カテゴリー別アーカイブ: ひとりごと

2016年の大晦日に思うこと

今日は12月31日(土)です。

まもなく日が暮れ、いよいよ大晦日恒例のテレビ番組なども始まりますね。皆さんはどんな大晦日をお過ごしですか。

気づけば2016年も今日で終わり。前回の更新が今年の年初とは。汗

フェイスブックには割と投稿していたのですが、こちらのブログは放置状態でした。苦笑

「ボリリンのひとりごと」を久々に綴ってみたいと思います。

今年も色々なご縁を頂戴した一年でした。

出会いはどんな形で現れるか予想もつきませんが、多くの出会いがありました。今までお会いすることのない世界の方々も数多くあり、未知の領域に足を踏み入れることに。笑

それでも出会いから拡がる世界に大いに魅了された一年でもありました。

二年半前に新たな世界に踏み出す決意を表明して以来、自分の取り巻く世界が変化するのを実感しています。

その流れは毎年加速!

特に今年一年は日々の暮らしとより連動するものだったことから、より変化を実感する日々でした。

そして、その出会いから多くの学びがありました。

皆さんとの出会いを経験しながら日々成長させて頂いていることを深く実感する今日この頃です

ボリリンは本当にご縁に恵まれていますね。

年初に投稿したご挨拶では同じように一年を振り返っておりましたが、こうして無事に一年を振り返れることに幸せを感じます。

素敵な出会いに満ち溢れたこの一年を糧に、間もなくやってくる2017年が更なる飛躍の年となるよう、努力を続ける所存です。

皆様にとって新年が健康で幸せに満ちた素晴らしい時間でありますように。

来年も「BORIRIN HOUSE」並びに「ボリリン」をよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

日帰り人間ドッグ

今日も1月と思えないほど暖かで穏やかな一日でしたね。

私はフリーになって初めての日帰り人間ドッグの日。

会社員の頃は年に一度の検査が義務付けられ行っていましたが、45歳にもなれば色々なリスクを認識する必要があるため、自費負担による検査を受診しました

検査結果は後日送付されますが、リアルに感じたのは胃カメラの映像!

かれこれ10年、胃カメラを体験している私でしたが、からだの内部と症状の感覚をリアルに感じる貴重な体験となりました。

からだの構造を学ぶ中で、口腔から内臓の繋がりを考えることも多くなりましが、自分のからだを映像を通して内臓組織の状態をリアルに観察。

胃カメラのチューブがからだの中を通過する感覚は今でも鮮明に蘇ります。

年末年始の暴飲暴食?もあり、胃のあたりがなんとなくシクシク痛んでおりましたが、一部分がうす赤くなっておりました。

医師からは、ストレスある?との問いかけがありましたが、今、振り返ると知らずのうちにストレスを貯め込んでいたのかもしれません。

こうして自分のからだの内を映像として目の当りにすると、命を繋ぐ働きをしてくれる自分のからだに感謝の気持ちが浮かびます。

今日の体験はからだの一部分の出来事でしかありませんが、人間のからだは生きるためにからだ全体が連携し合っていることを尊く感じます。

日々頑張っている自分のからだを労わる第一歩として、からだに気づくことから始めてみたいと思います。

 

箱根駅伝を観戦して

新年の風物詩「箱根駅伝」。青山学院大学の完全制覇で幕を閉じましたが、まさに圧巻の勝利でしたね。

各区の選手が実力を余すことなく発揮し、襷を繋ぐチームの勢い、流れを感じる完全勝利でした。母校の東洋大学は往路、復路ともに2位。素晴らしい成績ですが、今年の青山学院大学が強すぎましたね。

私が在学していた頃は、本選に出場できない年もありましたから、こうしてTVの前で母校に声援を送れることに感謝しています。監督、選手、関係者の方々のご苦労に大きな拍手を送ります。

さて、TV観戦で気づいたことですが、素晴らしいタイムを記録する高いレベルの走りを見せた選手に共通することが、体にぶれない軸を持ち、身体によりスペースがあるように映りました。

(もちろんこのレベルの選手は皆さん精鋭ぞろいです!私は走りの素人ですし、評論家のようなことは言えませんが、選手の動きを見て、純粋に感じたことを書いています。)

これは駅伝に限らず、スポーツ、芸術などで素晴らしいパフォーマンスを発揮する選手やパフォーマーから同じことを感じることが多くなりました。

普段、SIのセッションを通して、クライアントの方々の動きの変化を見ていてもそれを感じることがあります。

こうして、重力場に生きている私たちはこの「体の軸、スペース」を獲得することで、その後の重力との関係性が変化します。

そんな身体はより効率的で自由な動きを手に入れることとなり、生活の質が変化してゆくように感じます。そしてそれは、いかなるレベルでも起きる変化だと感じています。

そんなからだの可能性を獲得できるストラクチュラル・インテグレーション(SI)で新しいからだで人生を見つめ直すのもよいかもしれませんね。

そんな身体のスペースのイメージを持って、穏やかな天気の中、その気になって走ってきます。笑

皆さん、よいお正月をお過ごしくださいませ。