して自分自身を知り、人と人とのコミュニケーションを学んでいます。

いわゆる巷の「社交ダンス」からすると、ちょっとイメージが違うかもしれないスタジオD’zでの社交ダンスレッスン。

主宰者の杉山まゆみ先生の革新的なダンスは「社交」や「コミュニケーション」の本質を探求する深淵なものですが、ダンスのカラダの動きを通して多くの気づきを受け取っています。

会社員時代から始めた社交ダンスの趣味の継続は、人生の転機とも重なり、自分史上最高の大きな変化を年々更新中!

スタジオでは半年に一度、お客様をお招きしてダンスを披露する機会がありますが、今回は慣れ親しんだスタジオD’zでの開催です。

さてさて、ボリリンのダンスはどんな表現だったのでしょうか。

◎リハーサルから伝わる「表現する喜び」

生徒サークル(D’zプラネッツ)役員でもある私は、日々のレッスンやイベントを報告する生徒限定Facebookグループの運営担当者。

そんなお役目の私ですが、発表会当日は早めに会場到着。一番にリハーサルを済ませ、皆さんの到着を待ちます。

まゆみ先生の見守る中、出演順にリハーサルが始まりましたが、適度な緊張感の中、皆さんが表現するダンスや表情は喜びに満ちていました。

既にリハーサルを済ませたボリリンは皆さんの踊る姿を写真に収めておりましたが、皆さんの喜びの姿を見ているだけでワクワクします。

まさに喜びの連鎖!何度となく踊りたい衝動にかられていました。

ご指導下さるまゆみ先生曰く、

皆さんの表現が素晴らし過ぎて。ここで完全燃焼しないで下さいね。本番大丈夫ですか?

とのお言葉が出る程の集中力。まさにスタジオD’zが提唱する

「感応と共振」の発現ですね。

◎お客様のお迎え

リハーサルが終わり、お客様をお向えする準備に励むD’zプラネッツメンバー。

事前打ち合わせで調整した大まかな役割分担はありましたが、それぞれの方が率先して行う準備はスムーズな運営に繋がり、日頃の皆さんの「あり方」がそのまま表れていたように感じます。

そして、自分たちがお客様を迎えるという心遣いが自然な会話やコミュニケーションとして表れた皆さんの「あり方」は素晴らしいですね。

皆さんが見せた何気ない一面ですが、

「一事が万事」

こんな素敵な一面を見せる仲間の姿にスタジオD’zが伝える「社交」のメッセージを一人一人が受け取っていることを感じるボリリンです。

そして向えたドアオープンの時間。素敵にドレスアップされたお客様が続々と入場されます。

ドレスコードは「パステルカラー」

アテンド役のボリリンは自前のファッションコーディネートでお出迎え。

 

 

 

 

 

 

 

ドアマンとしてのおもてなしはなかなかインパクトがありますね。笑

◎全員参加のダンスタイム

スタジオD’z恒例、ご来場の皆さん全員参加のダンスタイム。

いわゆる「社交ダンス」のパーティーダンスとは違い、まず手と手を取ってお互いの波を感じ、曲に合わせてカラダを揺らす動作から始まります。

ここでは特別なステップはなく、ダンス未経験者も安心して参加出来るプログラムです。

こうした動きは普段のレッスンでも大切にしている部分。

私たちは慣れ親しんだものですが、参加者全員が見せるその動きは次第に同調し、会場全体が一体になる感覚を覚えます!

その感覚は心地よく、曲に合わせて自然にカラダが動きを求めます。まさに喜びに満ちた感覚に繋がる動きですね。

参加者の方々からは

・○○年ぶりに夫以外の男性と手を取り、ドキドキしました。

・感動感動!ダンスって良いですね。

・素晴らしいダンスに感動しました。私もレッスンに通います。

・向え入れて下さる皆さんの雰囲気に安心してダンスが出来ました。

こんな言葉を頂戴しております。

自然に喜びを感じ取れるスタジオD’zのダンスを皆様にオススメします。

◎ダンスの表現から

プログラムは進み、リハーサルで素晴らしい表現を見せた皆さんのダンス発表が次々と行われます。

本番の発表では緊張やアクシデントはつきもの。

それぞれのペアで色々なことが起こりますが、それを乗り越えての表現は美しさと共に強さも兼ね備えているよう。

そして、共に学ぶ皆さんの表現からそれぞれの成長を感じます。

自分のことは棚に上げて語るボリリンですが、

この映像から皆さんは「何」を感じますか?

社交ダンスを始めた頃に先輩から上達する秘訣として頂いた言葉は、

「続けること」

途中、仕事の忙しさでレッスンをお休みしたした頃もありましたが、こうした言葉の意味をしみじみと感じるボリリンです。

◎おわりに

発表会では映像からは感じ取れない息遣いや二人の雰囲気や世界観を見る人の五感で感じ取れる貴重な機会。

スタジオD’zが伝える「コミュニケーションダンス」を是非、リアルで感じて頂ければ幸いです。

ボリリンも参加するまゆみ先生の日曜レッスン、そして金曜日は初心者限定!かおる先生の「艶肌レッスン」に是非ご参加下さい。

ボリリンと一緒にダンスが出来ますよ!

是非ご一緒しましょう。